杉山を使用した俳句

杉山に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

杉山を含む俳句例

杉山に鱗重ねし鱗雲/原裕

短日の深空杉山檜山据ゑ/舟月

洛北の杉山に雨新豆腐/角川春樹

杉山は息を殺して雪催/土屋秀穂

杉山の靄に滲めり遅桜/半田順子

杉山へ朝露払ふ槍鶏頭/伊藤純子

杉山に父かと思ふ瀧こだま/原裕

杉山の矢絣に雪新しや/成田千空

三光鳥檜山杉山淋しくす/瀧澤宏司

杉山の杉の寒さの能舞台/河合凱夫

杉山のふもと竹山盆迎/八木林之介

威し銃杉山の上を長わたり/岸田稚

尺蠖や杉山中に睡り足る/進藤一考

鮎落ちて吉野杉山高うせり/小島健

杉山の千の切っ先鰯雲/橋本みず枝

新豆腐杉山裾に日のあたり/桂信子

春月や檜山杉山隣り合ひ/藤本輝紫

杉山中何も映さず泉湧く/野澤節子

杉山の滴り蒼き熊野かな/田村幸江

杉山を育てし人と雪見酒/太田土男

俳句例:21句目~

杉山につゞく檜原や斧始/若林北窗

鮎掛や吉野杉山迫る瀬に/山田弘子

魂棚に杉山の風通ひけり/茂里正治

杉山に山雀帰り空のこる/戸塚三生

舎利仏に月蝕甚の杉山中/野澤節子

杉山へ空片寄れる早苗束/綾部仁喜

杉山に杉の雨降る夏休み/伊藤通明

猫埋む杉山は春竹は秋/大木あまり

杉山に波郷忌の雲あそびをり/原裕

短日や杉山透る竹の笛/青柳志解樹

たかし忌の杉山に鳴る能鼓/森重夫

杉山のあをき滴り吉野葛/佐川広治

皆伐をせし杉山に冬の鹿/茨木和生

杉山の春の曙杜氏らに/加倉井秋を

一郎死んで杉山に憑く県境/穴井太

杉山は湖にのめりて初詣/廣瀬直人

杉山に飛白をなして朝桜/大石悦子

秋冷の檜山杉山匂ひけり/山田みづえ

終戦忌杉山に夜のざんざ降り/森澄雄

みよし野の杉山深し華鬘草/稲畑汀子

俳句例:41句目~

赤蜻蛉檜山杉山ながめ倦きぬ/瀧春一

雪霏々と檜山杉山隣り合ふ/矢野緑詩

鰤起し杉山檜山色褪せぬ/阿波野青畝

夏休みなかば杉山檜山寂び/友岡子郷

鳴き交はす檜山杉山四十雀/根岸善雄

杉山に煙ふうはり小正月/猪俣千代子

朝凍みて夕暮ぬくむ杉山中/野澤節子

杉山にただよふ雲や花見唄/草間時彦

杉山にたつ雪げむり枝打か/亀井糸游

杉山に月のぼるなり凍豆腐/岡井省二

杉山に杉の風彦河鹿鳴く/鈴木蚊都夫

杉山に花の散りこむ仏生会/大佐/優

杉山に隠れてかかる雪解滝/遠藤梧逸

杉山に飛んで檜山の螢かな/大石悦子

杉山のときに青炎走り梅雨/井沢正江

杉山のどの木に吊す春の魂/寺井谷子

杉山の墨絵ぼかしに牡丹鍋/木内彰志

杉山の暗さを迷ふ落花あり/山田弘子

杉山の杉の波濤や冬に入る/宮坂静生

眠らんと杉山の襞深めたる/西村和子

俳句例:61句目~

杉山の杉籬づくり花ぐもり/芝不器男

杉山の濃くなってくる宵の年/穴井太

杉山の育ち盛りの草いきれ/西村和子

杉山の芯は濡れをり囮籠/蓬田紀枝子

杉山の荒れを痛めり石鼎忌/茨木和生

杉山の虫に喰はれて蝮蛇草/山本順子

杉山の陰の田も植ゑ終りけり/岸田稚

杉山の香を水の香に鮎育つ/野澤節子

杉山はどこより暮るる法師蝉/森澄雄

枝打ちて寒の杉山匂ひけり/田中浩子

河鹿湧く夕杉山のほとぼりに/岸田稚

注連太く張る杉山の出入口/田中禾青

涅槃西風杉山赤く動き出す/越前春生

炉火赤し檜山杉山淋しかろ/平畑静塔

杉山の底に野分の音を聞く/大古殿風亭

杉山の杉擲つ風や比良八講/梶山千鶴子

冬に入る杉山こぞり真空待つ/松村蒼石

杉山のあひの桜のさくらまじ/岡井省二

堂凍てて杉山に日の来迎図/鷲谷七菜子

火祭を待ち杉山の闇にをり/小宮山政子

俳句例:81句目~

杉山の水に視られて炭を負ふ/六角文夫

杉山や雪なだれたる一と平/岡本癖三酔

濃淡の霧にしづみぬ羽黒杉/山上樹実雄

杉山を出てゆく蝶や白一筋/青柳志解樹

杉山の杉の直なる寒さかな/片山由美子

杉山を負ひ戸々富めり冬の水/石井露月

杉山を越えて落花の空つづく/山田弘子

流灯会杉山に月にじみ出て/皆川美恵子

杉山の若木ばかりや夏火鉢/大木あまり

杉山に相交はらず山ざくら/山田みづえ

杉山の切り株濡るるお中日/大木あまり

杉山は杉の言葉のしづり雪/文挟夫佐恵

杉山に日の沈みたる鵜飼かな/梶原健伯

杉山の木洩れ日淡し著莪の花/村上和子

風禍とは稲のみならず杉山も/吉持鶴城

帰省子に杉山にほふ胡瓜もみ/野澤節子

杉山へ猟夫のごとく深入りし/野澤節子

杉山に墓の五、六基とりかぶと/斎藤玲子

こぶし天蓋杉山へ墓延びてをり/河野南畦

くらがりの杉山を去る冬帽子/柴田白葉女

タイトルとURLをコピーしました