列車を使用した俳句

列車に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

列車を含む俳句例

国中の初霞より列車音/茂里正治

列車今四月の櫟林行く/江藤都月

列車いま全速妻へ初電話/有働亨

万緑を抜けし列車は蒼白に/小林武

ひと駅の列車通学稲の秋/橋本風車

北行きの列車短し稲の花/山本洋子

陽炎や列車の中を速歩き/永末恵子

旅終る列車都心へ暮の春/山田閏子

大君も母上も亡し夏列車/攝津幸彦

轟々と霧の中行く列車哉/徳田秋声

凩や列車降りなば妓買はむ/原石鼎

小淵沢草刈る音の列車まで/山本源

春暁の一番列車紙のよう/小暮洗葦

列車徐行麦の一本一本鋭し/澁谷道

列車快走す新緑の防雪林/内藤吐天

灯の函の列車台風圈に入る/山口速

鬼火赫と列車を焦す芒かな/会津八一

高原の列車花野の風運ぶ/近藤詩寿代

遠く行く列車がをりぬ初駅/綾部仁喜

春愁や列車の窓に写す顔/小山さち子

俳句例:21句目~

通学時だけ列車くる燕の巣/井上宗雄

北へゆく列車短かし冬銀河/中村洋子

蓮咲くや幻想列車通りすぎ/高田律子

股火鉢とほく列車の過ぎゆけり/黛執

冬ざれや復員列車駅に入る/福田清人

卑弥呼径尽く枯山の列車音/高井北杜

山腹へ列車を入れる牡丹雪/五島高資

列車いま金色となり稲の国/斎藤康子

祝ぎ歌のごと赤子泣く初列車/所山花

短夜の野に迫り来し列車音/依田明倫

寒夕焼一塵となり列車去る/仙田洋子

夕東風や川尻わたる列車音/進村五月

列車待つ我に蝗よそよ風よ/小島國夫

満洲里行きの列車や氷上を/原田青児

海の唄山の唄乗せ避暑列車/山田弘子

狐火やしんと越野の遠列車/斎藤由美

朝霧をつんざく一番列車哉/寺田寅彦

漆黒の列車は北へ直哉の忌/櫂未知子

春暁の一番列車いつも貨車/松本えいじ

「燕」てふ列車走れり燕の世/高澤良一

俳句例:41句目~

柿を呼ぶうしろの方の列車哉/正岡子規

母恋の列車のりつぎ秋の雲/古川喜代子

漁港過ぐ寒月列車と同じ速さ/川村紫陽

なれそめは帰省列車の手弁当/細谷定行

灯をかざし着く北国の初列車/柏原木塵

終戦忌海をさへぎり列車過ぐ/杉江茂義

遊牧のごとし十二輛編成列車/金子兜太

鈍行の列車しんかん行々子/平井さち子

霧さむく列車一途に北へ北へ/岸風三楼

青竹をつみし列車や今朝の冬/西山泊雲

京へ発つ一番列車春シヨール/秋山雅子

列車出しあとの雪掻き駅員等/高浜年尾

列車待つ人みな無口雪時雨/長久保恵美

初旅の列車といふも一輛車/松倉ゆずる

地吹雪を木曽の尻振列車かな/後藤綾子

地吹雪を越後路列車突き進む/杉谷悦子

夜田刈に闇が流るる灯の列車/橋本榮治

大時計重厚大陸横断列車発つ/伊丹公子

家まづしおゝ煌々と夜の列車/細谷源二

御召列車過ぐ夏桑に巡査立ち/館岡沙緻

俳句例:61句目~

撫子をゆりて因幡へゆく列車/山崎一枝

日盛りをゆく木造りの列車かな/仁平勝

はまなすの駅に列車を切り離す/岩崎照子

花冷えの坊ちゃん列車待機せる/高澤良一

曼珠沙華逃るるごとく野の列車/巌谷小波

雪しまき列車は一人のみ吐きぬ/櫂未知子

鉄くさし雪への列車ホーム離れ/大井雅人

兵の列車西日の方に既に消ゆ/文挟夫佐恵

砲積める列車の兵の夫なりき/文挟夫佐恵

春の夜の暗黒列車子がまたたく/西東三鬼

めかくしして春夕焼の鈍行列車/長谷/岳

スキー列車あさき睡を歪み寝る/石田波郷

列車すっ飛ぶ暗き尾灯の年終わる/穴井太

枯葦に火をつけしとき列車過ぐ/松村蒼石

暖炉列車/津軽まるごと暖める/野宮素外

麦秋列車ときおり胡弓音流れ/諸角せつ子

但馬路は卯の花くだし夕列車/深川正一郎

汽笛涼し川も列車も急カーブ/松室美千代

汽罎焚きて蜜柑列車を先導す/佐野まもる

夜長を来し列車たやすく切離す/津田清子

俳句例:81句目~

全車輛全スキー揺れスキー列車/山口誓子

海底を行く列車あり枇杷の花/高野ムツオ

軍用列車/わか盛装の帯かたく/藤木清子

スキー列車ぬくき寒暖計読まれ/岸風三楼

春の鹿列車を止めてしまひけり/今井妙子

青芦原列車から手を出している/永末恵子

風の声火の声ストーブ列車発つ/成田千空

スキー列車月蝕の野を曲るなく/石田波郷

夢充つる帰省列車にかゞみ寝る/能村登四郎

女の咳を乗せて一〇三列車発つ/田川飛旅子

夜の列車銀河の曲を航くごとし/片山由美子

寒夜日本軍用列車にながく堰かれ/古沢太穂

葉桜が手に触れさうに列車くる/池田賀代子

西行きの列車がら空きクリスマス/右城暮石

大雪のスキー列車の夜を寝ねず/水原秋桜子

銀河トレィン始発の列車秋乗せて/伊藤スミ

降りてくるはずなき父の日の列車/紅林照代

万緑のトロッコ列車児を寝かす/日永田義治

霙るるや暁の列車を切りはなす/斎藤佳代子

暮れてつく荷物列車に時雨れけり/内田百間

タイトルとURLをコピーしました