祈りを使用した俳句

祈りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

祈りを含む俳句例

百漉けば百の祈りや紙漉女/林翔

杣人の祈りの長し夕河鹿/影島智子

眠りも祈り雪原は雪重ね/齋藤愼爾

島原や媼麦踏む祈りの手/水原春郎

弓始真の祈りは口外せず/北野民夫

緊る淑気男は願ひ女祈り/巌寺堅隆

神々に祈りしをれば夏の靄/原石鼎

烏瓜の花大空に祈りかな/田中/國

一年の無事を祈りて初暦/多田生湖

願ひより祈りを深く星祭/立川華子

聖鐘に祈りおくれし鮑採/朝倉和江

月光の祈り家々鎮もれり/安藤伸子

囀りの同心円にある祈り/豊田都峰

月白に祈りて心乱すまじ/河合正子

祈りても終る一日冬の星/長島和子

ぬきん出て天に祈りの蓮蕾/佐藤華秋

枯蓮の茎みな天に祈りつゝ/横山白虹

引鶴や海は祈りの色ふかめ/橋本榮治

梶の葉に歌選び書く祈りかな/町春草

コーランの祈り夕辺の夏燕/加藤耕子

俳句例:21句目~

秋深し人に祈りの深ければ/稲畑汀子

掛乞を祈りかへすや小山伏/正岡子規

新酒を醸す祈りの杜氏の唄/石塚友二

日本海荒らぶに祈り年迎ふ/森川暁水

旱星祈りの数は怒りし数/荒井千佐代

牧草を刈るは祈りに似て日暮/有働亨

人いつも何かを祈り貝割菜/倉田紘文

春愁のうなじを垂れて夜の祈り/篠原

祈りを胸に語り伝へむ阪神忌/井上明

黄昏の祈り今なる暖炉かな/尾崎迷堂

麦を刈る昼の祈りは手短に/馬越幸子

八月の水に祈りの硬貨かな/平田妙子

鯨の尾祈りのかたちして沈む/仲寒蝉

驟雨来て海龍王に祈りけり/山根邦子

食前の祈りのことば芝青し/対馬康子

冬霧をゆきて祈りぬ呟きぬ/堀口星眠

老い母よ祈り惚けし夏蕨/小檜山繁子

凍蝶の祈り一心不乱かな/松下晴江女

祈りとは膝美しく折る晩夏/攝津幸彦

初ミサの長き祈りの髪若き/富安風生

俳句例:41句目~

炎昼の影を縮めし祈りかな/赤井淳子

杜氏唄の祈りにも似て寒造/西村妙子

雪深く祈りの象嶺も家も/文挟夫佐恵

雪の立山祈りの色は常に白/福永鳴風

北風の星嶺も祈りの姿もつ/中島斌雄

厄年の祈り一途や初大師/鈴木美代子

鈴虫に少女の祈り篤きかな/甘利啓子

誰が何を祈りし神か山凍る/岡田日郎

火炎樹の広き茂りや祈りの刻/杉本寛

寒詣娘ゆゑの祈り長かりき/高橋文子

翅二枚合はすは祈り秋の蝶/中村明子

終戦日母の祈りの海に向く/植木緑愁

夜の雲祈りは不定形となり/高澤晶子

ながからむ妻の祈りや藤の花/齋藤玄

天近し祈りのごとく耕せば/黒鳥一司

草の花掌熱く祈りにけり/柴田白葉女

いつの世も祈りは切や百日紅/中村汀女

祈りつつ時間の上に石を置く/内山思考

祈りともこころざしとも初日記/福島胖

こは雪間隠れ祈りし洞窟ぞ/岡本まち子

俳句例:61句目~

祈りの手照らし流燈離れざる/植松昌子

たたなはる沖に祈りの蓮ひらく/松本進

祈り初厚き聖書に手を重ね/田川飛旅子

秋の夜の指を祈りの型に組む/横山房子

秋蝉や言の葉もどかしく祈り/藤田直子

稚子抱ける母の祈りや初不動/斎藤竹水

筒鳥や小さき祈りの石積めば/手島靖一

絵踏の世今は遠しや祈りけり/稲畑汀子

膝折れば祈りのかたち菫摘む/馬場駿吉

舟べりを敲くは祈り海女潜る/芳野仙子

賽銭を借りての祈り梅匂ふ/藤井つな子

バス停めて祈りの時刻炎天下/桑田青虎

辻地蔵祈りの数の冬著着て/阿部千恵子

銀杏落葉祈りの量と思ひつつ/金田咲子

一つ咲く座禅草にも祈りかな/中村洋子

君癒ゆることを祈りて虫放つ/蘆高昭子

雷鳴を二度とは聞かず祈り終ふ/長田等

人に祈り螢に光とこしなへ/成瀬櫻桃子

露けさよ祈りの指を唇に触れ/山口誓子

露けしや祈りの長き母を見て/下坂速穂

俳句例:81句目~

凍鶴の祈りにも似て風に向く/藤井吉道

初弥撒や祈りの指を深く組み/半田幸子

初虚空蔵祈りが渦となる香炉/大堀春野

噴水の祈りしぶきや友が寄る/寺田京子

夕焼鵙祈りの鐘も鳴る頃か/下村ひろし

夜着ひとつ祈り出だして旅寝かな/芭蕉

寒林や一歩一歩が祈りの歩/石田あき子

寒紅や母にはいつも祈りあり/都筑智子

島の子の立泳ぎして祈りをり/野中亮介

底冷の聖堂祈りながき人/丸山よしたか

念願の涼しさ極め主の祈り/稲畑廣太郎

息災を祈りし塩や炉を開く/千野湘山人

昇天の祈りの声が夏まだき/相川やす志

星月夜今宵はかなく祈りけり/松村蒼石

晩鐘や田植着のまま野の祈り/朝倉和江

暁けの湖鴨が祈りの数に見ゆ/田鎖雷峰

沈黙といふ祈りあり阪神忌/池田琴線女

黒く涼し聖女の祈り汗し見ゆ/小林康治

涼しさを祈り過てや羽ぬけ鳥/横井也有

火の山にひれ伏す祈り雪催/板垣鋭太郎

タイトルとURLをコピーしました