いびきを使用した俳句

いびきに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

いびきを含む俳句例

水鳥と除夜の鼾や樗陰/麦水

長き夜や猿の鼾鶴の夢/霊子

蝮の鼾も合歓の葉陰哉/蕪村

松虫と後先になる鼾かな/車来

山寺や昼寝の鼾時鳥/正岡子規

獣の鼾聞ゆる朝寒ミ/正岡子規

海棠に鼾の細き美人哉/正岡子規

鏡餅ときをり鼾聞えけり/松林慧

我宿や鼾忽ち絶えて春/正岡子規

霊山や昼寐の鼾雲起る/子規句集

春月や五條橋上の大鼾/正岡子規

花に思へ元禄若き大鼾/高橋睦郎

代掻いて夜は獣の鼾せり/山口伸

父に似し汝の鼾や遠蛙/岩田昌寿

毛布著て机の下の鼾哉/正岡子規

臘八や彌勒の鼾雷の如し/正岡子規

瞑想の鼾に覚めて春炬燵/小出秋光

秋の夜や厮に籠る鼾あり/正岡子規

朝顔に傾城だちの鼾かな/正岡子規

蚊をよけて親の鼾や郭公/上島鬼貫

俳句例:21句目~

みじか夜を皆風呂敷に鼾かな/除風

秋風や人に聞けとの大鼾/正岡子規

河鹿沢僧の鼾と応ふなり/石川桂郎

鏡餅小さな鼾立てにけり/栗林千津

辻堂に鼾聞ゆる蚊遣かな/正岡子規

門待の車夫の鼾や冬の月/正岡子規

雷をさそふ昼寐の鼾かな/子規句集

霜の声ひとの鼾で寐ぬよ哉/炭太祇

大鼾三尺寝とは言ひ難き/納谷一光

うら町の鼾あかるしけふの月/千代尼

くたびれし僧の鼾や蟲の聲/正岡子規

行春に達磨の鼾聞かばやな/正岡子規

朧夜の鼾廊下に出てをりぬ/鈴木鷹夫

無月なる猫の鼾の柱かな/鳥居おさむ

としの夜や己が鼾を聞きとがむ/青蘿

ならはせや霜夜を鼾く薦かぶり/闌更

茶坊主の鼾の下や蚯蚓鳴く/正岡子規

ほのほのや鼾忽ち絶えて春/正岡子規

元日と知らぬ鼾の高さかな/正岡子規

月か花か問へど四睡が鼾哉/松尾芭蕉

俳句例:41句目~

竜踊を見て寝落ちしか大鼾/北野民夫

遠来の友の鼾や明け易し/栗田やすし

寺しんと昼寝の鼾聞えけり/正岡子規

埋火や鼾の中のほのあかり/加舎白雄

春愁のあらずと思ふ鼾かな/茨木和生

牡丹咲て美人の鼾聞えけり/正岡子規

鼾にてをのれと覚ぬ菊の昼/服部嵐雪

筍を食ひしその夜の鼾かな/鈴木鷹夫

野むしろに頑丈な大豆昼鼾/土田武人

時は彌生ひさご枕に鼾かな/角田竹冷

餅搗きし父の鼾声家に満つ/西東三鬼

鼾あり皿も徳利も蚊帳の外/正岡子規

鼾すなり涅槃の寺の裏門に/子規句集

鼾する門叩かばや今日の月/正岡子規

うら町の鼾あかるしけふの月/千代尼

月滿円鼾絶えてこゝに二百年/正岡子規

河豚汁の皆生きて居る鼾かな/会津八一

うたたねに月のさしこむ鼾哉/正岡子規

船頭の鼾を逃ぐるほたるかな/五車反古

その人の鼾さへなし秋のくれ/榎本其角

俳句例:61句目~

風神の鼾きこゆる木の芽かな/鈴木鷹夫

ちよとかいた万菊丸の鼾かな/尾崎紅葉

傾城の鼾おそろしほとゝきす/正岡子規

明け易き頃を鼾のいそかしき/正岡子規

明方の蚊帳はづせども鼾かな/正岡子規

翁忌や雲とうかびていびきの図/上村占

猿酒の不覚の鼾聞かれたり/北見さとる

小いびきにはや乗る夢路宝船/井沢正江

床に来て鼾に入るやきりぎりす/松尾芭蕉

すが洩りや杜国の鼾友も持つ/中戸川朝人

鼾かき婆の大暑を逝かれけり/瀧澤伊代次

鼾さへ枯れ行くごとく昼寝せり/栗生純夫

しづり雪鼾ぴたりと止みにけり/高澤良一

ざこ寝して鼾そちこち初紋出づ/荒井正隆

ひと寝入りいびきかきけり年の暮/龍岡晋

孫娘聖しこの夜をいびき立つ/田川飛旅子

過疎すでに山の鼾のきこゆなり/斉藤美規

翁の忌ま中盛り上ぐいびきの図/加藤耕子

まくらがりなる河豚宿の鼾かな/佐々木六戈

蠅に鼻鼾なぶらせ心怒ってゐる/竹下しづの女

俳句例:81句目~

鼾声雷ノ如シ蚊にくはれ居る酔倒れ/正岡子規

ねんねこの中よりしたるいびきかな/石田勝彦

晩春のいびきかコインランドリー/宮川としを

澄みゆく影いびきさだかに眠る子よ/古沢太穂

一村の鼾盛りや行々し/一茶/文政八年乙酉

アザラシのほえるがごときいびきかな/岡村ともみ

ふぐ汁やもやひ世帯の惣鼾/一茶/文政八年乙酉

陽炎にくい~猫の鼾かな/一茶/文化十一年甲戊

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました