帆綱を使用した俳句

帆綱に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

帆綱を含む俳句例

雁渡るひかり帆綱は鋼綱/原裕

吾若し春星空に帆綱鳴る/金子兜太

走り帆の帆綱かいくる燕かな/白雄

大船や帆綱にからむ冬の月/高浜虚子

かりがねの斜に渡る帆綱かな/夏目漱石

尾の道や帆綱をくゞる夏の月/正岡子規

朝凪に帆綱の氷柱払ひけり/大谷碧雲居

朝霜の帆綱に光る日の出かな/正岡子規

末枯や帆綱干したる須磨の里/正岡子規

白南風の帆柱を打つ帆綱かな/西村和子

百千の帆綱やすめり春の風/五十嵐播水

あら浪に千鳥たかしや帆綱巻く/飯田蛇笏

帆綱にも木の葉つなぎの干鰈/平岡しづこ

帆綱浸る舟の艪ゆれや風薫る/河東碧梧桐

張る帆綱南風の角度を昇りつめ/櫛原希伊子

若布刈海女帆綱に凭りて髪を梳く/橋本鶏二

はしり帆の帆綱かいくゞるつばめ哉/加舎白雄

タイトルとURLをコピーしました