白を使用した俳句

白に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

白を含む俳句例

間断の妻の死顔白菫/斎藤玄

白光の秋白皙の痩羅漢/原裕

白海月汀の氷流れけり/調栄

紫の白へ流れて白菖蒲/林翔

白炭や焼かぬ昔の雪の枝/忠知

白炭や彼の浦島が老の箱/芭蕉

駒迎ことにゆゝしや額白/蕪村

白椿に錆さす雨の酒匂川/原裕

朝寒や白粥うまき病上り/草城

雪白の晒を緊めて裸押/檜紀代

夕朧笈摺堂に白ふやす/杉本寛

初夏や蓬が中の白薊/高田蝶衣

風の筋再び白に花菖蒲/米谷孝

この広き丘白芒銀芒/塩川雄三

白毫寺村へ一筋残る虫/岸田稚

白丁の如くに水に杜若/上野泰

頬白や大磐石に雪残り/有働亨

白椿赤椿幹黒くして/鈴木花蓑

荒鵙の白鵙にして椢原/原石鼎

如月や海の底ゆく白鰈/桂信子

俳句例:21句目~

白張の蝙蝠傘や薬売/寺田寅彦

肉声もなく盆過ぎの白磧/子郷

聖十字白ぬく柩麦嵐/村越化石

川の洲に晒の白や梨の花/淡々

法起寺の塔赤椿白椿/星野立子

子に抛る白球の線薄紅葉/原裕

曙や眉墨匂ふ白重ね/正岡子規

秋風の鬣見ゆる白芒/齋藤愼爾

秋風に白蝶果を狂ひけり/青蘿

祭町橋に白髭泪橋/渡邊千枝子

懐紙白鶯餅の色残る/稲畑汀子

梟に白装束の夜の富士/有働亨

白鼠はしり出でけり蔵開/西李

仏見し瞼重しや白椿/澤村昭代

白閃々黒閃々の初燕/北島大果

休暇はや白朝顔に雨斜め/汀女

白装束霜に声あり寒念仏/露章

極月の礼拝堂の白扉/有光令子

白綾に金王桜さきにけり/史邦

夏めくや男結びの白の帯/篠原

俳句例:41句目~

白箸や瀬々の網代木氷鮒/花流

黒頭に白頭まじり天の川/斎藤玄

黒釉に爽やかな白巴紋/沢木欣一

刀匠は白の通し着山桜/茨木和生

黒潮を二枚三枚白拍子/夏石番矢

白侘助遺言二十七行半/塚本邦雄

木犀や乾漆佛の白光し/宮坂静生

鱚添へて白粥命尊けれ/石田波郷

本尊は榧の一木白椿/村上あけみ

星白の馬青麦に立ち向かせ/汀女

風選び風と遊べる白芒/塩川雄三

頬白や村に力の戻りたる/小島健

頬白の声の一灯震災地/永見貴子

青嵐白襟きつくかき合せ/つねこ

露はしる紫式部白式部/和田祥子

初稽古刺子の白の潔し/荒井正隆

霜柱白宮殿を現じけり/下村梅子

大年や寺真つ向に白磧/石原舟月

島栄ゆ鈴なる鴎白珊瑚/横光利一

雪白に命薄きを妻と称ぶ/斎藤玄

俳句例:61句目~

炎天の白皚々の塩湖かな/森田峠

闇に浮く白塔あれば夜の秋/林翔

松籟や馬上の人の白襲/竹内尚子

水鶏啼く黎明庵の白襖/中川宋淵

一団の白装束や土筆原/脇坂啓子

大穹に鶏頂山の白鶏冠/高澤良一

一島を守る一家系白椿/毛塚静枝

遠ければ瀬はただの白絵燈籠/目

送り盆笹舟に乗す白団子/森郁代

辻君の白手拭や冬の月/正岡子規

勧進の白提灯も寒の内/館岡沙緻

軍扇の裏の白泥蟻地獄/吉田紫乃

一汁の芋殻甘し白隠忌/酒井絹代

踏切が鳴り白椿紅椿/岩淵喜代子

干瓢の白縮緬の花の夕/西本一都

天心の月の白毛稲を干す/中拓夫

白映や日没閉門熊本城/内田百間

枯芝に白猫飛ぶや黙読す/中拓夫

一礁に一濤の白松毟鳥/友岡子郷

赤詰草白詰草に勝る丘/高澤良一

俳句例:81句目~

読初や机上白文唐詩選/高浜虚子

読初や卓上白文唐詩選/高浜虚子

託禅師乾鮭に白頭の吟を彫/蕪村

親音に夏の白花黄花かな/森澄雄

一輪の梅白毫の光あり/福田蓼汀

一輪は天の白毫返り花/井沢正江

裸灯に鰤の白腹百数ふ/細見綾子

一陣の風を仰げば白椿/下村槐太

蒟蒻の白と黒とが秋水に/辻桃子

一駅を乗る山姥の白団扇/下田稔

萩芽吹く石段粗き白毫寺/佐藤忍

白と云ふ艶なる色や寒椿/浩山人

七月の朝白粥の微光かな/山下淳

茸狩や若い女の白脚絆/寺田寅彦

茸山の白犬下り来るに逢ふ/誓子

白描の聖観音や瑞香/文挟夫佐恵

昼深く東司の窓の白躑躅/瀧春一

若きらの白服北大練習船/千葉仁

花桑や白沫の宇宙暗みかも/林桂

花の昼白光放つ骨拾ふ/内藤吐天

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました