崖を使用した俳句

俳句例:101句目~

音なくて崖の真昼の葛の花/山西雅子

霙るゝや砦のやうな崖二階/籾山柑子

雷の崖ぎすに火の刻水の刻/齋藤愼爾

お花畑断つ崖沿ひの縦走路/福田蓼汀

隼の棲むといふ崖見ゆる宿/寺田ユリ

陶土とる残照の崖柿たわわ/加藤耕子

陀羅尼助払へば崩る春の崖/攝津幸彦

鎌倉は木暗し崖の諸葛菜/久保美智子

重ね被るふとんや崖の匂ふまま/耕衣

遠雷のひと夜秋めく崖の音/古沢太穂

遠目にも崖の濡れ鳥渡る/中戸川朝人

こぼれつぐ初朔日の崖の土/太田寛郎

赤き馬百尺の崖撃たれ墜ち/細谷源二

誰も居ぬ崖大寒の青水輪/柴田白葉女

残雪を崖裾に圧し貨車曲る/原田種茅

さらに崖あれば越前野水仙/花谷和子

裏窓に夜の崖迫り甜瓜食ふ/戸川稲村

蝉塚も摩崖の首も青あらし/石原八束

崖枯れて鞭によろしき枝あそぶ/原裕

蜩や天に崖あるひくれどき/加藤楸邨

俳句例:121句目~

蛇穴に入る半身を崖に垂れ/吉野義子

藪柑子崖凍る日の近からむ/太田蓁樹

薯植うる崖より開け周防灘/室谷幸子

もろともに崩るゝ崖の霜柱/正岡子規

薫風や崖にこぼれて松の苗/長谷川櫂

葛咲ける崖の上茂吉記念館/松村蒼石

ラムネ瓶太し九州の崖赤し/西東三鬼

葛の花崖に隠地に墓建てず/茨木和生

葛の花崖に小さき流人の墓/加藤耕子

枯草の崖が明快村の終わり/伊丹公子

五月の風蕗の若葉の崖を吹く/瀧春一

五月灯台無韻青年崖にいて/和知喜八

枯木折る音や師走の崖の上/内藤吐天

落石が網目出でんと葛の崖/河野南畦

崖氷柱刀林地獄逆しまに/松本たかし

どこまでも崖どこまでも落椿/樋笠文

枯どぐい海鳴り返す崖屏風/山岸巨狼

菫咲き崖逆落す径もあり/水原秋櫻子

崖氷柱薙ぎ金石の響きあり/福田蓼汀

荒瀬うつ崖の上なる天狗茸/杉本文彦

俳句例:141句目~

冬波や崖に出てよむ母の文/石原八束

本郷の崖上の家糸瓜引く/松崎鉄之助

凍日やいつか積りし崖の崩/永井龍男

凡百の夜明けが怖い崖氷柱/鈴木夏子

川音や草萌近き崖を去る/加藤知世子

末枯の榕樹の気根崖に垂れ/高浜年尾

初冬や鶲は崖を鳴きこぼれ/野村喜舟

初夢の崖縁をただ歩くかな/橋爪鶴麿

初富士や崖の鵯どり谺して/川端茅舎

茶屋の日蔽舟の日蔽と崖裾に/滝青佳

北風のこの崖にきて逆まける/上村占

崖登りつめ朝顔の紺ひらく/山口草堂

花冷えの城の石崖手で叩く/西東三鬼

午後からの急な風出て崖椿/星野立子

絶海に崖隆起して鷹呼べり/野澤節子

紐ほどの径水仙の崖に沿ひ/加藤耕子

名月の眞向に立つや崖の上/正岡子規

啓蟄の崖の上なる山手線/榎本冬一郎

納沙布の崖土とばす春疾風/望月皓二

紅葉は崖崩壊のためにある/対馬康子

俳句例:161句目~

囀りや崖をささへて崖不動/木内彰志

箸割るや夕暮れて花白き崖/長谷川櫂

笹鳴やしづかに崖が応へをり/池芹泉

崖あらふ雨より霙うつくしき/中田剛

異国船美し梅雨の崖壁に/五十嵐播水

崖ぎはへひたと揚舟夏千鳥/木村蕪城

崖さむし海鵜の糞の純白に/矢島渚男

曼珠沙華構も墓も崖に拠る/木村蕪城

町中の崖に雨降り雁鳴けり/内田百間

崖しらむ層雲峡の夜の白雨/石原八束

晩秋の少年等崖ずり下りる/細見綾子

獅子舞が通りこぼれる崖の土/桂信子

崖たててかすみを流す松の貌/石寒太

片栗の花の日影は崖にあり/坊城中子

寒梅や十津川村は崖ばかり/矢島渚男

烈風に崖みがかれて竹煮草/倉根文吾

炎熱の城の石崖草田男忌/池内けい吾

石窟仏葛の初花崖に垂れ/加倉井秋を

崖に倚る塔や伽藍や秋の山/正岡子規

崖に倚る菊人形の小屋高し/正岡子規

俳句例:181句目~

秋の濤崖の上には遊女の碑/木村蕪城

崖に出て蚊柱となる忘我かな/澁谷道

炎天や摩崖仏驚破崖を墜つ/石原八束

崖に沿う下闇こそは円覚寺/加藤楸邨

炎天のその崖見るが一大事/斎藤空華

寒禽の声のこぼるる摩崖仏/皆川盤水

崖に見る沖浪ばかり耕せり/中島斌男

炉を塞ぐ丹波山道の崖住まひ/堀古蝶

灼くる街崖は真葛の谷なせる/瀧春一

秋川に崖水吾をのがれゆく/巌谷小波

崖草に蛇身擦る音はや高し/野澤節子

崖の上すでに枯枝ならず照る/及川貞

崖羊歯に合唱ランプ寄せ集め/飴山實

崖の上に熟麦の丈加へたる/宮津昭彦

夜の桜うしろに暗き崖懸る/加藤楸邨

崖の上の人の往来や秋祭/大場白水郎

崖菫かくれの里へ逆落し/下村ひろし

瀧みちや崖を烟のながれたる/中田剛

窓押せば鼻つく崖や苔の花/野村泊月

天空も崖もまぼろし氷り瀧/齋藤愼爾

タイトルとURLをコピーしました