泣き出すを使用した俳句

泣き出すに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

泣き出すを含む俳句例

童部の独り泣き出て秋の暮/許六

乳母が来てまた泣き出しぬ魂祭/山店

行列の稚児が泣き出す練供養/塩崎緑

夕立や泣きだしさうな子が軒に/大橋静

花屑に尻餅ついて泣き出せる/行方克巳

鬼事やはては泣き出す秋の暮/正岡子規

子遍路が泣き出す鳩に囲まれて/尾形千寿

柿もいで鬼が泣き出しさうな空/藤岡筑邨

梅が香にむせて泣き出す涙かな/正岡子規

燈籠の消へて泣きだすやも女哉/正岡子規

秋夕焼かくれんぼの鬼泣き出す/細川波光

秋時雨思ひ出し泣きして降れる/家入一顆

紅葉の賀われがさきがけ泣き出せり/林火

迷ひ子の泣き出す春の日ぐれかな/大江丸

闇の夜や子供泣き出す蛍舟/凡兆「猿蓑」

アマリリス泣き出す声の節つけて/山本詩翠

げんげ田の母が泣き出す火のやうに/栗林千津

泣き出でしほとけしくしく秋の暮/伊丹三樹彦

ユトリロの屋根が泣きだす水の芽風/増田まさみ

大芋虫つまむ子逃げる子泣き出す子/青木起美子

俳句例:21句目~

寝呆けし子夜なべの土間へ来て泣きだす/大熊輝一

タイトルとURLをコピーしました