弾くを使用した俳句

弾くに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

弾くを含む俳句例

丸茄子朝露弾く梵天丸/高澤良一

競泳の勝者や影も水弾く/中村翠湖

冷し牛胴震ひして水弾く/大塚華陽

種弾く大事起りぬ鳳仙花/野村喜舟

風の盆腰で胡弓を弾く男/三浦薫子

雪吊の繩の竪琴弾くは風/本岡歌子

鉞の柄はぼろ市の雨弾く/阪本宮尾

船室に琵琶弾く盲神送り/宮武寒々

男肥えて何春愁ぞ楽器弾く/清一郎

節分の夕日を弾く鬼瓦/八木岡宏子

早起きの鷽が琴弾く父の山/黒田杏子

熱し弾くピアノ受験生霰やむ/及川貞

寒夕焼高層ビルの玻璃弾く/井澗道子

盆舟や爆竹弾く海女の路地/安原敬裕

またきたと我を弾くな角大師/中勘助

盆唄や夜は三味を弾く刀鍛冶/朝妻力

川鴨の胴振ひては日を弾く/加藤耕子

激ちつつ日の虹弾く雪解川/仁科文男

水弾く白さに葱を洗ひ了ふ/宮津昭彦

ギター弾く南大門の春の暮/高橋幸子

俳句例:21句目~

露まみれ喜ぶ野性蓮は弾く/香西照雄

鬱屈の火花を弾くいぶり炭/倉田信司

阿波踊ぼろ三味線を弾く女/高濱年尾

ボタ鼻に朧の胡弓弾くは誰/清原枴童

リラの花弾く提琴の弓白し/村田白峯

高原の秋運転手ギター弾く/木村蕪城

片蔭に入るや琴弾く母の声/永田耕衣

鷹舞ふや朝日を弾く千曲川/野口光江

満開の櫻のために琴を弾く/品川鈴子

紅梅や舞の地を弾く金之助/夏目漱石

篝火の弾く音より年明くる/高橋妙子

日本海へ巌の仙人掌花弾く/奥村直女

水弾く身のうすあぶら海の果/三橋敏雄

氷上へひびくばかりのピアノ弾く/篠原

火の性の石榴ひやびや雨弾く/高澤良一

えのこ草小雨を弾く青穂かな/高澤良一

灯を消して弾き弾く影よ子の良夜/林翔

猫じゃらし雨を嫌ひて雨弾く/高澤良一

眠りいる琴に連れ弾く霧の指/高澤晶子

納涼にあらず君が夫の弾く小唄/及川貞

俳句例:41句目~

綿摘みて夜は一絃琴を弾く/市川つね子

縫初の母のききゐる琴を弾く/斎藤耕子

ギター弾くも聴くも店員終戦日/高島茂

ギター弾く男二つに折れし男/菅野丹吾

胡弓弾く男に惚るる風の盆/結城美津女

花辛夷散らばつて弾く弦楽器/高木良多

豆稲架の弾く丹波の夕日かな/須永トシ

天の川祖国の曲を弾く人よ/たかおさむ

姉妹の弾く三味線も月見かな/増田龍雨

新月の宝前に弾くギターかな/田中由子

新緑やたへにも白き琴弾く像/山口青邨

日に弾く小豆の莢のうす煙/野見山朱鳥

春愁のセロ抱き弾くは父の影/松山足羽

春暁の木に倚りて弾く胡弓かな/原月舟

薺爪ギター弾く爪のこしけり/平林孝子

白木槿少年の弾くポロネーズ/鶴岡/容子

あかぎれの指そろばんの珠弾く/土屋保夫

あたたかや興じて弾くはじき猿/茂里正治

お岩木の日照雨を弾く青りんご/高澤良一

胸張つて琵琶弾く路地の簾越し/北野民夫

俳句例:61句目~

冬の暮辻楽士わがために弾く/八牧美喜子

光の玉樹氷に隕ちつ地に弾く/石橋辰之助

昃りなき日が黄梅の黄を弾く/八木沢高原

毛虫焼くや人窓掛をあげて弾く/飯田蛇笏

杣が路頬弾く草のいきれかな/楠目橙黄子

三味線を弾く二階ある泳ぎかな/増田龍雨

チェロ弾くと竹林を出る盆の月/脇本星浪

日除綱さはりたる手を弾くかに/松藤夏山

琴を弾く初伏の畳冷たしと/長谷川かな女

琴を弾く春満月を二日すぎ/阿部みどり女

日を吸ふも弾くも薔薇の色なりし/稲岡長

胡弓弾くごとし柳絮の流れゆく/高嶋/茂

自動ピアノ弾くはあの夜の雪女/玉木春夫

蒸気時計塔噴く街頭音楽士弾く/伊丹公子

薄氷のかけらとなりて日を弾く/山田閏子

琴を弾くはにわ人にもある遅日/野澤節子

ピアノ弾く白い渚の蟹のやうに/大屋達治

蜘蛛が弾く囲の琴の音の微かなる/上野泰

琴に身を倒して弾くも春の昼/野見山朱鳥

バイエル弾く汗の父への別れとし/有働亨

俳句例:81句目~

寒夜まだピアノ弾く娘と妻起きて/伊東宏晃

今年竹指しなやかにピアノ弾く/上田五千石

胡弓弾く男腰やおわら浮き沈み/松田ひろむ

わがたのむピアノ弾く手や手袋す/田中敬子

ぶんぶんを弾く指なん持てりける/林原耒井

松とれて日ぐれ夜ふけとピアノ弾く/及川貞

わが弾くに耕す土のひびきかな/池内友次郎

ガムランの月光一生を座して弾く/伊丹公子

ショパン弾く窓に植ゑたり糸瓜苗/三枝正子

誰が弾く三味線かかる夜なべ小屋/木村蕪城

セ口弾く隣人きざはしに氷ちびる/和田悟朗

ピアノ弾くからだの中の白夜かな/浦川聡子

少年が弾くエチュードや秋の窓/文挟夫佐恵

春愁の身を寄せて弾くハープかな/野矢久美子

星月夜ゴーシユの如くギター弾く/松清まゆこ

蟲の夜の弾くと叩くとありにけり/佐々木六戈

冬の月チェロを弾く人をまなかひに/蒲生/幸

ヴィオラ弾く家のどうだん散り初む/若月瑞峰

虫の夜の弾くと叩くとありにけり/佐々木六戈

舸子酔ひて弾くバラライカ壁炉燃ゆ/橋本榮治

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました