歌を使用した俳句

歌に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

歌を含む俳句例

己が身の老松唄へ山田守/柿麿

春雨や枕くづるゝ謡ひ本/支考

歌いづれ小町踊や伊勢踊/貞徳

老守衛口あけ歌ふ労働祭/轡田進

大寒の厨に歌ふ数へ唄/栗原菊枝

粟炊いて邯鄲謡ふ男哉/寺田寅彦

椎夏木當麻を謡ふ二重顎/竹中宏

天平の甍を飾り春唄う/和田悟朗

羅のひと墓原に唄ひをり/日原傳

必よあとなる雁が先になる/白雄

歌いくさ文武二道の蛙かな/貞室

年の瀬の男が唄う女謡/鈴木六林男

天井を見て卒業の歌うたふ/本井英

藁打つて男が歌ふ子守唄/中村苑子

夜もすがら噴水唄ふ芝生かな/篠原

山坂にかかりて唄ふ春祭/大石悦子

胎内で唄い踊れり首里の秋/穴井太

極楽の蓮華や唄ふ蛙かな/野村喜舟

春風や船頭唄ひ櫓が軋り/鎌倉啓三

昔は恋し手毬をつき唄ふ/高木晴子

俳句例:21句目~

廃校に唄ふ鵤や月日星/水木なまこ

第九歌ふ誰も明眸瞠きて/高澤良一

春眠に遠きラジオの唄ひをり/近藤君

桜散る闇より老婆唄いだす/恒成/巧

歌うたひつゝ新妻や蒲団敷く/森田峠

水芭蕉讃歌唄うて湧水過ぐ/高澤良一

つまだちて卒業式の歌歌ふ/清崎敏郎

目を遠くこきりこ唄ふ秋灯下/朝妻力

正月の音なき金鉱山羊歌う/原子公平

着流しの兜太が唄ふ盆の唄/石川文子

砂取節唄ふ翁の着ぶくれて/坂/北濤

虹立つや狂女の唄ふ唄悲し/稲畑汀子

行々子田夫野人の唄うたふ/高澤良一

踊り明し唄ひ明して風の盆/福田蓼汀

鯛網の漁師真白き歯で唄ふ/渋谷亮子

おちぶれて関寺謡ふ頭巾哉/高井几董

眠る山眠らせ歌ふ子守唄/永峰久比古

しきたりの鶴亀謡ひ謡初/小竹由岐子

息吸うて謡ひ出でたる能始/岩田由美

卒業歌えよ励めよとピアノ鳴り/原裕

俳句例:41句目~

能役者亀鳴く如く謡ひ出づ/岸本尚毅

稲積むや啄み足りて鶏歌ふ/石井露月

竹となりつつ筍の歌ひをり/矢島渚男

語り傅へ謡ひ傅へて梅若忌/高濱虚子

花梓引寄せて歌いや遠し/加藤知世子

虫歌ふ壷中の秋も既に尽く/林原耒井

豊年の新車脇引き老の歌ふ/石川桂郎

妻恋の歌いま欲しし星祭/後藤比奈夫

雨よ馬追と秩父鉄道員歌う/阿部完市

コキリコを唄ひ健在炉の主/清水諄子

風の盆恋を唄いて俗ならず/福永鳴風

一息に唄ひ切らねば風の盆/高澤良一

人の世の哀れも唄ひ年忘/田上一蕉子

嘴上げて唄ふ瑠璃鳥軽井沢/伊藤敬子

夕顔や投節唄ふ納屋のうち/角田竹冷

夜濯の婢女唄ふローレライ/吉屋信子

山茶花やだれかが唄い斉唱に/峠素子

昔日は恋し手毬をつき唄ふ/高木晴子

春炉燃ゆ唄ふ人減る三国節/小池和子

思ふことなげぶし歌ふ小春哉/正岡子規

俳句例:61句目~

男娼の唄うシャンソン巴里祭/加藤静子

山火事に蔵戸ほのかや鶏謡ふ/飯田蛇笏

君謡へ打初せんといひしこと/高浜虚子

なんとなく淋し金の歌うたひ/行方克巳

ほがらかに唄ひ奥能登遅田植/中山純子

一人唄ふ一つの歌の手毬唄/池内友次郎

遠足やひとり唄へばみな唄ふ/今津貴尉

踊り尽き唄ひ尽きたる熊祭/椎名智恵子

蟋蟀の今は流行らぬ唄うたう/黒木悦子

メーデー歌うたふ踵に力こめ/菖蒲あや

熊除けに歌いて夏の岬行く/吉岡さち子

蓮掘りの己れ励ます唄うたふ/松永昭子

雪に興じ自在の竹を叩き謡ふ/中川四明

ジャズ唄ひ乍ら菠薐草洗ふ/樋口玉蹊子

十一月古きビートルズが歌ふ/中村明子

向きあふて歌ふ二つの蛙かな/正岡子規

王氏歌ふ招魂祭の花火鳴れば/西東三鬼

髪洗ふ夜の羅馬びと歌ひ過ぎ/小池文子

背の子は空見て唄ふ蝗捕り/加藤知世子

夕涼み人あり屋根に詩を歌ふ/星野麦人

俳句例:81句目~

直立で老歌手唄ふ子供の日/今村きよし

妻居ねば子よ夕焼の歌うたへ/山口草堂

子供等の歌うて来るや杉の月/野村泊月

磨げばたちまち水歌ひ今年米/山仲英子

次の間に唄ひ女の泣く夜長哉/正岡子規

老妓一子に背かれ唄ふ晩春譜/近藤一鴻

手毬唄上手につけぬ子が歌ふ/松田美子

手鞠唄子守りの唄として歌ふ/柴田奈美

春の夜の讃美歌歌ふ男女かな/正岡子規

春の虹坂は自転車の上で歌ふ/石川桂郎

春一番歌ひ出したる地球かな/仙田洋子

校歌まだ歌えるふしぎ秋夕焼/渡邊禎子

竹伐りの酔うては唄ふ声優し/鈴木鷹夫

四高寮歌うたひ焚火の媼かな/松下信子

秋曲浪あゝ偉いなるもの歌ふ/林原耒井

歌ひ女と名に歌はれて夏痩る/寺田寅彦

子にだけは唄ふ父なり青葡萄/能村研三

ちやつきらこ青き汀も遠唄ひ/野澤節子

水仙をとりまく青は歌ういろ/鎌倉佐弓

我が唄ふ守唄淋し夜半の秋/山家和香代

タイトルとURLをコピーしました