幹を使用した俳句

幹に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

幹を含む俳句例

草庵の三幹竹や蝸牛/岩木躑躅

秋風や竹一幹の橋懸/石川桂郎

老幹を雨光り落つ夏隣/岡本眸

千年の幹の塊桜咲く/太田土男

白椿赤椿幹黒くして/鈴木花蓑

黒松の一幹迫る寒燈下/森澄雄

黒々と幹走り居り花の中/篠原

啓蟄の煙が松の幹のぼる/桂信子

啓蟄や幹にあづけし草箒/井上雪

蝸牛男が幹の青さ言ふ/松本文子

杉の幹剥げば赤膚冬の霧/中拓夫

幹銀の辛夷の空を雲追ふ風/林桂

夜桜や幹黒々と逞しき/石崎鬼門

月光の百幹ひしと竹の春/赤松子

春炬燵窓に一本松の幹/細川加賀

老杉の幹少し見ゆ若楓/野村泊月

粛々と句座新涼の竹百幹/益田清

竹の幹白服の人通しけり/桂信子

秋西日赤松並ぶ幹の朱/寺田寅彦

打水に胸板の如幹のあり/上野泰

俳句例:21句目~

柿一つ残して太き幹下りる/原裕

秋杉の幹しんかんと男立つ/原裕

一幹の緋寒桜に行脚僧/野中千秋

秋冷の黒牛に幹直立す/飯田龍太

百幹の峠の冬木夕茜/上沼美保子

一荘の一老幹の櫨紅葉/猪頭星荘

七種や松数幹の色ケ浜/染谷秀雄

万緑の一幹馬首のごと叩く/狩行

白樺の八月尽の幹の傷/岩島妙子

紅梅や醜き幹から醜き枝/中田剛

山桜風の響きは幹伝ひ/高澤良一

山荘の裏百幹の今年竹/言本克巳

幹百年いま百日の樟若葉/花谷清

兜虫戦ふ幹や木下闇/東洋城千句

炎天へ遠山をおく竹の幹/桂信子

蘗や幹と化したる縄の色/日原傳

鯉幟槐の幹に大あほち/西山泊雲

冬日向幹の途中に蟻迷ふ/桂信子

青嵐や遠く一会の松の幹/桂信子

赤松の幹の四五本大西日/工藤芳久

俳句例:41句目~

赤松の幹の二タ股鳥渡る/井上康明

月天へ雪一すぢや松の幹/川端茅舎

赤松の幹に力や秋彼岸/片山由美子

豆幹の篝火匂ふ花まつり/玉井玲子

蝸牛幹より剥がす朝餐後/横山房子

幹の間とほくの幹に月させる/篠原

しぐれたる幹綿々と梓川/小野比路

蜩や百年の幹おとろえず/坪内義寛

塔ぞひに幹素直なる山桜/羽部洞然

松の幹みな傾きて九月かな/桂信子

杉高し秋扇もて幹打てば/皆吉爽雨

法堂や二月厳しき松の幹/渡邊水巴

夏杉の幹ひえびえと楽焼窯/中拓夫

蔦枯れて幹の脈拍整いぬ/赤澤丹雪

落椿万幹の竹まつさをに/橋本鶏二

夏雲や大王椰子の幹の瘤/内田百間

茸採り再び杉の幹に消ゆ/鈴木荒圃

花薔薇したたかな幹枝構/瀧井孝作

脳幹に静かにつもる桜花/吉本和子

夕立が過ぎ白い幹黒い幹/山西雅子

俳句例:61句目~

老松の幹に菰まく冬支度/新井安雄

残雪に赤松は幹赭く赭く/高澤良一

杉二十五幹同根冬青天/伊藤いと子

森百幹樹液走りて春奏づ/松村多美

大寒の竹一幹を切り放つ/小林康治

大寒の菰の匂える松の幹/上野敏郎

緑蔭の幹に人入り幹となり/上野泰

春近く桜の幹のいぶし銀/高澤良一

幹高き欅や日脚伸びにけり/森澄雄

幹黒く愛憐の黙冴ゆる村/成田千空

森深き新緑の中幹が立つ/中島斌雄

黒松の幹の芯まで五月雨るる/林徹

大木の幹に影あり冬日濃し/上村占

雨伝ふ幹の齢や花ざくろ/横山房子

闇に浮く杉の直幹万燈会/安達波外

窓圧す松の大幹風炉手前/新村寒花

空を掃く竹の百幹風光る/山田政枝

梧桐の被爆の幹に蝉生る/川口崇子

秋風や竹林一幹より動く/高濱年尾

大雨に幹かすみけり夏木立/中田剛

俳句例:81句目~

銀杏の幹裂け沈む冬の空/横光利一

鉈の如打水幹を打ちにけり/上野泰

鈴懸の幹の清潔夏は来ぬ/鷹羽狩行

太幹に彫りし西暦桜の園/鷹羽狩行

わが愛の具象は翳りゐる幹か/林桂

金亀虫松の鉄幹立ち並び/山口誓子

昏れんとし幹の途中の蝸牛/桂信子

秋曇の目の前にある松の幹/桂信子

昼深き椿の幹のかたつむり/上田操

揺すぶれぬ桜太幹女子大学/楠節子

柿の木の幹の黒さや韮の雨/原石鼎

秋曇の幹の褐色ドラン死す/桂信子

数幹の若竹交る明るさよ/星野立子

動乱の西へ傾く松の幹/宇多喜代子

火祭や幹を寄せ合ふ神の杉/北代汀

確と立つ欅の幹や弓始め/石田波郷

斡の間とほくの幹に月させる/篠原

矢を放つ早春の幹並ぶ間/荒井正隆

百幹は百幹の音竹落葉/久保田珠生

宗祇水とや一幹の夏柳/高田風人子

タイトルとURLをコピーしました