輝くを使用した俳句

輝くに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

輝くを含む俳句例

枯芒ただ輝きぬ風の中/汀女

雨上りゆく輝きに青芒/星野椿

藪の穂に北斗輝き井華水/露月

飛魚の入りて輝く鮪網/前田普羅

空港に朱欒輝き雨上る/高橋悦男

漆黒の薬師輝く花会式/平尾圭太

谿を来し青年髪に雪煌く/有働亨

初蝶の輝く翼受胎告ぐ/有馬朗人

三方の玻璃輝きて春隣/上野章子

暁の星の輝き寒に入る/高木晴子

若餅に輝く松の旭かな/尾崎紅葉

蜻蛉の目玉ほど空輝くよ/高澤良一

きらきらと輝く種を蒔にけり/立子

大文字消えて輝く比叡の灯/橋本博

さくら散る月代空の輝きに/杉本寛

大沢崩天に輝く萱を刈る/川村紫陽

寒空は輝く雲にありにけり/滝青佳

輝きて銀狐は銀狐雪は雪/依田明倫

輝く日涼しき水に城映る/高木晴子

日あたれば馬も輝き花芒/阿部慧月

俳句例:21句目~

都井岬の輝きの中馬交る/戸川幸夫

入学の顔の輝き揃ひけり/稲畑汀子

冬の月かこみ輝き星数多/高木晴子

野分あと街は輝く万華鏡/高澤良一

雪山の端が輝き奴凧/阿部みどり女

鯉幟より輝きて城ひとつ/成瀬正俊

光年の時差の煌き星涼し/藤浦昭代

楪の葉の輝きのおそろしき/中条明

此家に輝くや屠蘇の小盃/石井露月

命得て輝く山河冬帽子/金箱戈止夫

温顔の輝きおもふ春の宵/相馬遷子

神鏡の今日の輝き女正月/高木禮子

稜線の輝きませる五月かな/遠山翠

翳る白輝く白の辛夷見ゆ/千原叡子

草摘に光り輝く運河かな/川端茅舎

輝きて翅むしらるる虫螻よ/和田悟朗

誰も見よ虚子忌の雲の輝きを/上村占

真輝く氷河を前に道消ゆる/高澤良一

芦の花輝く頃の湖中句碑/成瀬正とし

樅の芽は煌き岳の肌は荒れぬ/有働亨

俳句例:41句目~

黄葉一樹輝きたてり紅葉山/西山泊雲

春水といふ輝きに不足なし/高澤良一

月や出ん雲の輝き水にあり/西山泊雲

雪嶺に輝きし日も昏れそめし/上村占

青空を輝きとべる柳絮かな/野村泊月

輝きてすれ違ふ雲や月の面/西山泊雲

初成りの茄子の黒さの輝きて/和光弘

原子爐の白く輝く夏の濱/保田白帆子

台風圏水は輝くこと忘れ/中川いさを

野の星に朝の輝き霧氷散る/中野東峰

夏服や沖は輝きもて応へ/ほんだゆき

秋入日雲つゝまんと輝きて/高木晴子

遠くにて水の輝く晩夏かな/高柳重信

夕月に輝くごとき太芽かな/高橋馬相

輝きは谿間の朴の花にあり/高浜年尾

蒲団干すや旭今輝く城の鯱/鈴木花蓑

かんばせの輝き三社祭の日/竹花小百合

きら~と輝く種を蒔きにけり/星野立子

緑蔭の洩れ日を蟻が輝き過ぐ/内藤吐天

陽は輝き月は照るもの花蓮/和田耕三郎

俳句例:61句目~

五頭山の雪と輝き白鳥舞ふ/加藤知世子

仏花たることに輝き金盞花/文挾夫佐恵

対岸は輝きにけり鬼やんま/沼尻巳津子

日輝きはっしとかかる鶇らし/星野立子

白蓮と輝き合ひて白鷺舞ふ/加藤知世子

白地着て星座輝きくるを待つ/朝倉和江

水あれば飛花の輝き弾みけり/関森勝夫

夏潮の輝くデツキゴルフかな/京極杞陽

菊の月夜々に輝きまさりけり/西島麦南

母在りき冬至もつとも輝きて/三橋鷹女

蟻散つて氷砂糖また輝き出す/内藤吐天

輝きてそそぐ水あり晩夏の海/安東次男

死者の書を閉じて輝く夏の街/高澤晶子

空港に初夏の自動車輝き来/成瀬正とし

残雪や夜の湖底の輝き出す/加藤知世子

柿の色日に日に湖の輝きに/徳澤南風子

氷湖日の出影も輝くわが分身/川村紫陽

玉蟲の飛ぶ煌きを日にもとめ/大橋敦子

冬菜に塩ふつて輝く路地の日よ/菖蒲あや

船の窓の星空の揺れそめし輝き/大橋裸木

俳句例:81句目~

芽吹かんと大樹身を揺り輝くも/内藤吐天

日雇寡婦荷こぼれ鯵を得て輝く/岩田昌寿

葱切つて輝きわたるステンレス/中田美子

ホルン吹く子の目輝く黄水仙/池田ヨシ子

山吹に輝き去りし小魚かな/長谷川零餘子

ゆつさりと廻かけて輝く向日葵/北原白秋

雪山の今日の輝き明日ありや/阿部みどり女

日照雨して蝦蟇も輝く刻のあり/冨田みのる

破戒後の牡蠣をふくみて輝く目/赤松けい子

爆音去れ霧の向日葵輝くとき/赤城さかえ句集

輝く浪の大きな汽船ぢりぢり岸に寄る/大橋裸木

海霧来去り碑が「しらじらと」輝くよ/赤城さかえ

出潮にのつて来る船の落日の輝きとなる/大橋裸木

夏の夜街の輝きにまみれ旅人として買ふ物/大橋裸木

たたかう今年へ蜜柑盛りあげられ輝く/赤城さかえ句集

刃の如く輝き始む大山の襞に残れる雪の幾条/川辺古市

夕星の輝きそめし外にたちて別れの言葉短くいひぬ/吉本政枝

つんざきてわれらのからだ貫きし輝くリズム消ゆることなし/松坂弘

夜の公孫樹輝くばかり青くして一人となれるときを帰りぬ/近藤芳美

逃げ水の輝くさなか揺らぎつつこの世の夏をパレードが来る/谷岡亜紀

タイトルとURLをコピーしました