肩を使用した俳句

肩に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

肩を含む俳句例

広肩の畏む寒さ神輿彫/林翔

長身の肩へ豊髪夏柳/香西照雄

夕立に肩衣ゆゝし馬の上/青蘿

裸子よ汝も翳もつ肩の骨/林翔

大壺の肩の埃や冬籠/河野静雲

秋袷袖の道行き五十肩/安西篤

暖かや人形の肩埋む髪/大熊輝一

氷上に肩寄せ育つ音をきく/原裕

羅の肩をおほへる稲光/中村汀女

婆嚊の肩ぬぐ空や御身拭/几/董

石仏の撫肩ならぶ猫柳/加藤弥子

鳩の声肩にとどくや夏木立/麦水

勝牛の肩肉震ひ蠅払ふ/奈良文夫

少年の鋭角の肩夏兆す/大西泰世

肩に風裾に散して山桜/上島鬼貫

嘴熱きおうむを肩に心太/渋谷道

学童ら箒を肩に尊徳忌/富安風生

元日の劇薬瓶みな肩落し/澁谷道

よいぞ嵐麓のいきり肩の花/調試

閻王の広き肩巾膝の巾/小畑一天

俳句例:21句目~

わが肩に上る煙や寒灸/下田実花

壷の肩火襷走る秋の暮/菊井稔子

さら~と溢るゝ新茶壺の肩/羽公

銃肩に遊牧民や夕焼す/下村梅子

踊娘ら襷の結び目を肩に/森田峠

節分や肩すぼめゆく行脚僧/露伴

謡師に肩はる癖の扇哉/正岡子規

観音の肩から零れ稲雀/斎藤淑子

外套の肩が擦れあふ万灯会/林徹

外套の肩の断崖孤独かな/不破博

畑大根皆肩出して月浴びぬ/茅舎

蟹が肩怒らす方の鋏大/田畑比古

寒き夜や探れば窪き老が肩/太祇

空蝉や妻に肩借す寺の階/原石水

一痕の雪渓肩に男富士/富安風生

七夕や藍屋の女肩に糸/黒柳召波

白雨や肩をやすめる合羽持/西意

肩過ぎぬ髪の姿やかつら草/雲化

肩過ぎてたるる柳の鬘かな/富木

肩退くや湖白し暑気中り/松澤昭

俳句例:41句目~

肩越しに海珠なせる春焚火/原裕

肩置の出所かくす紙子かな/李由

肩痛き浴衣の糊や花薄荷/森澄雄

撫肩の母夢に来よ宝船/松本美簾

流れ星天秤棒の肩すかし/二村典子

初時雨赤子に肩を叩かれて/岸田稚

鴉横に居て肩痛し秋の暮/永田耕衣

春水の盥に満ちて鯉の肩/正岡子規

笈磨れの尊き肩や二日灸/飯田蛇笏

春眠に意識過剰の肩を貸す/磯崎清

山峡の夕日を肩に田植人/福田和子

骨固き肩肘頑と花見電車/右城暮石

風の日の蟷螂肩に来てとまる/篠原

青蜜柑日暮の海の肩ひかる/中拓夫

南へ肩ゆるやかに初比叡/村尾梅風

ばゝ嚊の肩ぬぐ空御身拭/高井几董

春風や肩をはなるゝ力石/正岡子規

霾やわれも肩より頭陀袋/荻生径子

露座仏の肩美しき十三夜/西本一都

雷火立つ肩の怒れる駒ヶ岳/原柯城

俳句例:61句目~

雪雲を肩に流して飯豊山/富田/要

雪嶺の肩に雲燃え樺の花/西村公鳳

雨淋し家路の螢肩に背に/木村蕪城

月代や少し前行く妻の肩/草間時彦

陽炎のわが肩に立つ紙衣かな/芭蕉

炎天に肩落し消ゆ誓子はも/岸田稚

陶雛の肩の釉薬明りかな/高澤良一

朝市へ鉄砲百合を肩抱ヘ/矢島渚男

幼な妻肩掛で肩狭め狭め/香西照雄

やどりせむ藜の丈の肩過ぎぬ/大魯

獅子頭肩に担げば美青年/藤坂陽子

弓引きて肩やしなふや冬籠り/蓼太

端居して仏の肩や明易き/永井龍男

朝起きの肩ひねらせつ梅の花/史邦

肩掛をして足早に法善寺/高木石子

弱き身に姑の情の肩蒲団/荒木奎子

木の家や涼風に肩叩く音/中山純子

鼓座のいかれる肩や能始/下田童観

塒鶴肩を落して降り来たり/岸田稚

木枯や火の色残る壺の肩/佐藤知澁

俳句例:81句目~

御肩に煤掃のゐる多聞天/野平椎霞

墓洗ふ肩に囁く彼岸西風/巌谷小波

人の肩借りて厠や水中り/森川暁水

開帳や肩に落ちたる鳶の糞/森澄雄

肩出して大根青し時雨雲/前田普羅

肩並べ心相触れ青き踏む/山田凡二

人違ひして肩叩く目借時/徳丸峻二

竜淵に潜む肩井指圧して/高澤良一

恋するや風花肩に膝に咲かせ/原裕

針立や肩に槌打つから衣/松尾芭蕉

酒吹いて竿燈支ふ肩浄め/木内彰志

肩を張り拳を握る寒さ哉/正岡子規

立話肩に来てゐる赤蜻蛉/宮坂つる

賭弓や肩に掛けたる被け物/森無黄

豹涼し肩が歩めば背がつづき/林徹

日盛りに太き鴉の怒り肩/志村冬彦

肩の継それも破れて芦刈女/森田峠

灯吹く単衣の肩のほそりかな/種茅

夕雁や物荷ひ行く肩の上/夏目漱石

渡米する娘の肩や花吹雪/柳川信男

タイトルとURLをコピーしました