夕日を使用した俳句

俳句例:201句目~

朝日より夕日親しく秋の蝉/飯田蛇笏

雀隠夕日の箒あてにけり/八木林之介

舟遅し夕日暖きぼんのくぼ/佐藤紅緑

さざなみに夕日を加へ鱒の池/森澄雄

撫子や上野の夕日照り返す/正岡子規

銀夕日栃の芽ばかり荒々し/堀口星眠

圏谷の雪田風吹き夕日さす/岡田日郎

土用波夕日の力まだのこる/桜井博道

釣柿や障子にくるふ夕日影/内藤丈草

針置くや夕日残れる木槿垣/千手和子

土蜂や夕日の弱き頃をとび/山口誓子

舂ける夕日の中の蘆火かな/鈴木花蓑

家ひとつ夕日浴びゐる栗の花/小林兌

家裏に廻る夕日や花みづき/草間時彦

家裏へ廻る夕日や花みづき/草間時彦

遍照の夕日春田もその中に/廣瀬直人

逝く夏や夕日あたれる松の幹/安住敦

富士川の淡き夕日に崩れ簗/上田孤峰

塵取も夕日の中や日短き/吉岡禅寺洞

肩ごしの夕日をつかむ寒鴉/安東次男

俳句例:221句目~

たばこ干す山田の畔の夕日かな/其角

桑の芽に郷里玉なす夕日射/飯田龍太

変化いま午の日夕日白障子/皆吉爽雨

瀧三條夕日にかゝる新樹かな/泉鏡花

寒梅に夕日の真紅浸み透る/笹尾操子

汐木積む夕日まみれの魂迎/熊丸淑子

夏花摘夕日のやうな朝日つれ/石嶌岳

水鳥や夕日江に入垣のひま/蕪村遺稿

足許へ夕日の二人静かな/海老原真琴

山の枯柏夕日がきて炎やす/和知喜八

紅梅と夕日と溶くる刻永し/永井龍男

杉高く秋の夕日の茶店かな/子規句集

買はれつゝ夕日のやどる寒卵/池禎章

谷紅葉夕日をわたる寺の犬/五車反古

山国や夕日くもらす草蚊遣/近藤一鴻

粗壁に夕日が射して甘藷煮ゆる/柏禎

椿一輪夕日いただき帰る人/野澤節子

星光り雪嶺になほ夕日の斑/岡田日郎

襟巻の中からのぞく夕日山/前田普羅

裏白に夕日しばらくありにけり/時彦

俳句例:241句目~

裏山を夕日洩れくる春炬燵/宮津昭彦

山川と夕日をわかつ赤とんぼ/滝佳杖

山繭に風花あそぶ夕日かな/荒井正隆

行年や夕日あつまる渡船中/増田龍雨

根元まで赤き夕日の葉鶏頭/三橋敏雄

蟻泳ぎゐて水甕の夕日濃し/内藤吐天

実柘榴や夕日の奥の絵本棚/能村研三

山茶花や夕日の枝に花多き/鈴木花蓑

ふり返る夕日の高さ枯尾花/稲畑汀子

春の雁市井の夕日卑しかり/石原舟月

松の芯顔出すものへ夕日の紅/桂信子

竹騒のこぼす夕日や寒の崖/永井龍男

蟹横に横に夕日を引摺れる/高澤良一

蝗とぶ藁の匂の夕日かな/ほんだゆき

蜻蛉やいま起つ賤も夕日中/芝不器男

ぼんのくぼ夕日にむけて火鉢哉/一茶

湖の夕日さしゐる接木かな/山口青邨

椋鳥の夕日の中に遠ざかる/岩切葉子

崕下の浪の夕日や東風の中/増田龍雨

蜩や夕日の里は見えながら/正岡子規

俳句例:261句目~

空蝉の腹にさし込む夕日哉/野崎柴兮

穴釣に夕日射し入る酒の瓶/野澤節子

蜩や夕日さし入るガラス窓/会津八一

春泥の金泥となり夕日落つ/福田蓼汀

種採や夕日にふるふ箕の塵/山本洋子

春蚕のねむる夕日に細き川/大井雅人

川の砂夕日に流れゐる盛夏/松村蒼石

秋鯖を提げて夕日を滴らす/戸川稲村

蜜蜂のさざめく夕日赤きとき/中拓夫

秋風や夕日がなめす波の皺/青木重行

蜉蝣や夕日はなさぬ水の面/丹羽啓子

蘆刈に夕日ゐざりぬ風の中/石原舟月

藁屋根の柿の落葉に夕日哉/寺田寅彦

藁塚に燃え搦りし夕日かな/京極杞陽

秋すでに種唐辛子その夕日/草間時彦

薄雪に月出ぬ山は夕日して/飯田蛇笏

蓬摘む籠の中まで夕日入る/鈴木幸子

松虫草雨の中より夕日さし/岡田日郎

棒杭の五六夕日に氷魚の網/加藤耕子

干し煙草峡の夕日は家貫く/桜井博道

俳句例:281句目~

葬ひの終る夕日や鳳仙花/岡本癖三酔

黄沙降る夕日駱駝の腫れ瞼/佐野美智

麦蒔いて居る人遠き夕日哉/星野麦人

干し煙草峡の夕日は家貫く/桜井博道

枯芝に夕日の山の影のびる/伊藤淳子

夕日傘さして高野に着く女/京極杞陽

夕日傘さして高野に著く女/京極杞陽

葡萄吸う腰から下に夕日浴び/徳弘純

夕日向のみの犬小屋寒の入/香西照雄

鶯菜洗ふ夕日が山羊鳴かせ/米川欣秀

葛飾の夕日が好きで残る鴨/中嶋秀子

年木割る夕日に僧の眉太き/羽田岳水

鵙の腹夕日を宿す高樹かな/久米正雄

夕日影せきて古簾や竹の秋/飯田蛇笏

鴛ゆくや夕日江に入る水のあや/几董

硝子戸の終の夕日や鵯がゐて/中拓夫

一村は夕日をあびる紅葉哉/正岡子規

枯芦の根水に夕日映りけり/大谷句佛

万歳の烏帽子さげ行く夕日かな/闌更

荒海や雲をつんざく秋夕日/大谷句佛

タイトルとURLをコピーしました