青む/青みを使用した俳句

青む/青みに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

青む/青みを含む俳句例

南へ南へ旅麦青む/高野素十

鱒青み旅の乙女の髪短か/原裕

垣添や猫の寝る程草青む/一茶

墓並ぶ父母妹麦青む/高野素十

初雪の青み勝なり麦の畝/孤屋

滝走り来て胸許に青む淵/原裕

石鹸玉幾畝ゆけり麦青む/秋櫻子

涼しさや八人代の田の青み/荒雀

隠国へきぬ三千の青む峯/杉本寛

鶯や細き畑の菜の青み/井上井月

柿青む畑の中の初一念/古舘曹人

大学の孕雀に木木青む/下村槐太

其底に何草青む春の水/正岡子規

草青む未来駅行き縄電車/寺内佶

横柄な遠野鴉に畦青む/高澤良一

埋没の石獅子の首麦青む/日原傳

麦青む信濃いづくも水走り/澄雄

弟てふ遠き男よ麦青む/辻美奈子

麦青む畝の果なる遠筑波/森初江

春雨や何々青む花の草/正岡子規

俳句例:21句目~

百姓の血筋の吾に麦青む/高野素十

雨の字は雨粒四つ草青む/木田千女

竹植て嬉しき窓の青み哉/正岡子規

鉄橋の裾からあふれ青む草/中田剛

畦青み雪嶺しざり秩父別/高澤良一

制服の手足長き子麦青む/武内英子

道北の残雪退いて里青む/高澤良一

青む芝少年少女影と馳す/日野草城

吉良の里塩田跡に麦青む/生川靖子

坐して老ゆ畳師島の麦青み/大串章

噴水の力ゆるめばやや青む/岡本眸

石斧の憩ひ六月の沼青む/佐野美智

うにの棘青む海底に迄夕焼/杉本寛

音立てぬ虫ゐて青む夜の畳/桂信子

天離る穂の国原や麦青み/太田鴻村

大空へ手話の宣誓草青む/指澤紀子

太陽の抓み出したる草青む/湯川雅

芝青む朝の鞦韆雨に濡る/西島麦南

青む畦平均台のごと歩く/高崎和音

幾籠か青梅が入り家青む/矢島渚男

俳句例:41句目~

羊蹄山牛の乳揺れ大豆青む/轟/俊

粗織りの足利銘仙麦青む/石井大泉

草青む白馬の少女対岸に/藤井一俊

怨霊の隼人の塚の草青む/下村梅子

黄落の谷を器と湖青む/鳥居おさむ

わが知らぬわが持時間芝青む/林翔

芹青む新婚の居の川に沿ひ/杉本寛

底見えて何草青む春の水/正岡子規

風早は風強き地よ麦青む/稲畑汀子

七草の一つが青む庭の隅/谷口雅子

暁よりの筑波颪に草青む/西脇修吉

朝焼の波足もとに来て青む/三谷昭

牛青むまで草青む地平線/田中徹男

松蘿青む雫や雪解風/菅原師竹句集

風わたる天地の間麦青む/市堀玉宗

野生馬の肌あらあらと草青む/一民江

雨ぐせに桑の芽青む祭あと/野澤節子

鳰の声さざ波となり蘆青む/石田厚子

このあたり昔は浜辺芝青む/稲畑汀子

山畑に青み残して冬がまへ/向井去来

俳句例:61句目~

山里や雪間を急ぐ菜の青み/井上井月

春日野は青み勝なり春の雪/正岡子規

楢青み蔵王に縋る斑雪見ゆ/小林康治

水底のいよいよ青み源五郎/加古宗也

まづ青む彼岸桜のつぼみ哉/正岡子規

草青み青み月斗忌近づき来/江口喜一

丸刈りの新羅古墳や草青む/高久清美

五月雨や流しに青む苔の花/正岡子規

児を預け教師に徹す草青む/伊東宏晃

初蝶の触れゆく先の草青む/野沢節子

千枚田海への階となり青む/千田一路

山の名はただ向山や麦青む/中村汀女

急流を斜めに渡り土手青む/島崎玲子

折鶴の白ばかりふえ麦青む/坪内稔典

東京に吾を待つは何草青む/山田弘子

枯れ果てて落葉松林裡青む/相馬遷子

枯蘆の下から青む湖辺かな/正岡子規

柳青む湯元へ近き土産茶屋/桝田国市

椋鳥のしばらく宙に畦青む/堀口星眠

機音のひびく丹後路畦青む/宇野直治

俳句例:81句目~

死者送り幼を育て田が青む/矢島渚男

甘えゐる脚の表情芝青む/後藤比奈夫

生れたる朝の小旋風麦青む/斎藤夏風

町中にローマの遺跡蔦青む/関森勝夫

癒えねども勤めが待てり草青む/林翔

磔像のみぞおち冥し麦青む/坂本宮尾

自愛とも棚田の溝の芹青む/黒岡洋子

草青む川べりの土踏みこぼす/上村占

草青む道後の湯垢流れ来て/右城暮石

讃岐路は溜池あまた麦青む/松浦貞子

足もとに灯台の影麦青む/今井杏太郎

潮青む礼文を皮切り雲丹採漁/高澤良一

板蓋宮の址のあたりの草青む/境あつ子

おくれ翔ぶ白鳥一羽草青む/深見けん二

この町を愛せば駅の土手青む/山口誓子

日曜は父としてあり芝青む/神前あや子

馬の尻撫でてみようか草青む/古市蛇足

日日遠くして草青む涙あふる/下村槐太

手を揚げるだけの挨拶畦青む/佐々木禎

もう降りることなき故郷麦青む/橋本紅

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました