棺を使用した俳句

棺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

棺を含む俳句例

青芒献体棺を先導す/後藤弥生

棺の中物音もなし菊日和/原裕

天日の下石棺と曼珠沙華/佐藤艸

返り花宙に帰り花棺に/折笠美秋

石棺の蓋あいてゐる朧かな/黛執

春仏石棺の朱に枕しぬ/飯田蛇笏

鰯雲石棺におく石の蓋/今瀬剛一

棺を置く大八車麦の秋/山本洋子

大旱の棺板反つて釘浮かす/源二

雪吊の真新しきに棺出つ/清藤徳子

愚にも棺に杖笠ほととぎす/龍岡晋

風花や夫の棺の出でし門/中嶋秀子

潮騒の止まぬ甕棺天の川/八島岳洋

捨菊や棺もろとも逃げ遅れ/仁平勝

新年の棺に逢ひぬ夜中頃/正岡子規

鵯ひびき棺座を点す光蘚/西村公鳳

黒髪の冷き棺に崩折れて/京極杞陽

棺に添へ樫の錫杖寒雷す/古舘曹人

棺を舁き下し青草踏む数人/竹中宏

棺点火たちまち縮む未亡人/丸岡忍

俳句例:21句目~

棺通る四條の橋や秋の暮/正岡子規

白棺や月光胸に重からん/折笠美秋

宵闇の白々浮かむ棺ひとつ/平松綾

石棺に夕日まばたく烏瓜/白澤良子

有る程の菊抛げ入れよ棺の中/漱石

石棺の蓋濡れ色に冬浅し/河原芦月

木枯ややじり石棺犬の骨/加古宗也

石棺も句碑も拝みて福詣/梅谷昌弘

影一枚棺をはなれ実南天/金丸敬子

石棺を水溜にして花の寺/岡本松浜

花や旗や森の下闇棺行く/正岡子規

花冷ゆる石棺に石枕かな/和田知子

入棺の釘の響きや夜ぞ寒き/正岡子規

棺出てゆく紫陽花の花明り/満田春日

繭煮つめ了れば棺に入る婆/伊藤敬子

組合ひし棺のをとこや春の雨/平出隆

篠の芽や古棺を蔵す雷神社/西本一都

梅固し地下水が招ぶ棺下す/栗生純夫

節目多き棺板厚し柿若葉/中村草田男

梅白し棺焼く日の人の世に/吉屋信子

俳句例:41句目~

棺へと百年ぶんの月あかり/櫂未知子

棺へ足す冬菊のみな違ふ白/嶋田麻紀

梅雨杉の雲に金棺出現す/水原秋櫻子

こんじきの棺炎天の湖わたる/飴山實

神式も棺に釘打つ外は霙/相原左義長

棺おろしゐる水引の風の中/柏田洋征

父の棺庭の桜を添へ置かむ/谷中隆子

われが住む下より棺冬の雨/山口青邨

棺打つ二音の紡ぐ花の冷え/杉山加代

石棺は湯舟のふかさ夕桜/鍵和田釉子

一茶忌を移る棺形日向かな/永田耕衣

三内丸山遺跡石棺冬北斗/浅沼真規子

石棺の朱におどろくや秋の暮/飴山實

石棺の夜へたたみこむ傘の骨/稲葉直

石棺の上の上なる若楓/長谷川かな女

日食下石棺依然よこたはる/下村槐太

棺を出て焼酎あおる不眠症/高橋蒼雨

凍りたる石もて棺打ちつくる/上村占

石棺に鳥の声沁む竹の春/二反田京子

棺ぬちの金箔残り肌寒し/徳永山冬子

俳句例:61句目~

石棺に螺鈿とまがふ青蜥蜴/那須乙郎

黄な旗を立てし棺や雲の峯/正岡子規

夏座敷棺は怒濤を蓋ひたる/川崎展宏

石棺にたゞよひ落ちぬ蒲の絮/飴山實

海峡の夜の垢溜めて漂う死棺/稲葉直

外へ出て棺太陽に抱かれぬ/細谷源二

雪女郎棺に遠く立ちにけり/高橋栄子

寝返れば母も寝拾う棺の中/森早恵子

川流れ棺衣金襴椋鳥の森に/成田千空

幾本か棺に釘うつ朝曇り/榎本冬一郎

庄屋殿の棺行くなり稻の中/正岡子規

棺出でしあとの畳の春の暮/細川加賀

雪に寝て真っ直ぐ棺に入る形/白鳥峻

雁十羽ばかり渡るや棺の空/山口青邨

息ひそめ棺うつかぎり寒谺/小林康治

甕棺の火の色地虫穴を出づ/中田禎子

階段の裏みて裏みて棺おりる/上月章

陶棺に盗汗を敷けり奸王妃/大屋達治

蝶も哭け石塔も哭け棺着く/中嶋秀子

棺の蓋閉ぢたり母の十三夜/成田千空

俳句例:81句目~

春料峭測られしごと棺の丈/福永耕二

春没日眼鏡も入るる棺の中/内藤吐天

春雨に濡れゐる道を棺ゆく/長谷川櫂

葭切や石棺しづむ浦の波/水原秋櫻子

著莪咲いて石棺遠き昔呼ぶ/河野南畦

棺覆ふ乾風の木叢禽啼ける/松村蒼石

木棺に鍵のなかりし流れ星/横山悠子

荒縄で己が棺負ふ吹雪かな/眞鍋呉夫

棺打つ石炎天へ還しけり/國分水府郎

棺出して朱夏の畳の高さかな/武藤鉦二

茶たて蟲猫魔が棺をねらふ夜に/中勘助

荒星を風が磨くよ棺づくり/大木あまり

うつくしき棺行くなり五月雨/正岡子規

菊白し棺の遺体の眼鏡まで/福田甲子雄

菊香る棺に小窓ありにけり/北見さとる

かめ棺の中は菜の花日和かな/青木貞雄

かんばせのほかは白菊棺の母/松尾隆信

蔦からみ傾く家の棺を出す/竪阿彌放心

凍鶴のごとく棺におはすかな/吉屋信子

棺を打つ谺はえごの花降らす/結城昌治

タイトルとURLをコピーしました