下山を使用した俳句

下山に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

下山を含む俳句例

実葛青年海を見て下山/蓮田双川

山形へ下山途中の夏薊/高澤良一

銀杏踏で静に兒の下山哉/蕪村遺稿

三黙の行了へ下山爽やかに/小林牧羊

下山して堅田泊りや後の月/三沢久子

迎火のとろりと浮ぶ下山口/飯田龍太

秋天下山落ちきつて太る水/宇佐美目

雪焼の顔を揃へて下山せし/宮中千秋

鶯や雨となりたる下山路/五十嵐播水

郭公や下山の頭ふつと消え/綾部仁喜

八方尾根下山がたがた蝶番/高澤良一

遠雷が一つ鳴りゐて下山道/高澤良一

蜩や下山の僧に追ひつけず/朝倉天易

下山して西湖の舟に富士道者/飯田蛇笏

下山する釣鐘草の早や萎れ/片山那智児

額の花下山の靴の紐締むる/金田野歩女

下山僧に露の深さを思ひけり/島田青峰

啄木鳥や下山急かるゝ横川寺/森定南楽

御しのびの下山や萩のから衣/高井几董

暁の霧しづかに神の下山かな/黒柳召波

俳句例:21句目~

銀杏踏んでしづかに児の下山かな/蕪村

百合折るや下山の袖に月白き/飯田蛇笏

蕗を負ふ母娘の下山夜鷹鳴く/皆吉爽雨

着かさねて箱根を下山遅さくら/皆吉爽雨

花辛夷尼の下山とすれちがふ/鳥居美智子

暗闇の下山くちびるをぶ厚くし/金子兜太

大いなる富士の影踏み下山せり/村上美枝

列固く組めり下山のスキー隊/望月たかし

乗鞍の黄葉にスリップして下山/高澤良一

下山一気夏雲はいま触れきし霧/荒井正隆

鞍壷に摩耶昆布かけて下山かな/倉田萩郎

火山灰つむじ先だつ下山秋の風/皆吉爽雨

覗き込む下山路霧を背にしたり/高澤良一

下山の蟻掲ぐる獲物はずみはずみ/香西照雄

火を焚いて下山に似たる別れかな/萩原麦草

杉の間のひぐらし下山の息ほどに/桜井博道

下山の荷サロンに積まれ汗匂ふ/廣瀬/遊星

鳴きかはす鵺に急かるる下山かな/根岸善雄

下山者に杖譲られて著莪の花/堀八郎「草矢」

独活の実の露あるが降る下山かな/飛鳥田れい無公

俳句例:41句目~

立山の虹くぐり来し下山かな/宇都木水晶花「蓑虫」

タイトルとURLをコピーしました