暗がりを使用した俳句

暗がりに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

暗がりを含む俳句例

若竹や暗がり走る水の音/鳳嘴

行燈に七種はやす手暗がり/句仏

抽斗の梅雨の暗がり肥後守/判治泰

たましいの暗がり峠雪ならん/橋間石

ゆすら花咲くや庭木の小暗がり/秋虹

葛切や情念といふ手暗がり/坂巻純子

雪渓の底の暗がり轟ける/井合つとむ

ちちろ澄む幼帝陵の小暗がり/長澤壽子

叡山の昼の暗がり小鳥くる/小泉八重子

小暗がり居並ぶ顔へ雷ひゞく/杉山岳陽

彼岸会の雀の腹の暗がりヘ/佐々木六戈

日盛りの暗がり仏の手が遊ぶ/森田智子

暗がりをともなひ上る居待月/後藤夜半

暗がりをよろこぶ塊や魂祭り/柿本多映

水木咲く下の暗がり水鳴りて/田山諷子

聖堂の火蛾の暗がり耳冷たし/伊藤淳子

酔曳いて戻る暗がり花咲けり/清水基吉

陽炎や伏籠がうちの小暗がり/高橋睦郎

飲食の水辺暗がり野菊枯れ/新谷ひろし

大き暗がり占めて仏の冷まじや/宮津昭彦

俳句例:21句目~

彼岸くるうす暗がりを猫はしる/中山純子

恋文のようにも読めて手暗がり/池田澄子

頭の中に藤の暗がり垂れ込めぬ/高澤良一

トラックの幌の暗がり雪降り込む/西村和子

時化てくる暗がり石蕗の花に熱/鳥居おさむ

暗がりを出て来し人や月の道/阿部みどり女

瞽女のやど雁木づたひの小暗がり/西本一都

結ひ初めや暗がりを出て紅衣なり/香西照雄

初場所の触れに出あひぬ小暗がり/本宮銑太郎

子供ねぶた真つ暗がりを押し通す/橘川まもる

死はいつもけむれり蓮のか暗がり/河野多希女

タイトルとURLをコピーしました