ほろほろを使用した俳句

ほろほろに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ほろほろを含む俳句例

永き日や嬉し涙がほろほろと/一茶

ほろほろと袴綻ぶ春の風/正岡子規

崖土ほろほろ菫ぬいてる/北原白秋

木犀のほろほろ金の雨雫/佐藤礼子

旃檀のほろほろ落る二月哉/正岡子規

ほろほろと露の玉ちる夕哉/正岡子規

絶壁のほろほろ落つる汐干かな/普羅

茸山の蛾のほろほろと月の前/上村占

青籬の霜ほろほろと初雀/松本たかし

正装を騙してほろほろ朝焼へ/須藤徹

月光ほろほろ風鈴に戯れ/荻原井泉水

春愁のほろほろ鳥は人につく/原和子

道よぎるほろほろ鳥の懐手/堀口星眠

ほろほろと雨吹きこむや青簾/正岡子規

ほろほろと龍の涙やネハン像/正岡子規

ほろほろ酔うて木の葉降る/種田山頭火

ほろほろとむかご落ちけり秋の雨/一茶

ほろほろ鳥啄み啄み霧となる/小池文子

ほろほろ鳥駈け風花を一と煽り/岸田稚

尼が居は花ほろほろと山帰来/横田昭子

俳句例:21句目~

短夜やほろほろもゆる馬の骨/正岡子規

塩鯛の塩ほろほろと時雨かな/正岡子規

風ほろほろ木の根噛んだ墓だ/松本恭子

蓼の花に雨ほろほろと獺祭忌/田中冬二

南天の花ほろほろと月に散る/井上論天

陶枕や琉球駄菓子ほろほろと/村沢夏風

ほろほろと朝雨こぼす土用哉/正岡子規

ほろほろと朝霜もゆる落葉哉/正岡子規

風吹てちるやほろほろ稻光り/正岡子規

ほろほろと椿こぼるゝ彼岸哉/正岡子規

ほろほろと樫の落葉や山凄し/正岡子規

ほろほろと欠ける岨ありきじの声/蓼太

ほろほろと袴きれたり小松曳/正岡子規

薺爪ほろほろ一人にも慣れて/角川照子

ほろほろと炎立てゝは残る虫/川崎展宏

醜草の絮ほろほろと波に落つ/加藤楸邨

耳垢がほろほろと燃え春の星/坪内稔典

蕎麦の花蟹田の墓のほろほろと/堺信子

ほろほろと山吹ちるか瀧の音/松尾芭蕉

熊笹に蛾のほろほろとたつ日暮/福田蓼汀

俳句例:41句目~

生きがたし金絲の身をほろほろと/辻桃子

簪の揺れほろほろと軛の童女/林田紀音夫

こよろぎの浜はほろほろ虎ケ雨/下村梅子

花あしびほろほろゆりて風すぐる/瀧春一

ふるさとの酔ほろほろと初渡舟/宇咲冬男

苗代ぐみほろほろ渋し皇子偲ぶ/大橋敦子

蕗のたうほろほろすがし利休箸/伊丹丈蘭

蕗食むやほろほろ苦き少年期/中山南潮子

蛙子のほろほろかへす汀かな/阿波野青畝

蝶小さほろほろ萩にまつはれる/川崎展宏

郭公やほろほろと鳴る時計欲し/細谷源二

野兎の糞ほろほろと野焼あと/上野さち子

ほろほろとひとりこぼるゝ桜哉/正岡子規

鍋の火のほろほろ立てり草紅葉/古舘曹人

雨ほろほろ小橋落ち簗崩れたり/正岡子規

ほろほろと生きる九月の甘納豆/坪内稔典

露ほろほろ秋海棠のゆれにけり/正岡子規

ほろほろと墨のくづるゝ五月哉/正岡子規

ほろほろと山鳩鳴きて梅雨兆す/黒木睦子

ほろほろと朝露はらふ雉子かな/肖柏法師

俳句例:61句目~

ほろほろと水鶏の月のこぼれ雨/山本杜城

ほろほろと泣き合ふ尼や山葵漬/高濱虚子

ほろほろと石にこぼれぬ萩の露/正岡子規

ほろほろと石に日の射す冬至かな/有働亨

ほろほろと秋風こぼす萩がもと/黒柳召波

ほろほろと露になりけり雨の萩/正岡子規

みづむしの足ほろほろと祭かな/藤田湘子

初映画ほろほろ泣けて恥かしや/富安風生

地言葉のほろほろ新酒香りけり/東谷満也

夕焼や生毛ほろほろ吹かれゐて/仙田洋子

子を産んで手首ほろほろ夏兆す/鎌倉佐弓

肉垂れを振つてほろほろ鳥の秋/川崎展宏

新酒酌むをちの鶏鳴ほろほろと/橋本榮治

木斛の花ほろほろとくもりけり/光木正之

杉の実のほろほろ墓に詣でむか/増成栗人

涙ほろほろ春の夜は訳もなく/播磨てるみ

かげろふやほろほろ落つる岸の砂/服部土芳

春昼のほろほろと泣くメリケン粉/坪内稔典

亡き祖母のこゑほろほろと籠枕/古賀まり子

ひとときをほろほろ笑ひ大根焚/山上樹実雄

俳句例:81句目~

ほろと雨ほろほろと山ざくらかな/山田弘子

ほろほろとあがる蝶あり萩を刈る/植田浜子

ほろほろとあせびの花のちる春か/室生犀星

ほろほろとしほがまこぼる夏茶碗/草間時彦

武蔵野の夜更けほろほろ麦こがし/江口綾子

ほろほろとにがき脂まで秋刀食ふ/石塚友二

ほろほろとぬかごこぼるゝ垣根哉/正岡子規

ほろほろと病葉の散る日なりけり/宇田松琴

木々涵したる春の空ほろほろ鳥/千代田葛彦

ほろほろと人消えてゆくむかご飯/中島/昂

ほろほろと人いるよ雲追つたりす/阿部完市

島抜けの秘史ほろほろと雉の声/宮本よしえ

雉子鳴く嵯峨野の奥や雨ほろほろ/正岡子規

雨ほろほろあとのあつさよ砂河原/正岡子規

受難節ほろほろははな散り初めし/吉本信子

火焔ビン擲げられ山茶花ほろほろ/浅原六朗

担はれて枝の桜がほろほろ泣く/長谷川秋子

父の忌の凍土木よりほろほろ落つ/加藤楸邨

零余子づる引けばほろほろ風の音/中野万里

杭の蜷ほろほろ落つる夕日かな/松本たかし

タイトルとURLをコピーしました