きのうを使用した俳句

きのうに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

きのうを含む俳句例

橘やきのふの人のはや昔/也有

初鮒や昨日の雨の山の色/視山

春鴎昨日の齢すでに越ゆ/原裕

稲妻や昨日は東今日は西/其角

稲妻やきのふは東けふは西/其角

秋の空昨日や鶴を放ちたる/蕪村

水仙を包む昨日の新聞紙/星野椿

衣がへやきのふの花を袖畳/丸石

きのふ見しあれが禿か初桜/蓼太

秋祭過ぎしは昨日塀の泥/桂信子

残菊や昨日迯にし酒の礼/炭太祇

老を鳴く鶯思へきのふけふ/路通

凧きのふの空のありどころ/蕪村

花鳥もきのふと過て初鰹/芙蓉花

昨日とは違う己に秋の色/根岸操

時鳥きのふ聞きしが閑古鳥/維駒

雪歇まず昨日涅槃の晨より/月尚

梅白し昨日や鶴を盗まれし/芭蕉

久闊も昨日会ひしも年忘/堀恭子

胴亀や昨日植ゑたる田の濁り/許六

俳句例:21句目~

大学も葵祭のきのふけふ/田中裕明

妻の忌の昨日が遠し雪蛍/沼澤石次

水筒に昨日の水や向田忌/原田青児

茸山きのふの人の声のこる/飴山實

定植の昨日済みたる雲の峰/今井聖

この蘭や五助が庭に昨日まで/蕪村

鶯や昨日の雨のけむる朝/青木政江

昨日より声の大きく飾売/山田節子

今日も干す昨日の色の唐辛子/林翔

けふの落椿きのふの落椿/倉田紘文

正月や里はきのふの古薄/正岡子規

この町の祭はきのふ布袋草/森澄雄

髭の邪魔いかにきのふの薺粥/也有

白椿昨日の旅の遥かなる/中村汀女

きのふのまま丸寝や夢を更衣/調泉

借銭もきのふの淵ぞけふの春/宗鑑

きのふ今朝足の早さよ若菜売/杉風

正月や昨日と同じ顔洗ふ/土屋春吉

傾城の蚊屋にきのふの螢かな/瓢水

昨日より今日新しき薺花/細見綾子

俳句例:41句目~

蜩やきのふの今もこの縁に/森田峠

冬の梅きのふや散りぬ石の上/蕪村

きのふけふ樗に曇る山路かな/芭蕉

きのふ寝しさが山見へて春雨/一茶

松の花きのふはここに潦/山口誓子

別れ霜昨日こぼした炭の粉に/綾子

狸供養きのふに雨の狸塚/木内彰志

棚瓠きえて昨日の家もなし/松崎豊

大旦昨日と違ふ風が吹く/高田潤一

梅雨蝶の柱の陰に昨日より/桂信子

春泥の昨日はここに馬の市/本多邁

誕生日昨日と過ぎし冬苺/菖蒲あや

薺摘む昨日からきし客と/矢島渚男

几巾きのふの空のありどころ/蕪村

昨日よリ今日新しき薺花/細見綾子

きのふこそ峰に寂しき門の松/宗因

梅便り昨日白球便り今日/今坂柳二

惨劇は昨日/影絵の男/女/森洋彦

昨日より薺摘みゐる寺男/白方昭女

旅人に昨日は岩魚今日は鮎/森田峠

俳句例:61句目~

薄紅葉して炎天は昨日のこと/原裕

余花いまだきのふの酒や豆腐汁/召波

中庭に昨日の雪の残りたる/寺田寅彦

昨日より今日を杳かに洗鯉/角川春樹

花李昨日が見えて明日が見ゆ/森澄雄

烏瓜の花の縮みて昨日あり/高澤良一

初声やきのふは人を弔ひし/勝又一透

初瓜の価きのふのむかし哉/高井几董

初秋やきのふと違ふ山の丈/手塚美佐

山国や昨日流せし雛が浮く/大西静城

胡瓜漬昨日のままの貌でいる/松本豪

初雪やきのふは拾ふしゐの菓子/野坡

初氷何して過ぎし昨日かな/中村汀女

昨日より今日の青空凍返る/山本晃裕

美しき花のさかりや昨日けふ/ことの

筑波泣く顏や昨日の笑ひ顔/正岡子規

笹粽吊りて昨日とちがふ海/水野宗子

冬木影ばさと昨日に同じ刻/栗生純夫

立春や昨日のままの薄氷/殿村菟絲子

去年やきのふつとめて休む車牛/沾徳

俳句例:81句目~

秋風や昨日で切れし定期券/池田秀水

西行忌きのふの雪のなかりけり/岳陽

優曇華や昨日の如き熱の中/石田波郷

昨日よりの今日の潮風は秋/中村若沙

昨日よりくらき白山九月尽/阿部完市

風速もきのふと同じ冬芒/百合山羽公

昨日まで知らぬ人なり心太/今岡昭栄

昨日まで卯の花くだし鞍馬川/飴山實

白き蝶昨日と同じ蝶なるや/細見綾子

昨日はや儚々芙蓉露けしや/佐藤国夫

昨日の蜂骸となりて霜日和/太田好子

寝覚の淵きのふは蚤に喰れけり/一鉄

巾きのふの空のありどころ/與謝蕪村

春駒の昨日廻りし村に泊つ/高澤良一

佗助や昨日は今日の昔なる/佐藤漾人

牧の朝昨日生れし仔馬見に/星野立子

早稲刈の昨日葬りし家の前/宮田正和

初花も落葉松の芽もきのふけふ/風生

牛羊に昨日の雪照る大試験/木村蕪城

新涼の六甲きのふより高し/中出静女

タイトルとURLをコピーしました