藻を使用した俳句

藻に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

藻を含む俳句例

引潮に水藻流るる花茨/林翔

路邊の刈藻花さく宵の雨/蕪村

藻の花や物洗ふ程水の隙/梧月

暁方の藻刈の音を枕上/黒田杏子

藻の花も桃もやはらか妹よ/林桂

宮城の内濠深し藻刈舟/中谷/謙

水中に結ぶ藻のかげ雛日和/原裕

初凪の海へ乾きし藻を戻す/白虹

秋口の藻畳の縁流れをり/上村占

路の辺の刈藻花さく宵の雨/蕪村

藻の花に彳む鷺や向岸/正岡子規

干されある藻の金色や紫や/篠原

櫂雫光りて花藻見失ふ/山田弘子

藻の終り青海亀を愛しけり/橋石

折々や藻に啼く虫の声沈む/闌更

横へて竿長々と藻刈舟/楠目橙黄子

泥亀の隠れて動く花藻哉/正岡子規

鸛の巣の下にゐる藻刈舟/皆川盤水

河口また黒き藻交り台風来/桂信子

夏の月刈藻もやがてけむりかな/目

俳句例:21句目~

四五艘の北浦口の藻刈舟/高野素十

藻の花に大残照の波起る/上井正司

馬遠し藻で陰洗う幼な妻/金子兜太

梅花藻の水湛黙と日雷/渡邊三一子

流藻や葦なき岸に附髭す/尾崎紅葉

春殿に玉藻の前の光かな/正岡子規

流れ藻の一すぢ青き葉月尽/菅原恵

藻の花に鷺彳んで昼永し/正岡子規

藻の花に鯰押へし夜振哉/正岡子規

蝮草玉藻稲荷に首立つる/佃/郁子

鼻さきに藻が咲いてをり蟇/飴山實

行水に誘れがほの花藻哉/高井几董

月明や鯉通る道藻の中に/田中英子

月明り藻に住む虫は誰を鳴く/一茶

笹舟のゆるき舟足花藻かな/飴山實

泥亀の隠れて動く花藻哉/正岡子規

藻の花よ生れし水泡を慈しめ/林翔

涼新た畦こす水の浮藻草/飯田蛇笏

たはら藻や龍宮ならば掃捨ん/麦水

表紙絵も玉藻雛や立子の忌/星野椿

俳句例:41句目~

藻の花や白壁落ちし角櫓/子規句集

金藻の金色して照る最中/国本みね

金藻の浮く沼寂し風の夕/新村千博

藻の中のは捩れて月に影/依光陽子

水底に毬藻揺れゐむ糸蜻蛉/松本進

藻の花や濠の半の捨小舟/正岡子規

金藻に雨の重さの伝はりぬ/西村好

藻の暗層岩山海へ逆落し/成田千空

水落し三連水車藻が匂ふ/矢島渚男

藻の花や小舟よせたる門の前/蕪村

呉橋や若菜を洗ふ寄藻川/夏目漱石

金藻に逆立ちもして遊ぶ/高浜年尾

秋立つや緑新たに金の藻/林原耒井

夏逝くや藻の青青と波の間/桂信子

みどり藻の高波の跡実朝忌/中拓夫

藻畳の己にうねり十三夜/斎藤梅子

藻畳の一座々々の花盛り/村上三良

藻畳に色来る頃か暖め酒/仲野絢子

秋風や砂に汚き打上藻/楠目橙黄子

腰蓑の雫烈しき藻刈かな/西山泊雲

俳句例:61句目~

藻の花や米汁流す里の溝/小澤碧童

金藻や金の気泡一つ浮き/阿賀田信

沢瀉も刈られて雨の藻刈舟/福島勲

若水や藻に咲く花もこの雫/千代尼

蛙居て啼くやうき藻の上と下/太祇

藻の花や仮橋に水満ち流る/右城暮石

藻の花や人取池に泳ぐ子等/正岡子規

諸声やうき藻にまとふむら蛙/炭太祇

波の来て色かはる藻や磯遊/福本鯨洋

藻の花は附木の舟の港かな/正岡子規

流れ去る月の浮藻や鳴く蛙/会津八一

藻の花の高低ありて水の中/橋川忠夫

青き踏む菅家文藻旅の荷に/河野頼人

かるの子や首指し出して浮藻草/素牛

藻の花に緋鯉の頭隠れけり/正岡子規

海底に藻の色顕ちて初日の出/桂信子

藻の花に築山颪そよぎけり/滝川愚仏

涅槃会の毬藻沈めて手水鉢/青木重行

涼あらた畦こす水の浮藻草/飯田蛇笏

藻の花に窗前の湖雨降れり/飯田蛇笏

俳句例:81句目~

藻の花に燕の行くへ遙か也/正岡子規

涼しさや波打つ際の藻汐草/正岡子規

藻の花に水の喝采続きをり/加藤耕子

深海のさざえ全身青藻かな/細見綾子

渡り蟹甘藻の林はすかひに/高澤良一

金藻の奥にも夕日漂へり/甘粕世紀夫

金藻のたばね浸され御身拭/田口彌生

湧き口に長藻分るる泉かな/皆吉爽雨

夕時雨来て狸藻の花黄なり/内藤吐天

溜池に藻の波打てる花鎮/小田切輝雄

金藻に金孵りしさまも見し/江口竹亭

心ふと翳さす金藻にかくれ/中村苑子

藻畳の波のかたちに動き春/斎藤梅子

藻の花に月上りけり野の面/松瀬青々

赤藻浮く水の濁りや旱雲/大須賀乙字

犇犇と氷籠めなる藻草かな/高橋睦郎

藻畳に捨てられてある花芒/高濱年尾

玉藻よし讃岐に残る水喧嘩/佐伯啓子

中濠は藻畳もみぢして静か/高濱年尾

サリーの藻両替店は銅色に/伊丹公子

タイトルとURLをコピーしました