檜を使用した俳句

俳句例:101句目~

火を噴くは檜の墓標恋人よ/鈴木六林男

炉塞いで檜の中を来る風か/大峯あきら

天の川からさんさんと檜の香/宮坂静生

泥濘に檜葉敷き詰めし初神楽/茨木和生

さはやかに枝うち落す檜の香/木津柳芽

しんかんと檜苗植う女ばかり/佐野美智

巌檜葉の最も水を欲しげなり/藤松遊子

とりちらす檜木の中や雉の声/広瀬惟然

どぶろく祭新の檜の櫂使ひ/中戸川朝人

お火焚やあたり更けゆく杉檜/佐藤紅緑

笹鳴や目を走らする梅檜/阿部みどり女

檜皮剥ぐ匂ひに虫の細りたる/森ちづる

ひそかなる檜の先の梅雨入かな/齋藤玄

檜扇へ土盛り上げて春を待つ/細見綾子

墳山の巣鳥が落とす檜の実/民井とほる

よべの雪檜皮にのこり梅花祭/大橋敦子

春雨や檜は霜に焦げながら/芥川龍之介

五臓六腑檜解きの色や秋の風/内田百間

冬ざるる野積の檜の香衰へず/坂本玲子

蔵王堂寄進の檜皮積みて夏/大岳水一路

俳句例:121句目~

神木とならで檜のさむさかな/正岡子規

檜林のこし粉雪町を消し/長谷川かな女

迎火の代の檜の木を置く戸口/木村蕪城

檜葉垣に深き靄こめ去年今年/遠藤梧逸

檜扇の如く並べし潤目鰯かな/青木月斗

雪の声聴こゆ妻籠の檜風呂/小川原嘘帥

雪の夜の水屋にこもる檜の香/影島智子

檜尾陵の空をせばめて夏木立/巽恵津子

檜葉垣の刈られ掃かれて春浅き/青陽人

雲浮ぶ夏の日淡し檜の香の中/富安風生

木曽を出て材場の檜や夏の月/正岡子規

松籟の檜葉の香伴れし秋の暮/佐藤斗星

頭巾著て檜笠提けたり旅の僧/正岡子規

奥宮の山雨に濡るる祭檜葉/つじ加代子

檜葉垣の水吐いてゐる花吹雪/遠藤梧逸

檜葉垣や時雨るる石の荒御魂/古舘曹人

檜葉苗にふるさと根づく思ひあり/原裕

鴬のこもるや青き檜葉のなか/古沢太穂

真青なる檜葉より燃えぬ雛供養/原口洋子

亡父の職継ぐ子に檜の香走馬灯/稲垣光子

俳句例:141句目~

檜山夕立檜は埋火のごとく照る/橋本鶏二

檜扇の金の月夜でありにけり/佐々木六戈

秋の蛇青木にかかり檜葉を降り/中村汀女

檜物屋も間にあはせけりおとりこし/養浩

檜物師の木香なつかしや春の風/中川四明

から檜葉の西に折るゝや霜の声/高井几董

こまやかに揺れゐて檜葉や寒雀/高濱年尾

檜皮剥ぐ音の緊まれる雪もよひ/西村梛子

檜皮葺くひとりの音に小鳥くる/福島良枝

しぐるるや檜葉きせあるく囮籠/皆吉爽雨

よしのにて我も見せうそ桧の木笠/万菊丸

檜笠用ひぬ日とてなき暮し/宮城きよなみ

わが美林あり檜葉杉葉言葉千葉/折笠美秋

五月の雨岩檜葉の緑いつまでぞ/松尾芭蕉

冬山の日向日かげの檜の匂ひ/金尾梅の門

凍つる日の山に及びて岩檜葉も/古舘曹人

剪定の檜葉匂ひくる夜勤明け/折原あきの

檜葉垣のなかなか匂ふ良夜かな/綾部仁喜

十二月みたらしに檜の新柱/小松原みや子

手のくぼに胡麻粒ほどの檜たね/古口きく

俳句例:161句目~

夕ざくら檜の香して風呂沸きぬ/大野林火

大比叡の檜の実杉の実僧の播く/和気魯石

寒雀に檜葉の葉揺れぬ一ところ/高濱年尾

寒雀日暮るゝ檜葉にゐてたちぬ/鈴木花蓑

山の日に檜扇の実もはじけたり/細見綾子

檜隈に色どめしたるしぐれかな/安東次男

岩よし白檜の箸よし温泉の宿り/田中冬二

涼しさや鉋にけづる檜のにほひ/中川宋淵

巌檜葉の形の悪しきほどよけれ/坊城中子

青桧葉の護摩匂ひ立つ送水会/小沢チエ子

青梅やとなりの檜葉もさし交す/室生犀星

青森檜葉半島の背をなしにけり/高澤良一

打水や檜葉をたばしるかゝり水/鈴木花蓑

青檜葉の護摩匂ひ立つ送水会/小沢チエ子

静かなる小春日和や檜葉の揺れ/高濱年尾

掛けてある巣箱も檜膚葺にして/清崎敏郎

焼鳥に檜葉敷き坐る紅葉かな/島村元句集

木曾人は花にたがやす檜笠かな/飯田蛇笏

椋の実や京紅を売る桧皮屋根/藤田あけ烏

檜さく匂ひ満ちけり秋日和/長谷川零餘子

俳句例:181句目~

檜の幹の暗紅しるく猟期来る/正木ゆう子

吹きまろぶ病葉あそぶ檜皮屋根/阿波野青畝

七五三の子を檜葉垣がすぐ隠す/加倉井秋を

檜葉の上に生ものを置く弥生かな/山本洋子

青梅雨や檜葉のかをりの掛川城/吉野美智子

まつすぐに冬に入る山檜の匂ふ/小島千架子

檜葉一位ちさく育ててみどりの日/深谷雄大

独逸唐檜芽吹く勢ひの天を突く/深野カツイ

ぽかりぽかり小春木かげの檜薪わり/中勘助

葺きまつる檜葉のかんばし花御堂/山下文子

ひざまづきぬかづき檜苗植うる/上田五千石

梅雨の宮檜の香荒くぞおはすなる/木村蕪城

高檜葉の雪ふりこぼす初日かな/金尾梅の門

は氷にのぼり檜葉焚く祈りかな/吉本伊智朗

干菜吊る日のなよなよと檜格子/中村斐紗子

秋しぐれ檜の香ごもりの町みじか/鷲谷七菜子

野施行の餅に檜葉の香うつりつつ/吉本伊智郎

檜の香捲く霧が暮れ端の日を見する/林原耒井

巌檜葉ややませみの巣のありどころ/欠口明女

小春日の檜の香ごもりに木地師かな/有泉七種

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました