寝かすを使用した俳句

寝かすに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

寝かすを含む俳句例

山姥の杖寝かせある冬苺/富岡廣志

煤払ひ畳に仏寝かせあり/阿部静雄

葡萄山長き短き房寝かす/三好潤子

山中や泉を寝かせ涅槃雪/村越化石

一燭が尽き盆の妣寝かしけり/蔦悦子

管楽器寝かす五月の海の上/河合凱夫

分身の杖を寝かせて花の宴/松宮/昭

菜の窪の苺を寝かす患者食/石川桂郎

春の草測量棒を寝かせけり/井上弘美

寝かさば石立たさば仏夏蓬/篠崎圭介

月雪や旅寝かさねて年一夜/加舎白雄

秋耕の鍬寝かし置く木の根方/北村保

種薯を土に寝かせて祭くる/石工冬青

笛吹いて神を寝かさぬ雪祭/稲垣陶石

いち枚に夕日寝かせて柿落葉/吉田鴻司

三尺の藤房を掌に寝かせみる/伊藤敬子

ころ柿を寝かす新藁切り揃へ/佐藤良生

すぐ転ぶ紙雛なり寝かせおく/内田美紗

猫は尾を雀隠れに寝かせたる/鈴木鷹夫

もう一度福笑して寝かさるる/河野美奇

俳句例:21句目~

空席に破魔矢を寝かせ湖西線/鈴木鷹夫

出開帳寝かせて運ぶ芭蕉さま/森きよし

六月のピザ生地寝かす雨の昼/高澤良一

初話因幡の兎で寝かすかな/長瀬ナヲ子

棹寝かせ客待つ舟や行々子/加瀬ゆきえ

残雪を寝かしたるまま耕さず/茨木和生

糠床に寝かしつけたる初茄子/宮原つね

網棚に寝かせ高野の女郎花/猿橋統流子

蓬莱に寝かされてをり年を待つ/森澄雄

蒟蒻を蚕棚に寝かす山日和/馬場移公子

子寝かせし手足をひらき夜泳ぐ/中山純子

三年を寝かす定めの味噌仕込む/内田恒楓

上総には豆造を寝かす闇がある/武田和郎

九官鳥早く寝かして土筆煮て/平井さち子

冬に入る誰の寝かせある土間も/菖蒲あや

味噌桶の寝かせ干さるる五月晴/宇野篤子

寝かされて乳飲み児匂ふ冬座敷/塩川祐子

大夕立する廊に子を守り寝かす/上野章子

狐火の母には見えて子を寝かす/太田土男

嬰寝かすやうにたたみぬ花衣/野島美津子

俳句例:41句目~

復原家に赤児寝かせて麦を刈る/宮坂静生

涼しさに寝かねし唄や門の月/小酒井不木

水ひと夜寝かせて置きし雛料理/茨木和生

寒造寝かせておく間の倉の闇/宗像夕野火

嬰を寝かすごとく不作の俵積む/長崎美根

竿灯のはじめ寝かせて進むなり/杉浦典子

板壁や馬の寝かぬる小夜しぐれ/中村史邦

寝かせある根釣の竿を跨ぎけり/田中裕明

稲架かこむぬくき処に子を寝かす/角光雄

木を伐つてそのまま寝かす花の山/樅山尋

自転車も芝生に寝かせ春の雲/長谷川久子

良き土に淑き女寝かす真昼かな/金子兜太

花の雲櫂は寝かせしままにせよ/田部谷紫

萩くくり地震に備へて墓寝かす/西本一都

わが梅雨の臍を水平に寝かしやる/森澄雄

繭玉の下に赤児を寝かせ置く/野崎ゆり香

虫の夜の手足寝かせて耳覚むる/菖蒲あや

野遊や赤子は草に寝かされて/坂本香寿子

門番のひとり寝かねるあつさ哉/正岡子規

青芝に自転車寝かせおく恋よ/正木ゆう子

俳句例:61句目~

頭澄む子なれ虫音に寝かされて/大熊輝一

鰰の寿司寝かせをり男鹿海女/阿部月山子

洗ひたる独活寝かしたる目笊かな/石川桂郎

種案山子きのふも畦に寝かされて/関森勝夫

春一夜寝かして稿のふくらみぬ/肥田埜勝美

けふの月人を寐かして晴れにけり/正岡子規

ねんごろな枯金ペンを寝かし置く/丸山嵐人

鳥雲に赤子ごろんと寝かされて/桜田とく子

万緑のトロッコ列車児を寝かす/日永田義治

蚊遣して子を寝かせては燈下の母/鈴木栄子

子を寝かせ来て踊るなり石鏡海女/小島飽石

寝かせある琴柱をさます小春かな/柴田雪路

青竹の寝かされて待つお水取/美濃部多津子

寝かせたる時計が鳴るよ煤はらひ/加藤松薫

庫裏に子を寝かせ十夜の信徒たり/大杉洋子

リヤカーに赤子寝かせて田螺売る/三沢治子

売れ残る目なきだるまを籠に寝かせ/宮坂静生

朝顔に雨戸すかして二度寝かや/阿部みどり女

寝かされて案山子は手足もてあます/濱田桐花

もう少し寝かせてくれと今朝の秋/井上ルリ子

俳句例:81句目~

梨むいてゐるかたはらに児を寝かせ/田中裕明

蓮掘りてしばらく畔に寝かせけり/北見さとる

東京裁判子を寝かしつつ蚊帳にきく/川島彷徨子

冬の灯に子達を追うて寝かしけり/阿部みどり女

芯のみとなりし案山子を納屋に寝かせ/宮坂静生

冷え冷えと抜き身寝かされゐたりけり/永野ヤヨイ

もう寝かして欲しくお前の膝に蛾が落ち/小澤碧童

子を寝かせ緋鯉現るように妻/松本勇二「海程句集」

熟すまま来世紀まで寝かしおく葡萄酒千本そして恋人/松平盟子

タイトルとURLをコピーしました