落ち合うを使用した俳句

落ち合うに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

落ち合うを含む俳句例

落合ふて音なくなれる清水哉/蕪村

激つ瀬の落合ふ渦や岩釣/湯目孝風

花人の落合ふ駅や中書島/高浜虚子

落合のやや広き空石鹸玉/友岡子郷

明石屋に落ち合ふ昼餉桜鯛/堀恭子

更科や月に落合ふ僧二人/正岡子規

鬼灯市雷門で落合うて/田中松陽子

けもの径落合ふ峠独浦の花/毛塚静枝

離れ家に落合ふ客や春の月/井上井月

七月は水の落ち合ふ東京府/筑紫磐井

草川の橋に落合ひ墓詣で/黒田櫻の園

大川に小川落ち合ふ雪濁り/矢田挿雲

落合ひて花の筏の急がざる/関森勝夫

激流の落ち合ふ村の霜くすべ/久保武

落合の霧に捲かんな筏人/石島雉子郎

日曜の度に落合ひ花行脚/大久保白村

糸瓜忌の鶯谷で落ち合ひぬ/高澤良一

深吉野の霜夜に男落ち合へり/小島健

美濃衆と駅で落合ひ初吟行/高澤良一

家々の水の落ち合ふ盆の果/神尾久美子

俳句例:21句目~

山笑ひ落ち合ふ川も笑ふ此処/大田/嗟

散る柳夫婦づとめの落合ひて/水谷晴光

沖合で落合ふ対のかいつぶり/阿部子峡

清和なる天に遊べる観覧車/落合ひろ恵

老鴬や落合ふまでのひとり旅/鷹羽狩行

落ち合うて月の墓参の草の道/近藤一鴻

落ち合へる春装の婦の五六人/栗林千津

薫風や踊り子号で落ち合ひし/澤村芳翠

蝶失せぬ早瀬落合ふ渦の上/水原秋桜子

谷二つ落ち合ふところ岩釣る/高木一水

闇にゐて月下美人と息合はす/落合絹代

初場所の枡に落ち合ふ核家族/鈴木昌江

渓の日に冬菜洗ひの落合ふも/馬場移公子

葡萄棚なだらに渓に落ち合へる/柳沢東丁

甲が占む母の通知簿きらら虫/落合由季女

日暮るゝや夜蝉頻りに葉を落ち合ふ/原石鼎

慈悲心鳥鳴き渡り瀬の落合ふも/長屋せい子

落合ひて山水澄みをたがへざる/上田五千石

宇津の谷に落ち合ふ灯あり寒施行/平賀扶人

夜興引の更けて落ち合ふ野寺かな/会津八一

俳句例:41句目~

落ち合うて川の名かはる紅葉かな/大谷句仏

落ち合つて川の名かわる紅葉かな/大谷句仏

落ち合ひて二つ瀬ひびく著莪の雨/吉澤卯一

一筋に落ち合ふ路や魂送り/吉武月二郎句集

落ち合ひて新酒に名乗る医者易者/夏目漱石

鹿尾菜刈るや岩間落ち合ふ汐となり/原月舟

雲とんで雨呼ぶげんのしようこかな/落合水尾

タイトルとURLをコピーしました