光りを使用した俳句

光りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

光りを含む俳句例

潦椿にのりし水光り/上野泰

孤の我は光りぬ蛍かな/一茶

村中の鏡が光り春の泥/黛執

梟や底光りせる皿秤/中田剛

猫柳風に光りて銀鼠/鈴木花蓑

老幹を雨光り落つ夏隣/岡本眸

佃煮の漆光りや初不動/岡本眸

舷に礑と光りつ和布刈鎌/橙黄子

松籟や寸鉄寒を光り出よ/齋藤玄

光り降る泰山木は花か鳥か/原裕

天暗し炭塊寒く地に光り/三谷昭

衣手は露の光りや紙雛/蕪村遺稿

耕の鍬の光りて横に置き/上野泰

梧の葉に光り広げる螢かな/土芳

目に光りくる蝉声と父の斧/原裕

草の市あはれ蛍の光りけり/奇淵

茂吉忌や光りて遠き池と梅/林翔

猫柳光りて漁翁現れし/高濱虚子

杉闇に瞳光りぬ春の鹿/筒井盧仏

岩山に裸の櫟光りあふ/佐藤鬼房

俳句例:21句目~

点滴の金剛の粒光り夏/石塚友二

受難節卓に鶏卵光りをり/上田操

一天の漆光りに星月夜/富安風生

川浪の霰光りに川千鳥/飯田蛇笏

水晶の一面光り渡り鳥/小川軽舟

霧に消え霧に光りて秋蛍/山田流

遠光りする野の水や返り花/亜浪

啓蟄や光り流るる厨水/内藤吐天

戸の隙に青麦光り昼の箸/桂信子

雪礫光り掠めし恋の中/成田千空

夏潮に渦の一眼光りけり/上村占

銀芒丹波山系光りけり/岩崎照子

稽古鉦黄金光りや祭来る/後藤夜半

秋鯖の光りて並ぶ海の色/伍賀稚子

石切場四角に風の光りけり/大串章

桃の虻皆光り飛び茶褐色/鈴木花蓑

短夜の浪光りつゝ流れ鳧/内田百間

昼寝覚針刺に針光りをり/館岡沙緻

白髪に蜜光りけり夢の秋/攝津幸彦

寒蜆鼈甲くろき光りかな/松瀬青々

俳句例:41句目~

白鍵の底光りして夕立来/仙田洋子

白制札呼ぶかに光り遠桜/香西照雄

産卵のあぶら光りに蟇/小島千架子

栗鼠の春並木の果に塔光り/有働亨

初凪の光りまとひぬ石叩/増田燕城

月一輪湖一輪光りあふ/橋本多佳子

初景色野川一本光り出す/中村明子

初月に蒟蒻玉を掘る光り/萩原麦草

燦々と光りを抱き初雀/長谷川秋子

燕に海の光りの映りけり/増田龍雨

熊谷の涙光りぬ村芝居/文挟夫佐恵

新涼を告ぐ一片の光り雲/相馬遷子

朝粥のきらりと光り花曇/赤尾恵以

半島が黒光りして十三夜/坪内稔典

夜の雪晴れて薮木の光りかな/浪化

光りて青き麦生戦前戦後なし/昌寿

裏山へ鎌光りゆく盆支度/神野久枝

蘆火中淀の一水光りけり/井桁蒼水

藁庇夕月光りそめしかな/久米三汀

一天の玉虫光り羽根日和/清崎敏郎

俳句例:61句目~

海峡の舟虫にして黒光り/高澤良一

草摘に光り輝く運河かな/川端茅舎

洞窟の流人の星なり光り苔/堺信子

池遠見萍の座の光り見ゆ/高浜年尾

一群の裸子光り来たりけり/不破博

一連の雲光りあふ鰯引き/広井紅柳

麦星の豊の光りを覚ましけり/楊水

啓蟄や命あるもの光り合ふ/星野椿

光り合ふ二つの山の茂りかな/去来

水張りし棚田の光り仏舞/伊藤秀雄

久方の光りが霜に歸り花/松瀬青々

飛魚の翼の光り波を切る/高濱年尾

青芝に夜の雨光り誕生日/佐藤脩一

露眩し漆光りに馬も照り/福田蓼汀

霧ふ夜の光りて眠る秋螢/石原八束

大寒の底光りせる樫青葉/高澤良一

城下町瓦光りて夏めきぬ/宮口征子

芭蕉糸しろがね光り糸車/沢木欣一

待合の木椅子涼しき黒光り/仁平勝

芒なほ午前の光り峠路は/野澤節子

俳句例:81句目~

水仙の潮の光りを盃に/平井久美子

梳初や油光りの手馴櫛/高橋淡路女

光りあふ二つの山の茂りかな/去来

電球も黄金光りに酉の市/高澤良一

天暗きまで海光り鰰来/関根黄鶴亭

雪雫梅に光りを送りけり/高澤良一

雪肌の一つの雪の光りをり/上野泰

夏光り午乳壜にある棲家/対馬康子

けふできて光り一日苗代田/森澄雄

人力車光り置かれて萩の門/上野泰

翡翠は川の宝石光り飛ぶ/竹葉英一

横笛のごと波光り螢籠/田川飛旅子

雨まへのくらきに光り蛙ゐる/篠原

陶酔や白糖を蟻光り出づ/内藤吐天

縄取瓶只光り見ゆ家の内/松藤夏山

野生馬の黒光りして夏岬/寺田順子

散策圏出でず綿虫光り飛ぶ/樋笠文

遠天の蒼光り凍河流るる音/齋藤玄

夕立に鎌の光りや草の上/寺田寅彦

斧光り薪割けて飛ぶ鵙叫ぶ/上野泰

タイトルとURLをコピーしました