櫂を使用した俳句

櫂に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

櫂を含む俳句例

舟遊真珠筏に櫂休め/山田弘子

寂滅の櫂のしづくぞ袖の露/惟中

櫂雫光りて花藻見失ふ/山田弘子

鳥眠る沼の朧を櫂の音/佐野美智

海神に捧ぐる櫂や初詣/北山新樹

芦の角少年櫂を操れり/松藤夏山

洗はれて櫓櫂細身や注連飾/林火

梅林の内にて遠き櫂光る/齋藤玄

群青の海に櫂漕ぐ冬の夢/妹尾健

磯鵯キラリ君の櫂の雫よ/阿保恭子

櫂の音洲の音春の洗ひ髪/栗林千津

摺り減りし一番櫂や寒造/西本一都

父が残せし櫂も白木に冬鴎/中拓夫

料峭や少年の漕ぐ櫂赤し/松村多美

衣被遠ざかりゆく櫂の音/原田青児

行春や釉薬を練る太き櫂/西本一都

上汐や短き櫂の貸ボート/中村汀女

葭切や夕映を曳く櫂の波/橋本榮治

湖心にて銀河に近む櫂の音/大串章

冬ざれや櫂一枚の湖の舟/綾部仁喜

俳句例:21句目~

寒造り櫂挿す男盛りかな/杜あとむ

紅梅や空の深きに櫂の音/久保純夫

櫂そろふ一艇を抜き朝燕/荒井正隆

初筏あやつる櫂の荒削り/小林広子

朝の櫂昼乾きゐて鴨渡る/野澤節子

簷の櫂の醪を嘗めに寒雀/西山泊雲

競漕や母校の色の櫂の先/藤原駿二

渡し舟昔ながらの櫂涼し/小早健介

秋晴や湖渡り来る櫂の音/丹羽啓子

夕凪やとぶ鯔とわが櫂の音と/柳芽

歌帖あり月夜の海に櫂流れ/徳弘純

細櫂の撞木でわくる柳哉/幸田露伴

大樽に伊耶那伎の櫂寒造/西村和子

紅蓮天上をいま櫂の音/九鬼あきゑ

舞初や舟長櫂をたかだかと/高橋千草

葡萄垂れ天上をゆく強き櫂/飯島晴子

鞘はめて昼かわく櫂鰯雲/中戸川朝人

打つ櫂に鱸はねたり淵の色/宝井其角

担がれて櫂の長さよ秋の暮/遠山陽子

散る花も櫂の雫も眩しかり/山田弘子

俳句例:41句目~

春立つや醪に櫂の夢うつつ/宮坂静生

春蚕飼う姉に吉野の櫂の音/大西健司

望月の海を離るる櫂の音/野田口あや

櫂かつぎ風除垣を出で来る/岡安迷子

櫂のごと月光に濡れ青芭蕉/伊藤宏晃

若者には若き死神花石櫂/中村草田男

櫂朽ちて水引草の花塗れ/古賀まり子

櫂泥棒に人寄る浦や露の秋/清原枴童

一月の海や見えざる櫂の音/野路斉子

一月の産湯や艪櫂横たわり/中島斌雄

佃祭艪櫂の力子は持たず/米沢吾亦紅

六丁の櫂したゝるや春の水/正岡子規

櫂飛沫上げ競漕の遠ざかる/川田朴子

水枕に櫂の音ある緑夜かな/大島雄作

初戎櫓櫂を雪にねむらせて/中村翠湖

千鳥とび櫂揚げて舟荒瀬過ぐ/久保武

波いなす櫂は左手に海鼠つき/清田根

海人の櫂もてば鳴る春の潮/堀口星眠

漕艇の櫂揃ひ立つ雲の峰/大矢美代子

潮痩の櫂干されゐる秋日和/山田慶子

俳句例:61句目~

濡れし櫂真菰なでゆき深む秋/桂信子

秋燕や艇庫に朽ちて父の櫂/齋藤愼爾

競漕の余力の櫂に風ひかる/中村翠湖

簷に干す醪の櫂に初日かな/西山泊雲

翼なきものには櫂を春立てり/原和子

腹当のねぢれて舟子櫂とれる/森田峠

妻癒えてメロンの舟に匙の櫂/本宮鼎三

少年が櫂かつぎ来る端午かな/矢野澗水

潮ざれの坂を櫂とし神の留守/斎藤梅子

水逃げてボートの櫂の先赤し/館岡沙緻

櫂入れて金輪際にとどく見ゆ/後藤夜半

どぶろく祭新の檜の櫂使ひ/中戸川朝人

埋れ木の波待つ姿鳥ぐもり/櫂/ふづき

はつなつの櫂と思ひし腕かな/田中亜美

白菜を洗ふ双手は櫂の冷え/大木あまり

櫂あらば冬青空へ漕ぎ出でむ/嶋田麻紀

櫂をもて荷ひ運びの鵜籠かな/松藤夏山

空蝉の背よりぬけゆく櫂の音/井坂景秋

夜光虫ゆるやかにひく櫂の音/高瀬哲夫

水無月の当て無き櫂の雫かな/池田澄子

俳句例:81句目~

或る櫂は海から空へ漕ぎ出でぬ/徳弘純

櫂入れの唄が変つて伊勢参り/高浜年尾

櫂つかふ如くにしづか落葉掻/依光陽子

紅梅にすこし離れて櫂/錨/冨田みのる

櫂が櫓に代はりて淀の星月夜/藤村克明

繋舟の櫂に触れたる藻刈かな/中島慧子

海人の子や櫂もはづして夕涼/正岡子規

舟の中ことに春意の櫂一つ/大岳水一路

東風の波切つて八つの櫂揃ふ/奥田麦穂

鶏頭のつゆとしづまる櫂雫/中戸川朝人

櫂入れて沼はつぶやく秋の風/木村蕪城

草長けて朽ちゆく櫂や登高す/中桐晶子

荒櫂やあらうみを漕ぐ力もて/高橋睦郎

春潮にたとひ艪櫂は重くとも/高浜虚子

薄減りの櫂をになへり土用波/平畑静塔

貝寄や櫂を上げたる水夫二人/飯田蛇笏

長き夜や江差踊は櫂つかふ/大西八洲雄

櫂みのりゆつくり曇る山の国/広瀬直人

数珠玉や川にむかしの櫂の音/岡島雅子

櫂ひとつ置かれて月の涼しかり/浦川聡子

タイトルとURLをコピーしました