哀れを使用した俳句

哀れに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

哀れを含む俳句例

萩芒月は細きが哀れなる/野坡

哀れさは殊に桜の冬木立/游刀

あはれしれ俊乗坊の薬喰/路通

痩馬のあはれ灸や小六月/鬼城

夏籠に痩る禿の哀れ也/正岡子規

葛の花流人時忠ただ哀れ/誓子/

昼の月あはれいろなき祭かな/敦

雨に獲し白の嵩哀れなり/秋櫻子

二夜とはまたぬも哀れ鉢叩/二柳

姥捨ての哀れは昔春の山/山田雪

鳥籠に虫飼ふあはれ村童/宮入聖

水涸れてあはれや橋の添柱/平砂

攝待や盲扶けて子のあはれ/憂々

浦風のあはれに強し走馬燈/篠原

さし鯖の仏臭くも哀れなり/五朗

出替や哀れすすむる奉賀帳/許六

生殘る蛙あはれや枯蓮/正岡子規

あはれなるの競ひや上り簗/青☆

草の市あはれ蛍の光りけり/奇淵

哀れにてやさし竃馬吾木香/信徳

俳句例:21句目~

あはれよや麻木の箸の長短/也有

ふり売の雁ン哀れなり夷講/芭蕉

哀れ且市たつ鮎の暮のさび/杉風

塵取に啓蟄の虫あるあはれ/林翔

鵜飼名を勘作と申し哀れなり/漱石

鉢叩ものに狂はであはれなり/家足

あはれとは生きの験の春の暮/朱鳥

鶏頭に秋の哀れは無かりけり/闌更

弥兵衛とは知れど哀れや鉢叩/蟻道

魂棚や鼠もつかずあはれなり/爾遠

徳川の桜残りて哀れなり/正岡子規

何となく柴吹く風もあはれ也/杉風

若草に嵯峨野の昔哀れ也/正岡子規

新年の山襞に哀れ烟立ち/室生犀星

若草や嵯峨野の昔哀れ也/正岡子規

送り火の跡あはれなり虫の声/桃隣

囀やあはれなるほど喉ふくれ/石鼎

雁の渡りしあとの蝶あはれ/斎藤玄

茸盡きて蓮根殘る哀れ也/正岡子規

二またに細るあはれや秋の水/蕪村

俳句例:41句目~

夕焼けて何もあはれや船料理/汀女

路地裏もあはれ満月去年今年/鷹女

北風や目汁鼻汁媼あはれ/河野静雲

澄口の鮎釣あはれ草の岸/滝井孝作

振売の雁あはれなりゑびす講/芭蕉

焼跡の植疱瘡の列あはれ/石田波郷

王孫を市にあはれむ葱哉/正岡子規

哀れさに打くたきけりされ頭/瓠界

石打て立たする鴫に哀れなし/言水

砧にもうたれぬ袖の哀れなり/路通

痩馬にあはれ灸や小六月/村上鬼城

唖蝉の鳴かぬ梢もあはれなり/杉風

猶あはれ選り残されし虫の声/貞室

稲妻の哀れ尽すや窓の宵/尾崎紅葉

蛤に雀の斑あり哀れかな/村上鬼城

反りかへる程哀れなり女郎花/成美

白菫黄昏は物のあはれなり/碧梧桐

雨に香のよわらで哀れ花茨/五竹坊

炭竈に哀れ蚊遣の煙かな/正岡子規

かくれ住む人こそあはれ藪椿/西李

俳句例:61句目~

祭あはれ覘きの眼鏡曇るさへ/誓子

鼻水の黒きもあはれ煤拂/正岡子規

煤煙に黒ずみあはれ枯芒/高浜虚子

魂祭る貧の灯のなほ哀れ/尾崎紅葉

応挙が丹青あはれ萩の中/会津八一

山桜恋をはなれて哀れ也/正岡子規

紅梅のあはれを姥の胸さらし/斎藤玄

うつくしき燈籠の猶哀れ也/正岡子規

糸の雛麦藁の雛あはれなり/後藤夜半

針金の輪のみにあはれ兎罠/福田蓼汀

おしなべて夏草となり哀れなり/柏翠

米つきの裸あはれや冬の雨/正岡子規

夕顔に昔の小唄あはれなり/正岡子規

篝火にあはれ願化の節回し/高澤良一

けしの花実は喰れつつ哀れなり/麦蘿

秋螢夕ひと刻のものあはれ/飯田蛇笏

遊侠の町にあはれや葉鶏頭/佐藤春夫

東西あはれさひとつ秋の風/松尾芭蕉

春祭あはれ白痴の粧ふも/馬場移公子

春三月中にあはれな涅槃像/正岡子規

俳句例:81句目~

寒声やあはれ親ある白拍子/高井几董

軽くなる俳諧あはれ鬼貫忌/長谷川櫂

秋はあはれ冬は悲しき月の雁/原石鼎

夜のかなた甘酒売の声あはれ/原石鼎

うまず女の雛かしづくぞ哀なる/嵐雪

不産女の雛かしづくぞ哀れなる/嵐雪

五月雨の哀れを尽す夜鷹哉/正岡子規

人の世の哀れも唄ひ年忘/田上一蕉子

秋あはれ山べに人のあと絶ゆる/犀星

元日の夕日になりて哀れ也/正岡子規

元日の夕日になれば哀れ也/正岡子規

末枯に晝の鶉のあはれなり/正岡子規

当帰よりあはれは塚の菫草/松尾芭蕉

短夜のあはれ一遍死にの助/石塚友二

同じ灯を切篭にみるは哀れなり/木因

形代の白紙袂のあるあはれ/福田蓼汀

哀れさは鳴きあひて吹く鳩の声/浪化

目に白き道あはれなり蛇苺/石田波郷

盆棚や木の実かぐの実皆あはれ/才麿

盆の夜は餅つく音もあはれなり/信徳

タイトルとURLをコピーしました