月下を使用した俳句

俳句例:101句目~

とどまらず行かず月下の早瀬波/堀口星眠

月下にてもの影うごく散もみぢ/松村蒼石

ひとところ月下凍れり雁のこゑ/水原春郎

みちのくの月下の豆腐氷りけり/鈴木玉斗

月下にて杖抱けば影泣きをらむ/木村風師

スケートや月下に霞む一人あり/鈴木花蓑

月下にて山田の案山子隙だらけ/高澤良一

仮装して月下異邦の輪に入りぬ/対馬康子

共稼ぎよその流しはすでに月下/香西照雄

霜くすべ月下はろかの桑園も/長谷川素逝

藁塚が青き月下にぬくもれり/佐野まもる

寒月下影のがれたきわが生身/櫛原希伊子

工区月下遠くただしく鉄打つ音/古沢太穂

松風や人は月下に松露を掘る/芥川龍之介

還るべし月下の海を恋いわたり/寺井谷子

海があるらしき月下へゆきし蝶/佐藤鬼房

春月下医家へかよひの杖ほそく/森川暁水

産院や月下のいてふ降りやまず/城下洋二

月下なる青きつららに鶴の村/赤松けい子

自負と寛容月下の鯉の遊泳に/磯貝碧蹄館

俳句例:121句目~

わが影の外に月下のケルンあり/岡田貞峰

少女恋ふ碧きものみな月の下/磯貝碧蹄館

西施乗せ月下に白き帆を張りぬ/有馬朗人

月の下指話をしてゐる二人かな/鈴木貞雄

燈が入りて越後屋伊勢屋月の下/斉藤夏風

浜木綿の月下にあるは香の高き/大橋敦子

葉のかげも葡萄のかげも月の下/前田普羅

月下なる青くわりんより青脱けて/高澤良一

菜殻火の燃ゆるにまかす月下にて/内藤吐天

母の忌や月下死なうとしましたね/後藤綾子

藤灯りぬ暮色月下を歩み去る/長谷川零余子

月下の猫ひらりと明日は寒からむ/藤田湘子

ちぬ釣るや月下の能登へ竿を振り/河北斜陽

汽車の灯が平に遠く月下を過ぐ/田川飛旅子

はくれむや蝕の月下に誰も居らず/村越化石

シベリアの月下に死ねず木の芽噛む/小田保

スコールののちの月下の大寺院/伊藤いと子

月下白萩滝浴むごとくくぐりけり/吉野義子

春の雁月下に壱岐のまぎれなし/山崎冨美子

月下の石二つ相呼びゐて触れず/鷲谷七菜子

俳句例:141句目~

月下にて一〇一号ハイウェイ霧沈む/有働亨

月下にて干潟なること明らかなり/山口誓子

漁火の月下にあるはあはれなり/五十嵐播水

あさまねを月下にくろく仰ぎけり/日夏耿之介

教会風の屋に向き月下ビールあふる/金子兜太

除々に除々に月下の俘虜として進む/平畑静塔

徐々に徐々に月下の俘虜として進む/平畑静塔

寒月下あにいもうとのやうに寝て/大木あまり

月下をば来りて花下に入りにけり/相生垣瓜人

月下の宿帳先客の名はリラダン伯爵/高柳重信

月下に全貌靴磨きまだ今日終へず/磯貝碧蹄館

地にあまたくぼみのありて月下かな/草間時彦

つゝぬけにきこゆる聲や月の下/久保田万太郎

触れざれば月下のかりん油膜もつ/小檜山繁子

送り出て月下の郁子をとりくれて/加賀谷凡秋

真直ぐ歩く月下のレール曲らぬ故/八木三日女

月下にて白骨にて着くずれ着なおし/折笠美秋

避寒宿あはれ月下となりにけり/久保田万太郎

月上がれば則ち月下の墓碑となる師よ/折笠美秋

月下の宿帳先客の名はリラダンは伯爵/高柳重信

俳句例:161句目~

鞭打たれゐて月下の蛇の鞭となるとき/高柳重信

藻をくゞつて月下の魚となりにけり/長谷川かな女

十三夜の月の下びに見いでたる萩おそろしきまでの衰へ/春日真木子

タイトルとURLをコピーしました