嘘を使用した俳句

嘘に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

嘘を含む俳句例

紫荊嘘で固めた戦して/高澤良一

嘘うそと囁くごとし秋の風/照敏

美しき嘘漆黒の絹扇子/木田千女

花氷女の嘘はもえぎ色/西谷剛周

年の豆妻に嘘ある昔かな/玉越琅々

生涯に嘘いくつ言ふ蛇苺/阿部寿雄

太平洋側は夏空嘘のやう/高澤良一

方便の嘘をつきをり冷奴/白井新一

真実を嘘と身構へ万愚節/山田千代

美しき嘘の舌垂れ花菖蒲/藤岡筑邨

縁日の嘘を楽しむ女とゐ/筑紫磐井

烏瓜税につく嘘相似たり/川畑火川

妻の嘘夫の嘘や漱石忌/阿波野青畝

麦秋や誰もが痒き嘘を持ち/橋田勉

鬼灯や真赤な嘘を吐く女/野村喜舟

嘘をつき通す少年蚊喰鳥/櫛部天思

懐手嘘もほんとも聞き流し/杉本零

貫かん嘘美しく炭火燃ゆ/福本竹峰

豊作や開拓哀史嘘のごと/小路紫峡

見え透いた嘘の辻褄風知草/堀井鶏

俳句例:21句目~

螽焼く爺の話や嘘だらけ/正岡子規

八月の嘘と親しむ甘納豆/坪内稔典

冬ざれや問診票に嘘一つ/藤野延子

初夢を美しとせし嘘少し/嶋田一歩

花氷女の嘘もうつりけり/野村喜舟

朧の夜女正しく嘘を言ふ/河西志帆

小包で半月分の嘘とどく/松原秀行

吊し柿嘘偽りも甘くなる/津田清子

方便の嘘も詫びねば宵閻魔/橋本博

嘘ついて胸に隙間や鰯雲/牧/多恵

春愁の小さき嘘を恨みけり/上村占

天変常なり雪渓嘘つかず/田村/實

形代の嘘いつはりのなき形/矢島久栄

河豚鍋や嘘美しく老いし膝/小林康治

ソムリエに嘘すこしある春灯/松本久

鷽替の嘘を誠に替えにけり/芝田教子

鳥雲に女滅ぼす嘘ひとつ/堀井春一郎

室咲に問ふ何が真なにが嘘/中嶋秀子

髪洗ふ母には嘘がつき易く/齋藤朗笛

寒椿嘘を言ふなら美しく/渡辺八重子

俳句例:41句目~

本当も嘘も葡萄の一粒づつ/荒井良子

香水したたらす軽い軽い嘘/関由起子

亀鳴くや齢の数より嘘の数/石田小坡

風鈴や話に嘘の見えてをり/西嶋明美

連翹や権力と嘘ポケツトに/檜山火山

嘘つける相手が欲しい冬椿/清水鵲木

寒満月本ま顔して嘘を言ひ/影島智子

あどけなき幼なの嘘や金草/権藤千秋

嘘に倦みて青き陶酔が凍る/石原八束

偽りも嘘もまことや西鶴忌/石山佇牛

嘘の無き百寿の顔の暖かし/廣瀬秋紅

妹のオーデコロンのような嘘/曾根毅

四月馬鹿常の話も嘘多く/石川かほる

妻の嘘妻の日傘の中で聴く/市川愁子

冬薔薇嘘の如くに大輪に/波多野爽波

寒紅や美しき嘘うべなえり/大野岬歩

嘘をつき了せざる日の油蝉/杉山岳陽

短日の嘘と知るべき話なり/今泉貞鳳

子の嘘は子の夢岩を縫ふ蛍/成田千空

蛇苺ほどの嘘つく齢かな/長谷川鉄夫

俳句例:61句目~

薬掘る百に一つは嘘まじり/中川秀司

新宿や春月嘘つぽくありて/山元文弥

嘘吐きし舌に薬味の葱ひびく/上村占

同窓会の美しい嘘夏果てる/橋本純子

呑で吐く炭団の嘘や辻手品/会津八一

草餅を食べ芳しき嘘をつく/坊城俊樹

木賊刈る鎌もて斬らむ嘘の舌/林昌華

少年の嘘のにおいの黄落期/対馬康子

嘘吐けば高貴な熱帯の匂ひ/櫂未知子

色恋は嘘がつきもの七日爪/平谷破葉

大年の嘘は申さじ今宵ぎり/菊地三寅

美しき嘘透く夏の羽織かな/野村親二

まことより嘘が愉しや春灯/吉屋信子

また外れ真っ赤な嘘の油照/高澤良一

涅槃会や嘘を月夜となりにけり/蕪村

嘘つくや豆粒程の蚤なりと/星野麦人

あさがほに夜も寐ぬ嘘や番太郎/炭太祇

紫陽花やきのふの誠けふの嘘/正岡子規

うき世とは下戸の嘘也花に酒/正岡子規

紫陽花や七色の嘘聞いてをり/北村一郎

俳句例:81句目~

群れ咲いて二人静といふは嘘/高木晴子

うつくしき嘘は何色梅雨地獄/市川彳水

胸中に嘘あたためて泡立草/青柳志解樹

能因の嘘の日焼の案山子かな/野村喜舟

膝の上の悴む手では嘘は云へぬ/岸田稚

かたくなに泥鰌嫌ひで嘘嫌ひ/中島豊三

かるがると嘘の身をゆく冬霞/橋石和栲

花びら餅美しき嘘聞きゐたり/矢島艶子

そぞろ寒心ならずもつきし嘘/石川幸子

花韮の白さどきまぎ嘘ばかり/小堤香珠

とつぜんに嘘と気づいて薮虱/岡田史乃

草餅や幼なの嘘は口とがり/赤松けい子

葛湯ときつつ嘘おほき齢とも/高田正子

葱刻む妻の背に嘘なかりけり/鳥居露子

蕗を煮て四月一日嘘もなし/田中午次郎

街朧言つてしまへば皆嘘めく/品川鈴子

見えすいた嘘をつるりと心太/武田すみ

見つけたり嘘といはねど失を/筑紫磐井

陽炎や遊女の嘘はたくみにて/尾崎紅葉

まつくろな嘘もあるべし蛇苺/高橋悦男

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました