両手/両の手を使用した俳句

両手/両の手に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

両手/両の手を含む俳句例

愛らしく両手の迹の残る雪/一茶

両の手は翼のなごり青嵐/掛井広通

油蝉死せり夕日へ両手つき/岡本眸

梅寒し両手で運ぶ魔法瓶/藺草慶子

蝮取両手に指の形なき/瀧澤伊代次

蓮掘の終の姿は両手つき/今瀬剛一

舷に両手泳がせ海雲採り/野村五松

鶏を追ふ両手の長さ十二月/角光雄

両手で顔被う朧月去りぬ/金子兜太

胸さぐる両手小き布団かな/森鴎外

立冬の女生きいき両手に荷/岡本眸

合せたる両手の中の初景色/北光星

山の子が両手に握る初蕨/横尾孝子

片手から両手にもらひ桜貝/中西夕紀

石鹸玉掬ふ両手が壊れさう/野中亮介

老斑の両手の温み涅槃の会/福井光仙

厄除けの香煙両手に戴きて/高久フミ

船の揺れ両手にささへゐて秋思/占/

唐辛子両手にうけて立話/相生垣秋津

芸なしは両手を膝に新年会/米田節子

俳句例:21句目~

草虱両手で取るもまだ残る/玉村潤子

両手もて孫の扇げる団扇風/高澤良一

夕立やワニ園のワニ両手つく/開高斉

蓮掘のつひの姿は両手つき/今瀬剛一

薫風や両手翼に子ら駈ける/甘田正翠

蚋払ふ代る代るに両手もて/近藤卯一

蜷を陽にかざせば両手稚きかな/林桂

道問へば冬耕両手耳にせる/仁尾正文

両膝に両手を正し素十の忌/倉田絋文

雪玉を両手に合戦合図待つ/瀬上雅和

氷網に両手絡まる末路かな/塚本邦雄

摘草の両手に余り午砲鳴る/中田たみ

暑し都両手で叩く甕の胴/宇多喜代子

一粒も欠けぬ万両手毬唄/大峯あきら

一茎を両手で押へ糸とんぼ/高澤良一

正月の空を両手に余しけり/川島/昇

歳晩の芥両手に弥次郎兵衛/嶋崎専城

両岸に両手かけたり春の暮/永田耕衣

わが膝の手錠両手に鳴く秋蝉/橋本夢道

両の手をやはらげてゐる花辛夷/橋本登

俳句例:41句目~

包むとき両手をこぼれ白き息/稲畑汀子

手袋の両手で犬の背をおさへ/川崎展宏

除隊兵両手の提げた角な包み/喜谷六花

厄人形両手上げても雪詮なし/太田土男

海辺の町両手をひろげ冬が来る/岡本眸

おにぎりに両手を使う秋の昼/永末恵子

さも貞淑さうに両手に胼出来ぬ/岡本眸

闇深く両手に余ることばかり/金山桜子

間引菜を両手に受ける出入口/川崎展宏

ひんやりと両手に応へ今年米/若井新一

幼な子の両手で受ける花吹雪/片岡信代

貰ふとき柚子に両手の平まるめ/檜紀代

美術館冬両手拡げて能衣裳/山田みづえ

待宵の湯呑をつつむ両手かな/高澤良一

ストックを両手に抱く浜の風/石綿久子

蝌蚪の紐両手に掬ひ余らせし/茨木和生

恋雀マリアは両手ひろげ立つ/朝倉和江

菱とりの水掻く両手袖のなく/後藤夜半

暗闇の子猫両手につつめば肉/長島武治

両岸に両手かけたり日向ぼこ/斎藤愼爾

俳句例:61句目~

両手あげて母と溺るる春の川/八田木枯

星苗饗や両手ささげて僧に酌/橋本鶏二

花吹雪く度に両手をひらく人/高澤良一

大さわぎ書生両手て蚤おさへ/正岡子規

泣初の両手握つてやりにけり/山西雅子

花の苗両手に抱いて妻小さし/清水忠雄

悴んでをりし両手を預かる手/黒川悦子

両手ひろげ空の長さをはかる春/皆吉司

愛憐のまつたき両手藁焚火/河野多希女

春を待つ両手に袋提げてゐて/内川伝夫

着ぶくれの手足短く両手に荷/嶋田麻紀

春の蚊を打ちて両手を驚かす/鷹羽狩行

両手挙げて人間美し野の投降/金子兜太

両手挙げ孫の五六歩冬うらら/鈴木千栄

乗り上げし亀の両手に秋の風/高澤良一

寒玉子一つ両手にうけしかな/久米三汀

入れものがない両手で受ける/尾崎放哉

冬ざれや両手につつむ旅の顔/草間時彦

寒紅梅飢じくなれば両手出す/大野龍児

涼しさや両手になでる雪の鬚/正岡子規

俳句例:81句目~

機械油の両手に匂ふ夜食かな/榎本城生

青萱のところ両手を上げ通る/森田公司

餅の湯気両手にのこり初紅葉/姉崎蕗子

香煙を両手でかぶる受験の子/栗山妙子

駈ける子の両手は翼大夏野/新渡戸流木

両手づかひに数珠玉の光選ぶ/上田日差子

両手には小春日といふ深空あり/仲井芳美

両手に提げたバケツの空らな/河東碧梧桐

似て非なる両手のうごき天高し/藤田湘子

初笑い母は両手をひらひらと/小川久美子

墜ちてゆく形に両手あがるなり/福田葉子

夏霧に暗き両手となりゐたる/櫛原希伊子

大根を買って両手に荷をあます/野木桃花

弥陀の慈悲両手あげ説く十夜僧/河野静雲

旅に居て両手のべたる焚火かな/萩原麦草

両の手をもて余しゐる遅日かな/柿本多映

田草取立てば両手を外にひろげ/加藤憲曠

知らぬ間に両手を合す空海忌/栗田希代子

縦横にこがらし遊ぶ両手かな/河原枇杷男

十二月八日新聞両手もてひらく/前田典子

タイトルとURLをコピーしました