竹久夢二を使用した俳句

竹久夢二に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

竹久夢二を含む俳句例

秋闌けし夢二館の月見草/加藤耕子

秋草のどれも頸長夢二の忌/安住敦

螢袋夢二の面長乙女めき/高澤良一

新年の千のひとみの夢二展/辻蕗村

秋の蚊や夢二の描く美人像/押本京子

竜胆や瞳の蒼き夢二の画/鈴木むつ子

遠く来て夢二生家の黒揚羽/坪内稔典

六月の細き雨降る夢二展/竹鼻瑠璃男

凌霄花後ろの正面夢二かな/内田美紗

娘にも俳句作らせ夢二の忌/鈴木鷹夫

小海線松虫草も夢二の忌/文挟夫佐恵

夢二つ彼方に運ぶ野分かな/今泉貞鳳

夢二の椿夢二の夕日漂う町/伊丹公子

雪の街夢二が描きて暖かし/富沢宣子

抱けば撓う夢二の女秋海棠/橋爪鶴麿

夢二忌の画集と詩集並べたる/小峰俊之

夢二忌や白雲尽くる時もなし/安成三郎

夾竹桃夢二の甃の坂いまも/千代田葛彦

白靴にはきかへて行く夢二展/今岡直孝

花芒抱いて夢二の絵となりぬ/山田弘子

俳句例:21句目~

振り返る夢二の少女柳絮飛ぶ/伊藤雅子

萩咲いて絵が満つ夢二記念館/鈴木穀雨

青松虫鳴く山荘も夢二遺居/松田百合子

行く秋や夢二の墓に一升瓶/寺島ただし

かたつむり夢二生家は草匂ふ/鳥越やすこ

口紅をかへて出かけて夢二の忌/福場朋子

夏帽子夢二のいろとおもひけり/西山芳子

夢二展出でて日傘を回しけり/升田/義次

夢二忌の銀座に最中買ひてをり/細谷喨々

月見草夢二生家と知られけり/文挾夫佐恵

春光や夢二のうなじほのあかき/福元敦子

春の山肩なだらかに夢二の郷/八牧美喜子

母召され残る手毬と夢二の絵/片寄みづえ

花からたち岳父に夢二の切抜帳/小池文子

茘枝の実はじけて夢二生家かな/河野照子

蘆花夢二のぼりし磴の日傘かな/川浦正子

潮鳴りの芭蕉玉解く夢二の碑/小枝秀穂女

ぽつぺんを吹けば夢二の女に似/大森扶起子

コスモスの残花ひなひな夢二の家/塚原雨潮

山雀よ主義者夢二を呼んでいる/松田ひろむ

俳句例:41句目~

繭玉のしだれて触るる夢二の絵/芝山喜久子

菓子つつむ伊勢千代紙や夢二の忌/稲垣富子

猫は寝てばかり夢二の忌なりけり/牧野暁行

雪をんな佇ちたるあとか夢二の碑/椎橋清翠

茂次郎もお江戸ぢや夢二亀鳴けり/内田美紗

タイトルとURLをコピーしました