暮色を使用した俳句

俳句例:101句目~

いかるがの暮色連翹のみ昏れず/和田悟朗

食ふために考へる河幅の暮色/林田紀音夫

いかるがの暮色連翹のみ昏れず/和田悟朗

のこりゐる海の暮色と草いきれ/木下夕爾

黄泉よりの熊野の暮色走馬燈/町田しげき

葱洗ふすでに暮色の手もとかな/清水美恵

春めくといへば暮色も春めきて/相生垣瓜人

芦火澄み暮色は山根より湧けり/小松崎爽青

藤灯りぬ暮色月下を歩み去る/長谷川零余子

洗ひたる障子ばかりの暮色かな/五所平之助

大綿虫を揚げおだやかに暮色あり/山口青邨

青柿に子盗ろの暮色下りてくる/佐野まもる

妻と雪嶺暮色に奪われまいと白し/細谷源二

櫨紅葉熔岩原わづかなれど暮色/加倉井秋を

冷す牛暮色に耐へず啼くなめり/篠田悌二郎

青葉木菟鳴いて山ノ手暮色かな/深川正一郎

甘藷を掘ることを暮色の中に止む/山口誓子

松過ぎの天より垂るる暮色かな/櫛原希伊子

白菊といへど暮色をまとひたる/新井ひろし

花擬宝珠暮色とゞまりをりにけり/星野立子

俳句例:121句目~

暮色来て咲くとは見えず藺田青し/大島民郎

雪ちらつく暮色のふかきところより/三谷昭

きつつきのひとこゑ森の暮色呼ぶ/大島民郎

氷上渡る一人と見れば暮色かな/楠目橙黄子

からすからす保母のてのひら青暮色/松田進

綿虫といへど堪へゐる暮色かな/小島千架子

拭きて掃きてのこる一日の菊暮色/古賀まり子

帯をさらに暮色が巻けり刈田なか/長谷川秋子

螻蛄鳴いて木曽路の暮色地より涌く/原与志樹

あいつも一生砂利採暮色に火を點し/細谷源二

むらさきは須臾に暮色へ桔梗の芽/篠田悌二郎

花ゆすら白し暮色をうべなはず/竹下しづの女

ひとり独楽まはす暮色の芯にゐて/上田五千石

河とおなじ暮色まとへる汝を愛す/林田紀音夫

羽子の白いまだ暮色にまぎれず突く/野沢節子

麦踏にさつと移りし暮色かな/吉武月二郎句集

野火消えてたゞの暮色となりにけり/石井とし夫

落穂さながら辞書に拾ふ語暮色まみれ/宮津昭彦

時計をとめろこのあの止らぬ時計の暮色/高柳重信

花の暮色ぼさりとかぶる温るみかな/飛鳥田れい無公

タイトルとURLをコピーしました