大鳥居を使用した俳句

大鳥居に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

大鳥居を含む俳句例

節分の高張立ちぬ大鳥居/原石鼎

花も昏れ弟瞑す大鳥居/今泉貞鳳

三輪山の大鳥居より孕猫/福島米雄

神還りませ波洗ふ大鳥居/高木晴子

初詣町の真中の大鳥居/河原比佐於

雲ゆくや十一月の大鳥居/猪頭星荘

鶯やとりつく沖の大鳥居/正岡子規

黄落の銀杏青桐の大鳥居/福田清人

大鳥居海に残して管弦祭/宮島英二

海の上に初雪白し大鳥居/正岡子規

海風に秋立つ島の大鳥居/太田常子

初汐の跡これならし大鳥居/正岡子規

大鳥居めぐりつどひぬ祭舟/松永竹年

大鳥居入るより匂ふ生姜市/三島香雪

大鳥居垂穂に脚を沈めたり/岡本松浜

涼しさや夕波くゞる大鳥居/正岡子規

秋の田や神話の国の大鳥居/村上安遊

大鳥居波にうつして初明り/野口次郎

木の芽風木目優しき大鳥居/安黒義郎

子雀翔つ出雲大社の大鳥居/田島早苗

俳句例:21句目~

海の中に初雪積みぬ大鳥居/正岡子規

初音聞く塗り変えられし大鳥居/三好子

大鳥居くぐれば夏は天に在り/和田悟朗

大鳥居二の鳥居いざ七五三/浅野毘呂史

岩燕くぐる湯殿山の大鳥居/足立登美子

大鳥居くぐりてよりの淑気かな/大林秋虹

大鳥居の朱へ飛び火の島もみぢ/吉村馬洗

大鳥居はみ出してゐる夏の富士/天野蘇鉄

大鳥居までは行かるゝ干潟かな/奈良鹿郎

山を拝む大鳥居あり冬の町/長谷川かな女

田じまひの羽黒の晴を大鳥居/猪俣千代子

大鳥居塗り替へられて春の宮/稲畑廣太郎

タイトルとURLをコピーしました