童話を使用した俳句

童話に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

童話を含む俳句例

南吉の童話育てし里の春/浜木五子

少年少女童話全集蛇苺/佐々木六戈

老僧のエー~童話仏生会/河野静雲

死で終る童話街角夕焼けり/石寒太

童話館待宵草にとり巻かれ/熊野直美

童話訳す寒夜の背中暗からむ/大串章

霏々と雪童話の中を吾子歩む/長田等

声上げて童話読む子や春隣/瀬野/浩

豆撒くに童話の鬼のみ遁走す/穴井太

僕が主人公の童話を語る冬薔薇/林桂

梟の木になりきつて童話村/柴田朱美

木苺を摘んで童話の森展く/大島則子

火薬庫の真上で瘠せる童話の月/穴井太

秋桜童話みたいなキスをして/塩見恵介

童話よみ尽して金子に吊りぬ/杉田久女

童話読むことも看とりや遠花火/及川貞

蝶の羽飛ぶべく開く童話開く/香西照雄

谿も嶺も緑の童話ト口走る/加藤知世子

リンゴ割る童話の扉開くごと/木田千女

一椀の歳暮の砂糖に童話読む/原子公平

俳句例:21句目~

初茜神話童話と降るごとし/河野多希女

鎧戸を叩く落葉の夜の童話/文挟夫佐恵

デンマーク市長の式辞童話祭/千葉大行

風どどと賢治の童話読み始む/村田白峯

夏の夜の童話黄金の壊れ馬車/田中芥子

子と話す童話の外は雪降れり/小松道子

学校に棲みつく童話の好きな鳩/穴井太

小遣で子が買初の童話選る/奈良比佐子

林檎咲く童話のやうな礼拝堂/山田弘子

笛吹いて了る童話よ遠嶺に雪/大嶽青児

かまくらや童女童話のごと座り/衣川砂生

さきがけて燕の巣立つ童話祭/穐好須磨子

しぐれ傘かろきがたのし童話荘/西本一都

とっぷりと暮れて枯野は童話村/平吹史子

ゆすらうめ並んで童話新人賞/加藤あきと

夏の夜の月蝕童話読むごとし/橋本美代子

狼がエプロン着けし童話かな/田川飛旅子

玖珠の子となりし孫つれ童話祭/渡辺彦陽

読初はイソツプ童話子に聴かす/山下佳子

百のかまくらに童話が百ありて/村松紅花

俳句例:41句目~

栗卓上にぶち撒かれたる童話色/石塚友二

雪の夜の童話の国に紛れ込む/佐々木真理

十指で編む毛糸童話を聞かせ居て/伊藤敬子

木の実落つ創作童話書けるかも/平田はつみ

星涼しアンデルセンの童話など/星野麥丘人

子とみれば雪ゆたかなる童話劇/能村登四郎

妊婦われ童話をよんで日向ぼこ/嶋田摩耶子

虫しぐれ童話の虫はチェロを弾き/水木鈴子

豊年の夜の童話は驢馬跳ねて/鍵和田ゆう子

秋ともし童話に鳥の私語を読み/上田日差子

春の日や童話の小鬼泣けるなり/あかぎ倦鳥

或る日」よりはじまる童話燕かへる/佐野美智

読みきかす子なくて暮春の童話よむ/中村明子

風邪の子に読むざら紙の童話一つ/文挟夫佐恵

「或る日」よりはじまる童話燕かへる/佐野美智

童話読みつづくよ風邪の子ねむるまで/郷原弘治

童話読めて吾子やひまはりへも聞かす/甲斐遊糸/『冠雪』

童話書くセルの父をばよぢのぼる/中村草田男「来し方行方」

資本主義社会の童話しかない國の絵本さがしてやる/橋本夢道

夜は子らに従い聴かせる童話が奇蹟や良い運命の中の妻/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました