北/を使用した俳句

北/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

北/を含む俳句例

冬木立寒雲北に滞る/芹村

花の山東西南北の人/一茶

花木槿北岩倉の一番戸/船山

朝顔よ一番馬の鈴の音/北空

初烏東へ北へなく千鳥/紫暁

風吹て北の隣の煤拂/正岡子規

磐梯の北魔荒し山桜/水原春郎

最北の鰊番屋の鰯雲/岡田美作

蜩や御夢さめし北の窓/山崎斌

北の海獣泣きして雪催ひ/上村占

うらやまし浮世の北の山桜/芭蕉

塞北や商人霞む馬の上/松瀬青々

青嵐煙突の煙北へ吹く/正岡子規

雲淋し冬はあらはに北の山/漁焉

雁北に秩父は雲の中なるや/麦南

北谷に立てば北空法師蝉/多佳子

深轍北へ遡れば終の母/齋藤愼爾

春雲の房総沖を北航す/尾崎/弦

北麓の空より碧し蛍草/小川晴子

凩の北に國なし日本海/正岡子規

俳句例:21句目~

先づふるは雪女もや北の方/重頼

夕焼や終着駅は北の果/渥美静江

北ぞらや霞みて長し雁の道/召波

水臭き陰雪北の方昏し/西村公鳳

蛍籠極星北に懸りたり/山口誓子

北の旅一夜の宿の石狩鍋/塙きく

囀や火の山北に雪を負ふ/瀧春一

岩茸や北を抉られ武甲山/下田稔

木枯や山脈北へ走るのみ/石嶌岳

葱畑や三葛飾の北の隈/喜谷六花

冬の庵に菊存す岡の北/正岡子規

座礁船北の挽歌や虎落笛/林青峰

単色の北の冥さを凍豆腐/林可折

黍畑北へ流るる潮あり/角川春樹

厠にも繭玉飾り北武蔵/井口涼花

金華山沖を涼しく北航す/高野素十

冬構断崖つづき佐渡も北/福田蓼汀

遅桜北指す道の海に添ひ/野澤節子

折しもあれ五月美し北の旅/森鴎外

冬空や巣鴨は江戸の北はづれ/嵐竹

俳句例:41句目~

秋の山北を固めの砦かな/正岡子規

おのづから北を塞げり山襖/上村占

凩や動かぬ雲の北に見ゆ/中川四明

川上に北のさびしさ閑古鳥/岡本眸

送行の雲の厚くて湖の北/関戸靖子

追分を北にとりてぞ木葉髪/齋藤玄

晩熟の北の青貝赤黄男の忌/畠山弘

初雪のこゑ鬼胡桃北辛夷/黒田杏子

北へ~雪美しく狐棲む/池内友次郎

白桃や昼の静脈北を指す/坪内稔典

弾初をたけて見せ北明かり/澁谷道

迎火や北にすぐれし京の峰/今井勲

北に凶作納豆の苞青残る/野沢節子

白き山北を塞げり雁帰る/松村蒼石

北に耀る寒星母を喪ひぬ/伊東宏晃

街道や大樫垣の北おろし/村上鬼城

熊突や海の氷れる北の国/山口漁壮

春月の秋月と澄み北の果/福田蓼汀

煮凍や北に向きたる臺所/正岡子規

秋風や馬合点して北の方/正岡子規

俳句例:61句目~

灯台は北への起点鳥渡る/尾崎隆則

潮流の北より來たる氷哉/正岡子規

落る日や北に雨もつ暮の秋/炭太祇

夏蝶と並ぶ一瞬北の旅/鈴木六林男

湖の北なる辛夷月夜かな/岩崎照子

海峡を北へ北へと流行風邪/澤草蝶

洋上の羅針北指し鯨追ふ/杜あとむ

北の町はや真冬日の昼灯/田中實子

幽り世の淡墨桜北にあり/角川春樹

寒の空鋭き星を北に見る/武田鶯塘

古城は北に聳えて天の川/内藤鳴雪

北の窓塞ぎぬ獣通ふらし/石井露月

北の窓日本海を塞ぎけり/正岡子規

北は黄に銀杏ぞ見ゆる大徳寺/召波

大滝を北へ落すや秋の山/夏目漱石

ゆく雲の北は会津や春田打/岡本眸

山の北残雪のある天気かな/上村占

楢の木や鶯来鳴く家の北/正岡子規

椋鳥や天上すでに北の音/中澤康人

北へ展く野面の光蛇の光/酒井弘司

俳句例:81句目~

帰還船出航す北へ雁北ヘ/西島麥南

椋の木に囮掛たり家の北/子規句集

幹に苔つく方が北木下闇/高橋笛美

栃木より北も朧や馬の柵/田波富布

枯芒北に向つて靡きけり/夏目漱石

繭の香や乗換急ぐ北の駅/菅沼彦二

末枯や北指す牧の風向器/吉澤卯一

ラムネ壜高だか積まれ北の駅/柏禎

北を向く八雲の机龍の玉/山本洋子

北寂し枕の北の芹淋し/河原枇杷男

北少し晴れて広さや大根畠/原月舟

月白を北へ一遍ほかの者/黒田杏子

日は北に北極圏の夏の夜/三宅蕪村

北淡の一の宮より旅始め/廣渡秀子

学帽や北を想えば北曇る/寺山修司

人行かぬ北の家陰や霜柱/正岡子規

土竜の屍黒菱形に北の夏/成田千空

北空に刻みの深き花辛夷/鷹羽狩行

北空へ片寄る雲や初不動/福川悠子

暁の苗代に北目指す汽車/大井雅人

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました