列車を使用した俳句

俳句例:101句目~

うとうとと知らぬ町まで冬列車/高田あきら

ひつじ田のほとりで列車列車待つ/高澤良一

まるで落書き真冬日の野の列車は/塩野谷仁

列車行くりんごに触れんばかりかな/浅水明子

梅雨に濡れ黒き列車より身を離す/石橋辰之助

明けやすき列車かぐろく野をかぎる/巌谷小波

はこべらや列車独りも降ろさざり/坂本山秀朗

六畳ガス水道完備哀愁列車のあいつ/仲上隆夫

するめ焼きストーブ列車ひた走る/澤野須美子

着ぶくれて列車に辞儀をいたしけり/岩田由美

湖べりへかくれし列車花の土手/なかのまさこ

みのり田の雲追ひかけて列車行く/森田みゆき

スキー列車くらくてパンの水こぼれ/岸風三楼

列車来るまでコスモスと吹かれおり/松橋与志彦

身にいつか列車のリズム川涸れて/喜舎場森日出

乗りこめばスキー列車でありにけり/羽鳥喜三江

初富士秀づ列車ボーイの過ぎしかな/長谷川かな女

海へ行く列車はるかに洗ひ髪/山下知津子「髪膚」

こどものときの眼で列車の窓の灯を見おくる/吉岡禅寺洞

タイトルとURLをコピーしました