無口を使用した俳句

無口に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

無口を含む俳句例

冬籠弟は無口にて候/夏目漱石

雛祭無口の童女輝けり/秋山好見

茸採の男滅法無口なる/山田弘子

舳先にて少年無口雲の峯/西宮舞

佗助や無口で若き窯主/小池和子

雪が降る無口の父は涙溜め/瀬戸密

年酒くみ男三代無口なり/原けいこ

羽抜鶏男は無口通しけり/成田昭男

海鼠桶覗きて誰も無口たり/小島健

名人は概ね無口紙を漉く/鎌倉園月

いつも騒ぐ男が無口闇夜汁/田中水桜

酒強く無口な人の墓洗ふ/鈴木真砂女

道連の無口なりける枯野哉/正岡子規

角切の無口な男ふりむかず/石垣久良

崩された山の骸は無口なり/清水恵子

帰省子の去にて再び妻無口/角南旦山

流氷の街みな無口なばかり/後藤岑生

鼬罠仕掛ける無口通しけり/嶋田一歩

煙草のむ他は無口に暦売り/加藤耕子

弟のひとりは無口しじみ汁/恒任愛子

俳句例:21句目~

栄螺選る無口を楯に島男/古賀まり子

旅了えて男無口やいわし雲/倉橋羊村

百八灯点す一族の子等無口/野口/清

男らの無口に椎の花ざかり/藤田湘子

独り居の無口身につき冷奴/澤島郁子

別れたくなき故無口春の月/遠藤忠昭

木曽谷の夏炉に坐る無口な奴/穴井太

鰯雲田に居るあひだ無口なる/角光雄

雷見て誰も無口や桐一葉/高妻津弥子

いつこくの無口は海鼠にもありし/林翔

けだものの目となり無口茸狩/高橋淑子

流木の榾火は海女を無口にす/船曳青峰

浴後ふと無口になりてとみに秋/大牧広

渋取のいやに無口な美髭なり/鈴木節子

火の山を背負い無口な青胡桃/塚田愁星

無口なる妻と無口に大根蒔く/甘田正翠

無口なる父の草笛よくひびき/二村陽子

照紅葉庭師無口をおしとほす/土屋孝子

熱燗やいつも無口の一人客/鈴木真砂女

燕今日去りたり妻の無口なる/菅沼義忠

俳句例:41句目~

疲れ来てみんな無口に雪流し/江本如山

落葉焚き途中で急に無口になる/桂信子

亀鳴くや男は無口なるべしと/田中裕明

飲めといふあと無口なる新走/辻美奈子

驢馬を打つ少年無口葡萄の荷/岡崎万寿

冷酒に酔ふていよいよ無口なる/梅田男

高千穂の村人無口かじか鳴く/遠藤春塔

列車待つ人みな無口雪時雨/長久保恵美

初弥撒や快男児太郎無口なり/小原洋一

台風や無口なる人動き出す/笹本カホル

年の瀬や無口を運ぶ終電車/野田まこと

挿してその無口を愛す吾亦紅/遠藤梧逸

日盛りのわが担送車無口なり/栗林千津

昨日より姑の無口や寒の雨/小島みどり

朝裳よし紀人無口に舟の秋/高橋淡路女

枝豆に無口の口を開きけり/三栖菜穂子

植木屋の無口めでたし松落葉/石川桂郎

椎の花いつも無口の斜面あり/城門次人

臘梅を無口の花と思ひけり/山田みづえ

寒月や歩調が合って無口になる/蛭名節昌

俳句例:61句目~

幻想明度に無口になった画廊守/伊丹公子

小鳥来る少年無口にして無言/井出真理子

鋳物工場の無口な奴にきらめく塩/穴井太

耶蘇島のなべて無口の牡蠣割女/武藤壱州

青すだち夫の無口につき合ひぬ/植原昭代

ジャンケンの無口な石が夕焼ける/西本愛

紅葉酔ひして誰よりも無口なり/伊藤白潮

夏負けの妻の無口のはじまりぬ/中畑耕一

訃もたらし無口もたらし雪降れり/加藤亮

乗り合はす人は無口に花うばら/坂下優絵

我が無口松葉を踏みてめぐりをり/齋藤玄

冬深井みんな無口になつてゐる/栗林千津

出稼村いよいよ無口目貼して/仲村美智子

根つからの無口の二人麦を踏む/落合芳子

煮凝りや無口の父の遺されて/北見さとる

草の穂や国後島見えてきて無口/高井北杜

無口なること涼やかに在しけり/高木晴子

耕せば石に沁み込む北の無口/相原左義長

栗むいて無口の夜のありにけり/松尾美子

栗咲くや無口に過ぎし少年期/金箱戈止夫

俳句例:81句目~

夏大根きざむ無口の娘となりて/土生重次

坂の町無口に歩きルミナリエ/中野路得子

無口なる父子が並びて西瓜喰む/古川淳子

水仙花ひと日の雨に無口なり/楠瀬千賀子

麦茶よく冷えて無口の整備工/齊藤フク子

会うたびに無口になる父鯖を裂く/坪内稔典

栗を剥くときの無口に身のぬくむ/野澤節子

秋風に病みて無口となりし子と/吉良比呂武

咲かぬ藻や無口の性の渡し守/鍵和田ゆう子

苗売りの無口ぞ良けれ飛行機雲/田川飛旅子

茶摘女のやがて無口となりにけり/福島加津

妹よ無口なり新興住宅地の秋夜/夜基津吐虫

豆撒きて無口な父にもどりけり/北見さとる

如月のペンギン無口とお喋りと/斉藤冨美子

雛あられ父の無口にたれも似ず/正木ゆう子

セロリ噛む二十となりて無口の子/高橋悦男

だんだんと無口が好きに枇杷の花/三並富美

雲丹を割く夫婦無口にひたすらに/笹森ノブ

みちのくの田掻き無口は牛ゆづり/鷹羽狩行

われら無口じっくり静寂垂れて雲/山岡敬典

タイトルとURLをコピーしました