我/吾を使用した俳句

我/吾に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

我/吾を含む俳句例

露寒し我尺跡を又帰る/乙二

幸に柳も寝るや春の雨/吾仲

産声の框の我や蛞蝓/齋藤玄

料亭に今歩む我都鳥/上野泰

蝿一羽我を廻るや冬篭/暁台

吾は何を髪切虫は角誇る/林翔

夜を好む吾に癖あり冬籠/定雅

汝一語我一語螢の火/齋藤愼爾

朝顔に我は食くふ男かな/芭蕉

大年や我死所の鐘もなる/一茶

娘の心吾が心雛飾らばや/汀子

臘八や我と同じく骨と皮/一茶

塚も動け我泣声は秋の風/芭蕉

小人我閑居シテ蕪蒸/後藤兼志

露を見る我尸や草の中/炭太祇

猪が嚏し吾も嚏する/津田清子

青柳や我大君の艸か木か/蕪村

筍飯吾の胃袋底なしよ/楠節子

我事と鯲のにげし根芹哉/丈草

我井戸に桂の鮎の雫かな/召波

俳句例:21句目~

我住家吉野の花に銭二百/如水

初蝶や吾三十の袖袂/石田波郷

草餅に我苔衣うつれかし/蕪村

我宿の春又やとや厨の内/達布

荵摺我旅衣汗くさし/正岡子規

我帰る道いく筋ぞ春の草/蕪村

我庵は榎許りの落葉かな/樗良

我影を捜す老木の柳かな/乙仙

我恋は林檎の如く美しき/富女

我病めば妻が釘打つ花曇/林翔

我門や松は二木を三の朝/蕪村

我隣蚕に交る麦の秋/松岡青蘿

寒月や我ひとり行橋の音/炭太

家も吾も節ぶし痛む春嵐/林翔

霜百里舟中に我月を領ス/蕪村

秋の海我船近き岩の鳥/正岡子規

鱧食べて我も浪速の祭人/矢津羨

君や蝶我や荘子が夢心/松尾芭蕉

秋風を我もの顔や旅袋/上島鬼貫

松に倚る旅人我や薪能/藤松遊子

俳句例:41句目~

豆とりて我も心の鬼うたん/野坡

孤の我は光らぬ螢かな/小林一茶

吾はただ酒に死すべし古衾/暁台

寒暮光彼には光我に闇/高澤晶子

にくけれど我田に肥て帰厂/梅室

節分は我年とひに来る子哉/猿雖

名月や我舟一ツ湖の中/正岡子規

冷し酒旅人我をうらやまん/白雄

役なしの我を何とて呼子鳥/一茶

嬉しさは吾丈過るあかさ哉/家足

夫に吾灸花には熊ん蜂/依光陽子

恋ひ死なば我塚で鳴け郭公/奥州

やね葺が我屋ね葺や夏の月/夕兆

夏祭吾等農夫に灯る日/細谷源二

上弦の月母と犬我と犬/岩瀬弓彩

よその夜に我夜後るゝ砧哉/太魯

人々の中に我あり年忘/清崎敏郎

母に客我にも客や冬籠/星野立子

吾病て名月晴し恨かな/正岡子規

柿食ふや俳諧我に敵多し/原石鼎

俳句例:61句目~

山遊び我に隨ふ春の雲/石井露月

太陽に吾も埃や日向ぼこ/平赤絵

馳走する身も我なれや雛の客/梅

碪打て我にきかせよ坊が妻/芭蕉

青簾肘枕して吾と居り/増田和子

我と人と深山心やはつ日影/暁台

我と来て遊べや親のない雀/一茶

船に嘉む我に過たる春の興/樗良

我も亦女礼者と装へり/星野立子

蚊蚋の類も吾の虚を突けり/瓜人

色好む我も男よ秋の暮/松瀬青々

芍薬の百花の中や我一人/上村占

闘牛場我は旅人日除帽/高木晴子

我をのせ廻る舞台や去年今年/泰

我をよぶ声や浮世の片時雨/野坡

老犬も吾も涙目花粉症/天沼良江

我を入ると膝あひゆづる年忘/元

魂祭我より若き人の數/正岡子規

大服や我乞ふものはうた袋/麦水

心細し我舩遲き海の霧/正岡子規

俳句例:81句目~

立春の現に吾妹観世音/下村槐太

あさがほに我は飯くふ男哉/芭蕉

そも我は鐘に用なき桜かな/秋色

我声を蹴て飛鵙や夕日かげ/嵐方

草枕我膝にくる蜻蛉哉/正岡子規

草臥や我足遲き渡り鳥/正岡子規

愛憎の炎我にも鵙猛る/柴田奈美

夏痩の我影長き夕日哉/寺田寅彦

我宿の淋しさおもへ桐一葉/芭蕉

我宿は下手の建たる暑さ哉/田福

花屑は下り吾等は遡る/山田弘子

涼風の窓あり我は図書頭/森田峠

我宿や鼾忽ち絶えて春/正岡子規

我寺の鐘と思はず夕かすみ/蝶夢

波踏んで我行吟す青嵐/角田竹冷

風花す存分に我に白髪/右田順久

菊や咲く我酒たちて五十日/白雄

撫子や吾に昔の心あり/正岡子規

我庵は上野に近く初鴉/内藤鳴雪

行水や我立杣の苔の水/尾崎迷堂

タイトルとURLをコピーしました