靄を使用した俳句

靄に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

靄を含む俳句例

靄晴るる身に春月の首飾/原裕

対岸は靄の深川都鳥/安田孔甫

泉ある証靄立つ寒山中/村越化石

花蓮香取一郷靄ごめに/荒井正隆

郭公や日輪未だ靄の中/湯浅桃邑

初冬の引堀靄を育てをり/有働亨

杉山の靄に滲めり遅桜/半田順子

林立の榛の川端雪解靄/高澤良一

雷いんで靄だつ月の杉襖/上村占

靄の中水禽動き花仄か/鈴木花蓑

川靄の町へなだれて送盆/小澤實

鍋焼や近江八景靄の中/岸本尚毅

遥かなる襲ねの色目靄の桃/林翔

神鎮む大嶺の靄にはつ詣/飯田蛇笏

靄おもし女のなぶる朝鰈/赤尾兜子

神話村天地返しの畑の靄/田中英子

神々に祈りしをれば夏の靄/原石鼎

初手水邸内は雪積んで靄/京極杞陽

磧畑霜凪ぐ靄の午までも/西島麥南

雪靄のたつ朝市の迎春花/石原八束

俳句例:21句目~

靄流れ迅風不毛の湿地帯/石原八束

早梅や深雪のあとの夜々の靄/龍雨

靄明りして十三夜泉鳴る/吉野義子

靄中に影作りゐぬ月の桐/鈴木花蓑

靄中にうく日輪や花菜雨/西山泊雲

解氷の靄のわきたつ網走市/原一穂

行方もつ鳥は過ぎゆく冬の靄/林翔

水靄の奥に色あり山粧ふ/手島靖一

夏羽織暁靄に着たりけり/増田龍雨

月に透く浮靄よろし遠砧/高田蝶衣

花葱に暮春の靄や鴉啼く/西島麥南

大靄の襲へる雪解畠かな/西山泊雲

羚羊の瞳やさしき雪解靄/小林碧郎

神鏡は少し凸なり冬の靄/細野正子

寒ゆるぶ一夜の靄や山廂/西島麦南

冬の月高くなりつつ靄離れぬ/篠原

靄の中残鶯の声近かりき/重田暮笛

山ケ根に沈める靄や朝曇/西山泊雲

杏咲き靄の中なる雪解川/野澤節子

靄こめて遠森かくす靭草/富安風生

俳句例:41句目~

冬の靄口を離れぬわらべ唄/山田一男

町角に短日の靄よどみそむ/相馬遷子

冬の靄遠目にきまる白帆曳/野澤節子

冬山裾夜の深さ知る靄一帯/高濱年尾

冬暖の地靄に乳む家鴨かな/西島麦南

煙突の焔に春潮の靄にごる/石原八束

提灯に靄のにほへり稲架襖/木下夕爾

日当れば靄動きそめ水芭蕉/谷口白葉

水靄の動きにも揺れ蘆の花/成嶋瓢雨

明治より前の日淡く菊の靄/飯田蛇笏

鉄砧の睡りはあるか雪解靄/佐藤鬼房

冬靄を窓に近寄せ風邪に伏す/及川貞

酒倉の靄に明けゆく鬼貫忌/奥田節子

初旅の靄にしづめる葡萄郷/山口青邨

枯蓮や老太陽を靄のなか/落合伊津夫

初茜地靄のしづく竹つたふ/宮岡計次

初霜や湖に青藻の靄がくれ/飯田蛇笏

利尻富士顱頂を覆ふ雪解靄/高澤良一

湯の町や冬雨あがる宵の靄/西島麦南

残鶯の狂ひ音も靄深きまま/れい無公

俳句例:61句目~

鴛鴦眠る真綿の如き靄の中/和田祥子

魂のためしばらくの雪解靄/和知喜八

月の靄数歩に吾子の顔浮かぶ/三谷昭

足元に消ゆる地靄や厩出し/中島畦雨

地の靄を踏み耕せり伊達郡/久保乙秋

提灯に下りきし靄や寒詣/細木芒角星

浄め塩盛りてや祇園冬の靄/中野千代

頬白や裾濃の靄に岳光る/千代田葛彦

行年の靄にしづみて最上川/細谷鳩舎

月光は靄に蘆花庵あやめ咲く/松澤昭

靄深き朝や蓮田の中を行く/子規句集

蘆若芽のそだつ水靄のぼりけり/草堂

桑の実の熟れて靄立つ高嶺村/飯島愛

ちちははの靄なつかしき初筑波/原裕

根白草摘みに靄立つ泉まで/古川芋蔓

夕凪や湧水靄を生みやまず/高濱年尾

葛の葉を流るる靄や十三夜/原田青児

朝戸出の木犀靄にむせこもる/中勘助

朝日さす冬靄中の火の蕊に/飯田龍太

草萌えて上総下総靄の果て/飯田龍太

俳句例:81句目~

茶畑に川靄やさし奥三河/文挾夫佐恵

敗荷のかげを沈めて靄深し/渡辺立男

靄下りて暖き夕なり花林檎/田中冬二

大雁塔うす靄のたつ桜かな/石原八束

花種をまきて庭畑靄だちぬ/飯田蛇笏

わが知らぬ四十路来向ふ冬の靄/林翔

靄かゝる山の木立や栗の花/正岡子規

靄かかる奥羽山脈蕨狩/阿部みどり女

白き布たためば槙に冬の靄/鈴木鷹夫

終電とは締切に似る冬の靄/鈴木栄子

寒釣も夕づく鷺も靄の中/依田由基人

紅蓮靄を払うてひらきけり/日野草城

朴一葉影曳き落ちぬ靄の中/野村泊月

斑雪ある靄地を這へり落椿/石原八束

節分や田へ出て靄のあそびをり/澄雄

節分の夜の靄ふかしかんだ川/西山誠

新涼や山湖の色の靄離れ/大須賀乙字

小綬鶏や物見櫓は靄に泛き/児玉道子

筑紫野の芽麦縞なす朝の靄/林かつみ

雪原の靄に日が溶け二月盡/相馬遷子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました