歌を使用した俳句

俳句例:101句目~

時々はわかさぎ舟の舸子謡ふ/高浜虚子

謡ひ過ぐ人好もしや若菜摘む/中村汀女

吾のため歌ふ子蝌蚪の水昏るる/佐藤鬼房

天平の祝ぎ歌うつす筆はじめ/奥田とみ子

室の津の歌ひ女の哀実むらさき/志摩知子

年忘れ神父祖国の歌うたひ/佐々木美津子

歌いまくる炭子の唄に銀漢伸ぶ/金子兜太

歌ひ読みの癖の母亡し餅焼けば/石川桂郎

母の日を歌ふ乳歯の大を欠き/赤松けい子

沖縄の闇にひきよせて歌うなり/牧野桂一

目貼剥ぐ空のひろさに歌ふ子よ/豊山千蔭

秋の蝉歌い足らずに落ちにけり/越智幸子

唄ふ唇が夜空に老いて老いゆく世紀/林桂

三千歳を弾かして唄ふ炬燵かな/酒井小蔦

冬萌や小声に歌ふアベマリア/上垣内栄子

極月の煮立ちて唄ふ鍋の蓋/鍵和田ゆう子

緑蔭の「石狩挽歌」碑を唄ふ/伊東よし子

蕎麦の花鳥も啼かねばわが唄ふ/林原耒井

唄ひては植ゑまた唄ふ御田植祭/丸山則子

角振りてでんでんむしは唄ふ虫/高澤良一

俳句例:121句目~

雪は松にゆたかに狂女唄ひ出す/岩田昌寿

幼ならは病室にとほく雪を唄ふ/原田種茅

鳥唄ふ冬日に深き愁ひとは/阿部みどり女

黒人霊歌しづかに春へ唄ひ出づ/吉田素糸

玄武かな歌うことなき民駆けり/和田悟朗

ひとり酔ふて物謡ひ出す団扇哉/正岡子規

名主先づ謡うて田面祝ひけり/佐々木北涯

あめつちに悼歌いくばく柿の邑/和田悟朗

京菜洗ふ青さ冷たさ歌うたふ/加藤知世子

闇に燭手に~歌ふクリスマス/吉良比呂武

新豆腐夕べ故人の唄う聞く/長谷川かな女

凍結の鮪に歌う「ペチカ」です/五島エミ

じやが芋の花に屯田の詩を謡ふ/村上鬼城

鳥唄ふ中きようろろのまぎれなし/岡田日郎

雪嶺や頭を寄せ合つて唄ふ看護婦/岩田昌寿

うぐひすのいろの姪来てよく歌ふ/筑紫磐井

花売女カーネーションを抱き歌ふ/山口青邨

ひとつ歌うたひつづけて木の実山/木村蕪城

干して唄ひ手となるちやつきらこ/金子篤子

レーニン風唄い手の額灯に冴えて/高澤良一

俳句例:141句目~

コキリコを唄うてみせて夏炉守る/松永紫水

榾火とろとろ一人唄へば皆唄ふ/福田キサ子

君ら樹になれ鴉のごとく唄うべし/家木松郎

みずうみの泥ほつほつと唄うらし/鎌倉佐弓

ねんねこの中で歌ふを母のみ知る/千原叡子

降されて初荷のヒヨコ歌ひ出す/森川健太郎

第九唄ふドレスに真綿忍ばせて/佐々木和子

一人つき二人が唄ふ手まりかな/安達つかさ

螢飛んで淋しくなれば唄ふ子よ/長谷川零余子

シベリヤに歌いしものに赤トンボ/木津亥さ無

木の芽垣にくらき灯洩れつ唄ふ子よ/富田木歩

あじさいにも一曲ほのと歌いて礼す/阿部完市

枯るる夜をジーラジーラと唄い出す/高澤良一

炎天の犬捕り低く唄ひ出す/西東三鬼「今日」

地球は歌う惑星春立つオリオンヘ/原子/公平

うすものを着て長崎の唄うたふ/久保田万太郎

ねんねこの子へともなしに唄ひをり/片山由美子

撃ちし子ら唄ふ子にもどる雪の車窓/平井さち子

「雪」/を唄う盲目の眼に冬の燭/長谷川かな女

ケロンチョン歌うシャンデリアは火の矢/伊丹公子

俳句例:161句目~

ががんぼにパラフィン紙の唄うたつてやる/後藤綾子

梅雨旭ざせたたかう乙女の歌う輪に/赤城さかえ句集

メーデー今宵病者らほそく歌い和し/赤城さかえ句集

夏夜の一角で労働歌うたふのもきこえる/栗林一石路

車中に歌う若きは西日にまみれどおし/赤城さかえ句集

柿の花こぼれる木かげ少年がみどり児のため唄う子守歌/武川忠一

人麿のここにて死ねり自らの死を歌いつつ誰に見せけん/玉井清弘

五十歳過ぎて結語をもたざれば夜の酒場に来たりて唄う/石田比呂志

ただ一度生れ来しなり「さくらさくら」歌ふベラフォンテも我も悲しき/島田修二

タイトルとURLをコピーしました