枯れ草を使用した俳句

枯れ草に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

枯れ草を含む俳句例

何草の末枯草ぞ花一つ/暁台

日おち屋根の枯草/栗林一石路

枯草に水を離れし氷かな/篠原

枯草を一人の幅の径下る/篠原

枯草の中の賑ふ春の雨/室生犀星

枯草に屈んで笑ふ韓の人/須藤徹

枯草に蹄鉄工の火花散る/上村占

母通る枯草色の春日中/飯田龍太

横たはる枯草堤大空に/京極杞陽

枯草しいて月をまうへに/山頭火

枯鶏頭此頃空氣乾燥す/正岡子規

枯草と一つ色なる小家かな/一茶

枯草の中に賑ふ春の雨/室生犀星

枯草にゐて蠅も昆虫なり/瀧春一

黄菊白菊皆枯草の姿かな/正岡子規

枯草に潜水服のまま転ぶ/工藤義夫

銀婚や枯草色の毛糸買ふ/石川文子

北庭の枯草もなく凍し哉/正岡子規

枯草に立つては落つる囹かな/太祇

淡雪や枯草車野をわたる/岡本松浜

俳句例:21句目~

声忘れゐる枯草に日のぬくみ/林翔

溝飛んで次の一歩を枯草へ/岡本眸

枯草に禽声黄なる百ケ日/飯田龍太

泛びでて枯草の翳勁かりき/中田剛

龍膽や芒の中に刈れ殘る/正岡子規

枯草を撫づ一瞬の永遠よ/鳴戸奈菜

枯草にほのと櫟の月明り/広瀬直人

枯草に鉄杭積まる造成地/松本照子

枯草の中やここにも一仏/村沢夏風

枯草の中やすいすい土筆/正岡子規

水汲女夏枯草を黒衣にて/加藤耕子

枯草ふんで女近づいてくる/山頭火

枯草に尚さま~の姿あり/高浜虚子

此頃の空氣乾くや枯鶏頭/正岡子規

枯草の八十八のほとけみち/徳脇富枝

幻想遺跡枯草色の家族住む/伊丹公子

旗たたむとき枯草の匂ひせる/中田剛

物踏で枯草になする雪踏哉/正岡子規

ひそかにて枯草昏む壺泉/柴田白葉女

沖荒るる日の枯草に松の影/広瀬直人

俳句例:41句目~

ひもすがら日は枯草に猫柳/松村蒼石

月明の一枯草の伽藍かな/河原枇杷男

ふと雨のかはく匂ひが枯草に/中田剛

枯草の歩み礎石の上となる/皆吉爽雨

札所への枯草道は近かりし/椎野房子

枯草に軍馬の汗を掻き落す/石川桂郎

残る雪枯草よりも沈みゐる/横光利一

野菊殘り露草枯れぬ石の橋/正岡子規

枯草の日を失ひて荒々し/高田風人子

逝く水や枯草杭にとどまれる/桂信子

花ながら下葉枯行く小草哉/正岡子規

枯草の中に氷柱の光り見ゆ/高濱年尾

仰向けに寝て枯草は火の匂い/瀧春樹

元日の枯草焼くも遊びかな/佐野良太

枯草山夏柑は色ととのへて/松村蒼石

元日や枯草の鳴る風の音/高橋淡路女

枯草を触るは燃ゆる心かな/永田耕衣

枯草の中にゆかしき菫かな/正岡子規

枯草に盗人や米こぼしたる/浜田波静

枯草の崖が明快村の終わり/伊丹公子

俳句例:61句目~

枯草にまじる蓬の初日かな/渡辺水巴

枯草に石と化したる亀並ぶ/山田弘子

膝抱いて枯草藉いて失業す/原田種茅

枯草の坐りし跡へ坐りけり/青木重行

白浪は幾枯草の丘のあなた/福田蓼汀

枯草をつけて戻りぬ小春猫/玉木愛子

枯草や住居無くんば命熱し/永田耕衣

枯草の上に大きな海があり/山西雅子

火の迫るとき枯草の閑かさよ/橋間石

枯草に坐し子を捧ぐ母の笑/石塚友二

枯草に寝ころぶやからだーつ/山頭火

小鳥籠枯草ふれてありにけり/中田剛

山の霧枯草道の先きを断つ/佐野良太

枯草の中はあたたか海蒼し/西田明水

枯草の高さくづさず初明り/渡辺桂子

枯草の雨滴目となり柩過ぐ/大井雅人

鯉揚げて枯草に泥したたれり/南うみを

ほつと舟の帆ふんわり枯草/栗林一石路

ほのぼのと枯草に坐し生きぼとけ/林翔

われからの如き枯草とはなりぬ/中田剛

俳句例:81句目~

乾期くる黄の枯草に毒舌撒き/金子兜太

人の背の枯草吹くや春の風/大谷碧雲居

兵舎のあと枯草圧して雪残る/桜井博道

初不二を枯草山の肩に見つ/水原秋櫻子

初日かげ枯草の穂とふきなびけ/梅の門

力抜けゆく枯草にふる雪みれば/森澄雄

埋火やうら枯草の花一つ/長谷川零餘子

夏枯草の畦に座れば雨落つる/西口百艸

川あはれかく枯草に絞られし/木下夕爾

春草に伏し枯草をつけて立つ/西東三鬼

枯るゝ草枯れぬ小草の日陰哉/正岡子規

枯れ草に國亡びたる初日かな/会津八一

枯草となりて安らぐ裾野かな/山本柳翠

枯草にこぼれて涙枯れ色に/鈴木真砂女

枯草にやや薄ら日の温みあり/相馬遷子

枯草にゆまりする音ききつつ過ぐ/篠原

枯草に午笛のながき尾が隠る/山口誓子

枯草に心やすくも憩はるゝ/池内たけし

枯草に日あたるははの忌日かな/西山誠

枯草に没して少年鳩飼へる/北市都黄男

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました