死にを使用した俳句

死にに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

死にを含む俳句例

僧朝顔幾死に返る法の松/芭蕉

死にに秋風くらき眼せり/原裕

尽く蛍死にけり籠の中/正岡子規

死に方の喉突く話更衣/鈴木鷹夫

父も母も家にて死にき吊忍/岡本眸

漁夫の死に人屯せり朝曇/吉野俊二

人の死に心動かず秋風に/相馬遷子

兵の死に砂一握を奉る/宇多喜代子

痩せはてゝ死に力なや冬の蝿/虚子

死に真似の死に到るあり/永田耕衣

冬生に家なし死に墓なし/加藤楸邨

死に遠く飢ゑも爽やか霰うつ/楸邨

生き死にを俳諧の種籠枕/長谷川櫂

玉虫は死にたり光失はず/下村梅子

死にもせぬ旅寝の果よ秋の暮/芭蕉

狸死に狐留守なり秋の風/正岡子規

犬死にき実生つばきに初蕾/及川貞

初夢や金も拾はず死にもせず/漱石

勿忘草人は恋にも死ににけり/林翔

山よりも静か母の死に顔/橋本夢道

俳句例:21句目~

青嵐死にゆく人の力かな/内田美紗

山鳩の死に緑さす山の樹々/三谷昭

わが夢の中にて死にし山鳩よ/林桂

露の土父も教師として死にき/林翔

雪柳生死に右往左往して/寺井谷子

死に水や風に応えて散る桜/源鬼彦

桔梗や死に一言の暇なし/長谷川櫂

一匹が死に一匹の金玉/すずき春雪

万両や万両たりし妻死にし/森澄雄

塩間に鮎死にかゝる時雨かな/如行

肉親の死に音もなき鰯雲/松村蒼石

母死にしその夜や雛納めけり/岸田稚

兜虫死にたる脚が脚を抱き/加藤楸邨

寒曉の青年の死に隣りせり/山本歩禅

死にしと師走のうそや望月夜/路/通

死に際の台詞を思ふ朧かな/星野明世

死にたしと師走のうそや望月夜/路通

冬の蝿死にたる蝿の上歩む/大隅徳保

死に近き妻に団扇の風送る/石倉啓補

死に至る時間蕪を煮る時間/永島靖子

俳句例:41句目~

死に到るまで抱擁の蟇の数/堀口星眠

窃きこの水の死にたる狩の径/齋藤玄

屍より死に近くあり夏の河/高澤晶子

鼬罠孫に伝へて死にゆけり/高木公園

空を出て死にたる鳥や薄氷/永田耕衣

食拒み死にゆく母か白木槿/平松鉦重

短夜のあはれ一遍死にの助/石塚友二

白桃や死に損ひし妻が笑む/鈴木鷹夫

人の死に菊と扉の多い家/宇多喜代子

死にかけし春の風邪を物語/下村槐太

冬鴎生に家なし死に墓なし/加藤秋邨

友の死に日暮るる路と花杏/大井雅人

人は死に人は鶲とあそびけり/斎藤玄

岬端の笹鳴死にそこねては/齋藤愼爾

友垣はみな死にたれど祭かな/松崎豊

死にそびれ絲遊はいと遊ぶかな/苑子

天に天狼日本狼死に絶えし/島世衣子

玉虫の死にからびたる冬畳/飯田蛇笏

無名死に鷺佇つことの幾夏か/斎藤玄

走り根の傍へが花の死に処/高澤良一

俳句例:61句目~

死にぎわは馬となりたる秋桜/岬千恵

孵化場に死に鴉吊る春疾風/石川文子

満月の雪のこの底焦れ死に/榎本好宏

枯葉舞ふ死にも悦楽あるごとく/林翔

貝寄風や若く死にたる弟に/榎本好宏

延若も死にたる春の炬燵かな/龍岡晋

蟹死にて仰向く海の底の墓/西東三鬼

明易や天涯へ星死ににゆく/亀田憲壱

蝶蜂も死にて花野の終る時/細見綾子

蝶燕母も来給ふ死に得んや/石田波郷

幾万の蝉死に絶えて風の音/長谷川櫂

落葉風死に遅れしは墓洗ふ/小林康治

水捨てる少女よ金死にたるか/北光星

草の花生にも死にも水使う/保尾胖子

恋死にし松井須磨子の花筐/西本一都

母死にて母に貰ひし雛伏目/品川鈴子

草の花人の死にしは昔なり/正岡子規

老衰といふ死に方や冬の蠅/富安風生

純白の砂漠に死にし黄金虫/仙田洋子

死ににゆく猫に真青の薄原/加藤秋邨

俳句例:81句目~

紅梅や死にゆく鳥の翅広し/柿本多映

喋るだけ死に近づくよ青田の父/山口伸

死にに行く対の小袖や夏芝居/千手和子

死にはてゝ五体隈なき月明り/中川宋淵

四月馬鹿人の死に嘘なかりけり/安住敦

死にゆくに一度怪訝な眼せり/遠藤進夫

堂堂と死にそびれたり初明り/山崎十生

死に下手の鈴虫にまた胡瓜買ふ/奥静代

壮年の死にざまに似て兜虫/福田甲子雄

死に侍るは誰か鵺かや春の闇/中村苑子

うつ向きに死にし烏の囮かな/桜井土音

夏死にて川端茅舎すがすがし/下村槐太

死に場所を求めし猫の大銀河/対馬康子

おのが死に一驚掌拡げボス蛙/香西照雄

死に居るを魔の高笑ふ金かな/尾崎迷堂

死に後れたる夫の逝き盆の月/河村八重

夜の森や一寸死にたく冬不運/細谷源二

死に急ぐなと蛍に水吹いて/鈴木真砂女

死に損の狼煙あげたる凌霄花/坂間恒子

死に方は天にまかせて花明り/品川鈴子

タイトルとURLをコピーしました