赤々を使用した俳句

赤々に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

赤々を含む俳句例

鰒汁の宿赤々と燈しけり/蕪村

鰒汁の宿赤赤と燈しけり/蕪村

赤々と百日紅の旱かな/正岡子規

赤々と酒酔星や盆踊/肥田埜勝美

夜業終へ福神漬の赤々と/山口昭男

寒々と赤々と正一位かな/岸本尚毅

赤々と夜空縮みて虫送り/中西舗土

赤々と肉ひろげたる薬喰/千原草之

赤々と風さかのぼる枝椿/西山泊雲

火の神へ紙赤赤と初御願/當間シズ

血縁を継ぐ赤赤と蕁麻疹/和田悟朗

赤赤と氷の音が殺し合う/川崎真彌

枸杞の実の夕赤々と人若し/天野龍斗

鵜の篝夜の殺生の赤々と/橋本多佳子

錦鯉跳ねて赤赤響きけり/佐々木六戈

御所柿のさも赤々と木の空に/上島鬼貫

扁桃腺赤々として雨水かな/仲原山帰来

禅僧が捨てて赤々牡丹の芽/加藤知世子

筑後路や麦焼きの火の赤々と/森永英子

裏山に日が赤々と秋蚕かな/小笠原和男

俳句例:21句目~

赤々とピラミドかけて月上る/寺田寅彦

赤々と年輪みえし年木かな/加藤三七子

赤々と朝日卒寿の神無月/阿部みどり女

赤々と杉の葉交る斑雪かな/加瀬美代子

赤々と酒場ぬらるる師走かな/前田普羅

肺病んで炉火赤赤と胸に浴ぶ/中山純子

戦後の子紅葉のうらに赤々と/中村草田男

昨日今日明日赤々と実はまなす/成田千空

赤々と熾りたる火や冬座敷/久保田万太郎

赤々と烏賊火は遠し寝るときも/桂樟蹊子

梅雨の渋滞テールランプの赤赤赤/高澤良一

赤々と毒あるものも木の実降る/佐々木六戈

タイトルとURLをコピーしました