木枯し(凩)を使用した俳句

木枯し(凩)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

木枯し(凩)を含む俳句例

凩や宮の鼓の片颪/才麿

木枯や紫摧け紅敗れ/子規

神将に天魔の吐息凩す/林翔

凩や馬現れて海の上/松澤昭

凩に匂ひやつけし帰花/芭蕉

凩も袋にひとつ葉抹香/昌夏

凩や馬に物言ふ戻り道/四迷

凩も亦風神の司る/伊藤柏翠

凩や暖室の花紅に/正岡子規

凩や南大門昔顛倒/野村喜舟

凩や鼠の腐る狐罠/正岡子規

凩の通る天空海闊を/森澄雄

凩に鰓吹るゝや鉤の魚/蕪村

凩や鰯乏しき鰯網/正岡子規

凩や宮の鼓の片颪/椎本才麿

寝た下を凩づうん~哉/一茶

凩に杖を進むる捨聖/高澤良一

凩や勢田の小橋の塵も渦/其角

凩や何に世わたる家五軒/蕪村

凩のはては有けり海の音/言水

俳句例:21句目~

物は何凩の簔雪の笠/正岡子規

物は何凩の笠雪の簔/正岡子規

凩を杖に突きけり老の坂/智月

木枯や駆込寺の竹箒/有馬朗人

凩の夜天の端や輜重行/齋藤玄

凩や紅はげる妙義山/正岡子規

月一つ凩一つ浮野道/落合水尾

凩やこぼれて昼の牛の声/園女

年々や凩吹て尖る山/夏目漱石

木枯の町一筋や妙義裾/上村占

凩や馬を犒ふ小百姓/石井露月

凩や鞄のなかに楽譜あり/林徹

凩の果は有りけり海の音/言水

木枯や刈田の畔の鉄気水/惟然

三椏と知る凩の熄みし枝/耕二

凩や病の舌に梨の味/正岡子規

凩の果の夕空血が滲む/登四郎

凩に菅笠たつる旅寝かな/越人

凩や海に夕日を吹き落す/漱石

凩や鐵となる吾妻橋/正岡子規

俳句例:41句目~

凩の空見なほすや鶴の声/去来

凩に何やら一羽寒げなり/杉風

凩の吹きかはりゐる外廁/原裕

凩や木の葉にくるむ塩肴/一茶

凩に富嶽百景抛りだす/松澤昭

凩や昼は淋しき廓道/正岡子規

凩の吉田山越え痩講師/広岡仁

凩や新嶋守の立ち姿/正岡子規

凩に狸の鼻の乾き鳧/内田百間

凩や我が掌のうらおもて/重信

木枯や紫摧け紅敗れ/正岡子規

木枯や母の紅衣が嬰包み/林翔

木枯や後の山も遠からず/社燕

凩や常灯明のしんかんと/一茶

凩にふとる莟や寒椿/正岡子規

凩や覗いて迯ぐる淵の色/蕪村

木枯よ削り過すな山の形/麦水

凩や天狗が築く一夜塔/泉鏡花

凩や坂町で買ふ障子紙/原月舟

木枯や市に業の琴をきく/白雄

俳句例:61句目~

凩や土橋の元の立佛/寺田寅彦

木枯や灯心売のうしろ影/暁台

凩や十年賣れぬ古佛/正岡子規

凩や十六七の尼の顏/正岡子規

凩空見なをすや鶴の声/向井去来

凩を父流水を母の声/千代田葛彦

凩を来て末席におし黙る/吉本昴

凩の煙突に鳴る夜半哉/寺田寅彦

凩の淨林の釜恙なきや/正岡子規

木枯や別時念仏真の闇/草間時彦

凩の海道山の中辿る/百合山羽公

凩や麓の方に鍛冶の音/正岡子規

凩の浄林の釜恙なきや/子規句集

凩の残すものなく千枚田/小川浩

凩に鰓吹るるや鈎の魚/與謝蕪村

凩や魔弾の射手の蹄音/市川栄司

木枯や千金丹の看板に/田中冬二

凩に鰒ひつさげて高足駄/泉鏡花

凩や雲裏の雲夕焼くる/臼田亞浪

凩の果てはありけり海の音/言水

俳句例:81句目~

凩に鯨潮吠く平戸かな/夏目漱石

凩に二日の月のふきちるか/荷兮

初木枯酒舟石を響すか/秋山素子

凩は高野聖を掴みけり/野村喜舟

凩は賽の磧の石飛ばす/福田蓼汀

凩や鐘撞く法師五六人/正岡子規

凩や鉋屑舞ふ普請小屋/寺田寅彦

凩の時間を炒め厨人/田川飛旅子

凩の明家を猫のより處/正岡子規

凩や里の子遊ぶ九品仏/野村喜舟

凩の明家を猫のより処/正岡子規

凩の鐘楼危ふし巌の角/夏目漱石

木枯の夜間働く温水器/高澤良一

凩や遠き帆船の国の声/対馬康子

凩や迷ひ子探す鉦の音/正岡子規

凩や觀ずれば皆法の聲/正岡子規

木枯の急流夜の無人坂/清水経子

凩や葎を楯に家鴨二羽/子規句集

凩や落書兀げる仁王門/正岡子規

木枯や器の円に卵の黄/鈴木鷹夫

タイトルとURLをコピーしました