面輪を使用した俳句

面輪に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

面輪を含む俳句例

一菩薩面輪昇天春深し/橋本鶏二

冬霞人の面輪を上品に/星野立子

雨を見る白き面輪や青簾/日野草城

春愁に堪ふる面輪に灯りけり/草城

足許に春眠の子の面輪かな/上野泰

母に似て細き面輪や秋袷/三橋鷹女

異腹の子等の面輪や蛍籠/西島麦南

滝浴みし古人の面輪かくれなし/原裕

愁ひなき流し雛の面輪かな/下村梅子

卒業の一人々々の面輪かな/清崎敏郎

花桃の中より孫の面輪かな/高澤良一

秋蝶の脂粉のはげし面輪かな/上野泰

それ~の夏を送りし面輪かな/高木晴子

村の子の面輪似通ふ開帳寺/大野世思子

夜桜に浮びて消えし面輪かな/下村梅子

滝行の面輪をかくすおどろ髪/柴田豊子

火の中に藁しべ母の面輪過ぐ/栗林千津

篝火に鵜匠の面輪静かなる/高橋淡路女

やはらぎし面輪砧の槌を置く/後藤夜半

やゝ焦げし面輪に笠や祭人/大橋櫻坡子

俳句例:21句目~

角巻が匿す面輪や眼は佐渡人/石川桂郎

遠きほど面輪は白し春田打/神尾久美子

青年医師面輪きりりと医務始/筒井源枝

冬椿かなしき面輪夫が継ぐ/石田あき子

冴返る面輪を薄く化粧ひけり/日野草城

鳩を飼ふ面輪寡黙の春の日に/石原八束

日光月光面輪通ひて初日中/中村草田男

どこも見てゐず菊人形の白面輪/関戸靖子

のぞきこむ父の面輪や暑気中り/石田波郷

もの知りの長き面輪に秋立ちぬ/高浜虚子

よみがへるをみなの面輪初灯明/高澤良一

宵鉾の稚児うつとりと面輪かな/野村泊月

秋草もひとの面輪もうちそよぎ/木下夕爾

大人びし面輪に夜のひひなかな/福神規子

藤波に面輪かげりぬをゆびまた/石原八束

山茱萸や有馬皇子の面輪だち/ふけとしこ

みな違ふ羅漢の面輪冬に入る/清水みさ江

門火焚く父母より友の面輪かな/石川桂郎

鱸に出て面輪めでたき遍路たち/木津柳芽

遠つ世の面輪かしこし木彫雛/水原秋桜子

俳句例:41句目~

なほ出づる嚏を待てる面輪かな/山口波津女

ふりかへる面輪やさしき遍路かな/高濱年尾

子の面輪うすれてかなし門火焚く/出羽里石

秋風を浮べし面輪濃かりけり/阿部みどり女

雛暮れて面輪もわかずなりにけり/芝不器男

死者のごと面輪をつつみ納め雛/山上樹実雄

思ひきりくしやみして浮くある面輪/山本アイ

カーネーション母の面輪は知らずとも/立花光昭

夏藤に面輪くらべの山越しよ/飯島晴子「朱田」

マリア観音面輪愁ひて枇杷青し/水原秋櫻子「残鐘」

施餓鬼幡ゆらめき流れ夕づける里道の人ら面輪ほのけき/井上光三郎

休み日の母は少女の面輪して青きリンゴをわれと食いつつ/岸上大作

タイトルとURLをコピーしました