洗濯を使用した俳句

洗濯に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

洗濯を含む俳句例

葉柳や舟に洗濯物乾く/林雅樹

洗濯の朝日か宵は春の雪/鶴正

花葵隣の嫁の洗濯す/正岡子規

雪寒し洗濯衣のうち返し/幽山

時雨けり衣手の森洗濯屋/調泉

栗の花納所自ら洗濯す/正岡子規

川縁はみな桃さけり洗濯場/浪化

雨中なる洗濯物も秋の暮/小澤實

岩風呂に男洗濯秋の雨/原田青児

物干の洗濯やめん妻問ふ猫/西調

洗濯機朝から奮闘夏休/高澤良一

洗濯も掃除も好きや春愁/依光陽子

洗濯の泡家を出て年終る/辻田克巳

浸したる洗濯物に柳散る/寺田寅彦

綿虫に洗濯物の雫かな/加藤三七子

吾亦紅飯場の露天洗濯機/寺島つね

鬼灯や洗濯物に精を出し/鈴木花蓑

屋上に洗濯の妻空母海に/金子兜太

水温む洗濯石の二つかな/西山泊雲

桜蕊散り込む島の洗濯場/久保村子

俳句例:21句目~

洗濯をした手が乾く青芒/細見綾子

空つぽの洗濯籠や囀れる/西村和子

洗濯機の反転忙し昼寝妻/田部黙蛙

箒草枯れぬ洗濯男われ/石橋辰之助

赤と黄と青の昔や洗濯船/攝津幸彦

目一杯洗濯をして冬日和/森田芳恵

暖かき座敷の庭に洗濯す/正岡子規

洗濯の乾ける序列山笑う/桑内あき

天高し洗濯ばさみ好勝手/佐藤映二

帷子の置き洗濯や木槿垣/中村史邦

酒屋来る洗濯屋来る桜草/高橋常穂

人になき音階日永の洗濯機/細田恵子

冬立つよ古洗濯機胴震ひ/百合山羽公

更待のごとんと終る洗濯機/寺村朋子

となりは薩摩鬼の洗濯岩渇く/穴井太

ばつた飛ぶ鬼の洗濯板の上/岩切貞子

朝顔や週を二回の洗濯日/鈴木真砂女

洗濯屋の前通りけり青葉冷/川崎展宏

白鳥は来ず洗濯機洗濯す/高野ムツオ

子と昼寝磧に洗濯物を干し/関森勝夫

俳句例:41句目~

荷なひくる洗濯物や春の水/野村泊月

草の実の一つ残りし洗濯機/渡辺禎子

花疲れすでに洗濯機を廻る/柴田奈美

望月や洗濯板は乾反りつゝ/攝津幸彦

洗濯屋白に疲れぬ白壁冴え/香西照雄

洗濯や追ひ返したる猿廻し/正岡子規

初御空嬉嬉と洗濯挟みかな/千田稲人

爺が行水のあと婆が洗濯や/鵜沢四丁

とりあえず椿の落ちるお洗濯/星野泉

他郷にて影の溺るる洗濯場/柿本多映

ねぷた果て洗濯物は水の中/如月真菜

花散って洗濯板は漂えり/津沢マサ子

窓だけの聖夜洗濯機が廻る/嶋野國夫

草枯るゝ庭の日向や洗濯す/正岡子規

啼き交す鵯に洗濯物乾く/茂木連葉子

笹鳴いて洗濯物の脇抜けぬ/高澤良一

洗濯屋良夜へ蒸気あげにける/川崎展宏

ざぶざぶと洗濯楽し夏に入る/西村妙子

洗濯機の中に潜んでいる師走/苅部牧生

ふる雪に洗濯バサミなげつけり/皆吉司

俳句例:61句目~

クリークの春まだ浅き洗濯女/遠藤梧逸

上向く芽洗濯の足袋みな破れ/西東三鬼

宇宙是れ洗濯板にヒヤシンス/攝津幸彦

日に一度楼より墜ちる洗濯女/遠藤進夫

朝の洗濯かげ美しき鬼ひそみ/植原安治

洗濯すもう晩秋のものばかり/対馬康子

洗濯にふやけし指や菊日和/鈴木真砂女

洗濯ばさみ強し鳶くる十一月/中山純子

洗濯やたちまち惨む冬の汗/田川飛旅子

水着浮く泡ふつふつと洗濯機/関根ふさ

洗濯機の前で裸になつてをり/鈴木鷹夫

洗濯機反転/海をこころざす/門脇今次

沖へでて洗濯板の終るかな/安井/浩司

洗濯機朝から始動こどもの日/高澤良一

薫風を入れて酷使の洗濯機/阪尻勢津子

鳥渡る壊れしままの洗濯機/和田耕三郎

一竿に洗濯物と柿吊るす/小笠原須美子

山茱萸に日はまだ粗き洗濯物/高澤良一

洗濯物家に暑さを取り込めり/高澤良一

蒲公英のひらき洗濯日和かな/平山眞澄

俳句例:81句目~

洗濯物畳まれてはと蟻逃ぐる/高澤良一

厳冬の白きをとどけ洗濯屋/能村登四郎

鶯やラ/ラ/ラ洗濯日和なり/阿部久子

洗濯板の窶れなつかし木の芽時/中村和弘

洗濯機の春潮あふれ濡れる午后/矢本大雪

うすらあつい洗濯屋白きを高く/喜谷六花

洗濯機さみしくまわす銀河など/対馬康子

沖くらく沖くらく洗濯機が廻る/土田晶子

祭笠洗濯ばさみでとめて売る/加倉井秋を

なないろの洗濯挟み四囲枯るる/石川文子

にぎやかに掃除洗濯して義士祭/中山純子

市井とはこほろぎが鳴く洗濯機/瀬社家優

制服その他洗濯し干し愁眠山麓/阿部完市

私の島ではればれ燃える洗濯屋/阿部完市

洗濯の泡手で脚の蚊をたゝく/大西由嘉子

世は廻るさるとりいばら洗濯女/安井浩司

あたたかし叩いて動く洗濯機/鈴木友寄枝

冬ものの洗濯鼻唄バズデンボー/高澤良一

蝉音沁む洗濯ものを取り込めり/高澤良一

取り込まる洗濯物に子かまきり/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました