離陸を使用した俳句

離陸に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

離陸を含む俳句例

今頃は離陸するころ桐の花/星野椿

初旅の肝に力の入る離陸/水上陽三

西行忌離陸間近の体持ち/櫂未知子

離陸後に会う既望の蒼白と/澁谷道

今まさに離陸の一機風光る/工藤克巳

星月夜空港つぎの離陸待つ/石崎素秋

離陸機の翼下湧き立つ雲の峰/塙きく

夕焼をつみ残したる離陸かな/佐川初江

秋天の微塵となつてゆく離陸/岩岡中正

離陸して日本かたむく初明り/那須淳男

離陸機の腹見せてゆく放生会/長崎島星

離陸音とぎれパイナップル畑/坂本宮尾

頬凹ませて雪の接吻離陸前/田川飛旅子

もろこしの秋晴に入る離陸かな/内田百間

ガルーダから化身の離陸機内楽/伊丹公子

月へ離陸/大阪の人を愛すなり/松本恭子

離陸機の灯をこぼしゆく望の潮/長谷川翠

離陸機の音の広がりなずな摘む/中村貞子

離陸機の鱶のやうなる胴露けし/高澤良一

きぶしの花離陸のように町現れて/遠藤秀子

俳句例:21句目~

少しの間クローバ見えてゐる離陸/稲畑汀子

離陸準備待宵雨となりにけり/久保田万太郎

離陸せぬうちに眠れりクリスマス/夏井いつき

離陸の手振れば毛皮の毛の飛ぶも/赤松けい子

離陸機のゆくて聖夜のニユーヨーク/大島民郎

大残暑ジャンボ機離陸を不思議とせず/北野民夫

女子部員に囲まれハングライダーの離陸/青木貞雄

タイトルとURLをコピーしました