夜の雪を使用した俳句

夜の雪に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夜の雪を含む俳句例

乞食の事いふて寝る夜の雪/李由

夜の雪だまつて通る人もあり/一茶

我子なら供にはやらじ夜の雪/とめ

魂を落して睡る夜の雪/長谷川秋子

俳居士の高き笑や夜の雪/会津八一

蛎船の障子細目や夜の雪/三宅孤軒

質おいて番傘買ふや夜の雪/泉鏡花

熊突の夫婦帰らず夜の雪/名倉梧月

漆にはうるしを重ね夜の雪/管タメ

戸まどひや呉竹くゞる夜の雪/西望

夜の雪晴れて薮木の光りかな/浪化

厩の灯道にさしゐる夜の雪/木村蕪城

椅子回し見る少年に夜の雪/対馬康子

閉し固む戸に訪れて夜の雪/石塚友二

さくさくと藁喰ふ馬や夜の雪/大江丸

しはと降に音あり夜の雪/松岡青蘿

射的屋の人形倒る夜の雪/鈴木真砂女

霊膳の湯気の細さや夜の雪/渡辺水巴

客去て寺しづかなり夜の雪/黒柳召波

寝ならぶやしなのゝ山も夜の雪/一茶

俳句例:21句目~

更けゆくや雨降り変はる夜の雪/碧童

二十日夜の雪残りたる竹籬/浦田一代

御車を大路に立てゝ夜の雪/藤野古白

我が子なら供にはやらじ夜の雪/とめ

六条の豆腐の沙汰や夜の雪/京-吾仲

手探りに香炉を擁す夜の雪/藤野古白

昼よりも明るき夜の雪を掻く/北光星

別荘や膳のかよひも夜の雪/松岡青蘿

林中やきちきちと散る夜の雪/岸田稚

月の夜の雪の立山まのあたり/中村汀女

くらがりに変貌を遂ぐ夜の雪/高澤良一

こゝろ皆竹にふすなる夜の雪/松岡青蘿

自転車に夜の雪冒す誰がため/相馬遷子

川黒うして舟に声あり夜の雪/藤野古白

ひきすてし車のかずよ夜の雪/加舎白雄

笠着たる人によく降る夜の雪/立花北枝

灯の動き来るは道なり夜の雪/高橋笛美

師の面ざし父と重なる夜の雪/毛塚静枝

山にふる夜の雪片に満つる軒/橋本鶏二

梅白し古墳に夜の雪来つつ/神尾久美子

俳句例:41句目~

初午や思ひがけなき夜の雪/高橋淡路女

刻かけて蟹食ふ夜の雪密に/川島万千代

牛飼が句を見せに来る夜の雪/細川加賀

夜の雪雪の音して降りはじむ/右城暮石

夜の雪屏風一枚ものおもふ/中尾寿美子

炉がなくて炉話亡ぶ夜の雪/八牧美喜子

鹿子ゆふ音きこゆなり夜の雪/広瀬惟然

身を律す夜の雪琴は袋の中/河野多希女

酔ひ帰る教師に夜の雪だるま/新田祐久

難波津や橋めぐりして夜の雪/松岡青蘿

夜の雪遮二無二海の中へ降る/山口誓子

凧の果てはチラチラ夜の雪/阿部みどり女

夜の雪に御嶽の貂が木を登る/小山しげる

夜の雪に誰かホテルの窓あけし/横山白虹

夜の雪に駅の時計の機械透け/田川飛旅子

夜の雪のまこと静かや縄をなふ/水野六江

夜の雪や受験の吾子が居睡りて/相馬遷子

夜の雪をとこのおもさかと思ふ/保坂敏子

夜の雪公衆電話開けつぱなし/八木三日女

夜の雪大きく照らし出されたる/岸本尚毅

俳句例:61句目~

夜の雪耶蘇の言葉のごとく降る/藤岡筑邨

子の部屋に子がゐる音の夜の雪/細川加賀

月光とともにただよふ午夜の雪/飯田蛇笏

孤独なるブロンズに夜の雪積り/山本歩禅

妻と病めば鎮魂歌めく夜の雪解/小林康治

父の死の夜の雪と思ふ肩に頭に/小林康治

牡蠣船や夜の雪堆く覚めてあり/山口誓子

窓あけて眺めゐる間の夜の雪/波多野爽波

窓の灯やわが家うれしき夜の雪/永井荷風

舞姫のおもかげいだき夜の雪ヘ/山本歩禅

夜の雪降りつつ下水流れけり/榎本冬一郎

豆撒きの夜の雪やむや家路急き/石川桂郎

夜の雪に聴き耳をたて老コリー/鈴木貞雄

ともしびを見れば風あり夜の雪/大島蓼太

酒のめばいとゞ寝られぬ夜の雪/松尾芭蕉

ポストから玩具出さうな夜の雪/渡邊水巴

陣太鼓ひそかに打つは夜の雪/長谷川秋子

月光とゝもにたゞよふ午夜の雪/飯田蛇笏

戦争が戻つてきたのか夜の雪/鈴木六林男

静かさや大つごもりの夜の雪/吉野左衛門

俳句例:81句目~

顔につく夜の雪村に岩つきだし/大井雅人

何の工事場土管に夜の雪かかり/古沢太穂

鳥追ひの子をまぼろしに夜の雪/角川春樹

屋根白くなりて夜の雪降りやまず/右城暮石

夜の雪となる焼跡を通りすぎ/長谷川かな女

今日の塵焼くその上に夜の雪/阿部みどり女

夜の雪のやみし風音立ちにけり/赤城さかえ

嫁く人のほかはささめく夜の雪/鷲谷七菜子

みとりするその夜の雪は積りけり/平井照敏

たまさかに浪の音する夜の雪なり/北原白秋

夜の雪やさら~と戸にふれもして/佐久間法師

夜の雪となりたるらしきしじまなり/渡部マサ

爆音またもペンがりがりと夜の雪/栗林一石路

森の奥の夜の雪のおくの真紅のまんじ/高柳重信

物書きて鴨にかへけり夜の雪笹山菰堂/五車反古

おぼろ夜の雪ふる夜にさも似たり/久保田万太郎

夜の雪のひとひらうけて嗅ぐあそび/飛鳥田れい無公

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました