脛を使用した俳句

脛に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

脛を含む俳句例

芋掘りし泥足脛は美しく/静塔

山蟻や役小角の向脛/加古宗也

痩脛や病より起ツ鶴寒し/蕪村

脛白き休日の父地蔵盆/岡本眸

枯蘆に鶴の脛そふ洲崎哉/猶存

萍に鷺の長脛君臨す/高澤良一

夕風や水青鷺の脛をうつ/蕪村

脛白の丁踏み入る薄叢/筑紫磐井

耕やかの脛長の夕日影/野村喜舟

芭蕉様の脛かじつて夕涼み/一茶

朝曇たちまち脛に傷を持つ/篠原

鶯の脛の寒さよ竹の中/尾崎紅葉

痩脛に漸く寒し大井川/上島鬼貫

枝横に伝ひ寄る脛恋雀/麓/晨平

鷹匠の蒲脛布もて足固め/関俊雄

鰯汲む夜は妻子も脛ぬらす/鬼房

梅見ばや竹の細枝鶴の脛/中勘助

少年の脛に匂ひて杉の花/斎藤玄

岳人の大靴太脛卓の下/平畑静塔

川狩や有明近き人の脛/正岡子規

俳句例:21句目~

白脛に春風新進女教師よ/藤本節子

日の盛鎹打たる仁王の脛/高澤良一

田をいづる脛に萍殺到す/白岩三郎

鴬の細脛よりやこぼれ梅/椎本才麿

武士の脛に米磨ぐ霰かな/服部嵐雪

露けさや草の実つけて脛の丈/篠原

痩脛の毛に微風あり更衣/與謝蕪村

金吊る女暖簾に脛を押す/萩原麦草

凍どけや野づらに高き鶴の脛/青蘿

潮干狩脛長少女と一日あり/岸田稚

向脛に蚊帳吊草の花の露/高濱虚子

荒梅雨の蕗原返す妻の脛/小林康治

花うぐひ追ふ少年の白き脛/西山睦

藪入の脛おしかくす野風かな/几董

泉に浸け少年の脛短か/上田五千石

近松忌足場に白き脛並ぶ/杉江茂喜

溝浚ふ脛頼りなき男かな/山田弘子

新涼の脛に日当る仮住ひ/鈴木鷹夫

水落ちて細脛高きかがしかな/蕪村

蝦夷晩夏旅の若者脛長し/北野民夫

俳句例:41句目~

藜吹き人の脛吹き秋の風/右城暮石

玉苗や乙女が脛の美しき/井上井月

葦の脛咥へてをるよ薄氷/鈴木貞雄

細脛に夕風さはるたかむしろ/蕪村

神官の細脛白し御田植/高久田瑞子

春鮒とぶ土管運びの泥の脛/友岡子郷

水取や脛もあらはのお僧達/田畑比古

海に脛あづけ西鶴忌の夫婦/熊谷愛子

畦塗りし脛のほてりに足枕/太田土男

短夜や傾ぎたまへる母の脛/芝不器男

篠越えて来る人床し鹿の脛/浜田酒堂

細脛のやすめ処や夏のやま/浜田酒堂

脛のみか腿をはばみて葛の花/草田男

脛の革具の集団の音滅びの音/堀葦男

脛入れて短く見ゆる清水哉/正岡子規

脛出して銃弾の痕缶ビール/岩月通子

脛毛濃い子へ鮮やかな夏薊/西尾華子

脛毛濃く冬の夜白い薬呑む/和知喜八

脛痒く蚊帳吊草の中にゐる/中原道夫

脛白く見せたる母や汐干狩/老川敏彦

俳句例:61句目~

冷房の椅子より細き脛二つ/田中朗々

脛立てて百姓病めり露の宿/橋本鶏二

脛長き南国の木々風薫る/小坂かしを

脛長の脛を立てたる端居かな/森田峠

脛高き少年芭蕉ひるがへり/栗生純夫

芋嵐いくさ知らぬ子脛長く/林乃婦子

花はこべ多産の親の白き脛/市野川隆

夕蟹や一つの汽笛脛を過ぐ/友岡子郷

若者の長き脛行く街薄暑/長門美煕子

太刀持の脛の白さよ草の露/正岡子規

草で拭く脛白ければ夫遠し/鈴木君子

蓑敷いて長脛抱きぬ夜水番/野村泊月

野良飯や脛に飛びつく青蛙/櫻井土音

野茨や日焼けて細き子等が脛/原石鼎

山菅に男の歩く白き脛/長谷川かな女

川祓吾は脛まで子は膝まで/品川鈴子

雲雀野や長子の脛の長き立つ/瀧春一

座に上る蟹の脛にも露涼し/高田蝶衣

庭草の脛刺す暑さもどりけり/金子潮

青芒少年の脛たくましく/草替よしえ

俳句例:81句目~

青芝に脛をどり子ら池を更ふ/及川貞

鴬の脛にかゝるや枯かつら/高井几董

日の永きこと痩脛の川番と/友岡子郷

鷹匠の足ごしらへの蒲脛巾/清崎敏郎

衣洗ふ脛にひつゝくもみち哉/正岡子規

あふのけに汝の脛待つ芙蓉かな/齋藤玄

脛出して和布刈の寒さ知る夜かな/蓼太

葎わけ手きず脛きず知命なる/川村六菖

白脛をかくさず風に踊るなり/藤田湘子

旅疲れ脛に秋鯖仕入れたり/鈴木真砂女

脛打っていまいましきは夏机/高澤良一

やすき瀬や冬川わたる鶴の脛/高井几董

やせ脛のいよ~やせぬ萩の花/松藤夏山

やぶ入の脛をしかくす野風哉/高井几董

河童の川蚊細き脛の子と渉る/萩原麦草

日焼せる子の脛ながし星祭/猿橋統流子

人間の脛といふもの露こぼす/高澤良一

迎へ火や脛より海の砂こぼれ/藤田湘子

公達も脛を濡らして夏越かな/筑紫磐井

凡庸や梅雨の向脛濡らしては/小林康治

タイトルとURLをコピーしました