雪原を使用した俳句

雪原に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雪原を含む俳句例

湖や枯葦に降る白き雪/原裕

一村のみ雪原白紙委任状/河野薫

雪原に片手袋の指忘れ/対馬康子

鴨飛んで雪原に大き影落す/林翔

採氷や唯雪原の網走湖/唐笠何蝶

雪原の風遠樹氷晶晶と/内藤吐天

雪原の深創ゑぐり天塩川/山崎秋穂

雪原の月枯蔓に大いなる/西本一都

雪原の人か一点動くを待つ/有働亨

没日の後雪原海の色をなす/有働亨

雪原の三寒四温浅間噴く/相馬遷子

雪原に白顕ち晒す布の丈/野澤節子

雪原にわが誕生の紅一すじ/魚沼泉

初鴉雪原低くとびつづけ/小野池水

鷲下りて雪原の年あらたなり/草堂

眠りも祈り雪原は雪重ね/齋藤愼爾

硝子戸に雪原あふる卒業歌/有働亨

登四郎も時彦も来ずしぶく雪/原裕

雪原に沼あり水晶水湛ふ/岡田日郎

雪原に汽笛の沈む成木責/石田波郷

俳句例:21句目~

雪原を跳び跳ぶ兎一未来/中島斌雄

雪原は月読神伏してゐる/平井照敏

根雪原影の嶽おく月明り/河野南畦

雪原に杭打つ土の匂ふまで/加藤憲曠

ほの~と曙色ながらや春の雪/原石鼎

雪原の黒きところが能の村/佐川広治

雪原に犬放ち炉火熾んなり/河野南畦

雪原に硬き闇あり星を嵌め/相馬遷子

雪原に立方体のホテルかな/岩崎照子

雪原に紛れざらんと鶴啼けり/岸田稚

傷あらぬ雪原に顔埋めたし/能村研三

雪原に道あるらしや人遠し/高木晴子

雪原に雪原の道ただ岐る/八木林之助

雪原に鴉の掟翔けては降り/齋藤愼爾

山室のひとつ灯蒼む根雪原/河野南畦

川鳴れど雪原暮れて道失ふ/岡田日郎

雪原の一樹かゞやき囀れり/相馬遷子

月光の雪原を這ふはぐれ雲/岡田日郎

朝日さす雪原金沙銀沙照り/鈴木貞雄

林檎の芯抛る雪原の大反射/内藤吐天

俳句例:41句目~

雪原の中に春立つ産屋はも/依田明倫

雪原の兎の足跡藪目指す/斉藤志津子

雪原の天地神明去りがたし/古舘曹人

汽車全く雪原に入り人黙る/西東三鬼

雪原の月光かたまる一巨木/岡田日郎

泉まで雪原踏まれ往来あり/岡田日郎

雪原の水漬く一線菜現れぬ/原田種茅

雪原の焚火に月の上りけり/岩田由美

雪原の藁塚として寄り添へる/樋笠文

雪原の藍の彼方の吾子七夜/堀口星眠

雪原の起伏失せつゝ雪深む/大橋敦子

雪原の雪舐め老犬牛を追ふ/岡田日郎

雪原の靄に日が溶け二月盡/相馬遷子

雪原の青さ身に沁む朝の楽/堀口星眠

雪原の高き一樹を恃みとす/小澤克己

雪原やとんで二つの監視塔/石川桂郎

雪原や落ち方の月隈見する/臼田亞浪

雪原を分つ落葉松襖かな/古賀まり子

青空をしばしこぼれぬ春の雪/原石鼎

雪原にわが機影投げ初飛行/室賀杜桂

俳句例:61句目~

雪原に兵叱る声きびしかり/片山桃史

雪原に北斗の針の廻りけり/福田蓼汀

雪原に北斗七ツの六ッ昇る/岡田日郎

ひた歩く雪原恋の罠あらずや/仙田洋子

雪原に川あらはれて重きかな/桜井博道

雪原に建てて見捨てて己が墓/中島斌雄

雪原に土よりの杭うらがなし/成田千空

雪原に小さき礼拝堂暮れ残る/仙田洋子

雪原に灯して牧舎年を守る/金箱戈止夫

雪原に月光充ちて無きごとし/岡田日郎

夜の嶽を灯が登りゆく根雪原/河野南畦

夜の嶽を燈が登りゆく根雪原/河野南畦

星白く炎えて雪原なほ暮れず/相馬遷子

雪原や肩から上の人往き来/嶋田摩耶子

橇失せぬ雪原と星あふところ/平野露子

雪原の夜明孤屋は火を燃やす/福田蓼汀

雪原をわたる日ざしに馬放つ/木村凍邨

燈台の燈が雪原へ伸び切れず/河野南畦

雪原を琴唄まろびゆく夕べ/文挟夫佐恵

白日の雪原を行く浚はれゆく/成田千空

俳句例:81句目~

耳そばたてて雪原を遠く見る/飯田龍太

耳そばだてて雪原を遠く見る/飯田龍太

耳聾ひて雪原と青空にあり/千代田葛彦

雪原を跳びては羽摶ち鶴の舞/伊東宏晃

雪原に十勝の月をあげにけり/星野松路

雪原とならばまた来む芒原/橋本美代子

雪眼鏡雪原に日も牛も碧き/橋本多佳子

雪原に雪降り月光の跡癒やす/岡田日郎

雪原に行き暮れいつか星の中/岡田日郎

雪原に到り双手を挙げて会ふ/成田千空

雪原に佇つ初陣のこころあり/中原道夫

雪原の日矢に盲ひし達磨売り/木内彰志

雪原に風吹き夕日消しにけり/岡田日郎

雪原に太のどのびて鶏鳴す/北原志満子

雪原の木の影あはし影を踏む/仙田洋子

黄鷹の雪原の果まで飛翔/長谷川かな女

雪原の見えぬところに翳生ず/宗田安正

雪原に天つ日暗きまで照りぬ/岡田日郎

雪原の白光月光を以つて消す/岡田日郎

雪原の突起もつとも白き藁塚/河合凱夫

タイトルとURLをコピーしました